2017年03月09日

コリンせいの男

映画 務台政務官が辞表 被災地視察「長靴業界もうけた」発言

メモ 務台(むたい)俊介・内閣府政務官兼復興政務官(衆院長野2区)が9日、政務官の辞表を提出し、受理された。昨年9月に台風被害の被災地を視察した際、長靴を持参せず政府職員におんぶされて水たまりを渡っていた問題に関連し、8日夜に開いた自身の政治資金パーティーで長靴業界がもうけたなどと発言し、批判が広がった。

 政府は後任に、自民党の長坂康正衆院議員(愛知9区)を起用する方針。

 務台氏は昨年、おんぶされた映像がテレビやインターネットで流れて批判が集中。松本純防災相らから注意され、「不適切だった。大いに反省している」と謝罪した。しかし、今月8日のパーティーで「その後、政府が持つ長靴が、えらい整備されたと聞いている。たぶん長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか」と述べた。

 発言を受け、菅義偉官房長官は「極めて不適切だ」として、務台氏を厳重注意。「国民に謝らないといけないことを笑いのネタにするやり方は許せない」(公明党の漆原良夫・中央幹事会長)など、与党からも批判が噴出した。

 務台氏は9日、「不適切だった。大いに反省している」と記者団に語ったが、政務官職を続けるのは無理だと判断したとみられる。




あ・・・・・


映画 思い出した、思い出した。
bye2.gif この御仁です。


懲りんやっちゃな。



こんなおバカでは政務官をながくつづけちゃいかんでしょ。




k_line_a.gif


映画務台政務官が辞表 被災地視察「長靴業界もうけた」発言
務台(むたい)俊介・内閣府政務官兼復興政務官(衆院長野2区)が9日、政務官の辞表を提出し、受理された。昨年9月に台風被害の被災地を視察した際、長靴を持参せず政府職員におんぶされて水たまりを渡っていた問題に関連し、8日夜に開いた自身の政治資金パーティーで長靴業界がもうけたなどと発言し、批判が広がった。

 政府は後任に、自民党の長坂康正衆院議員(愛知9区)を起用する方針。

 務台氏は昨年、おんぶされた映像がテレビやインターネットで流れて批判が集中。松本純防災相らから注意され、「不適切だった。大いに反省している」と謝罪した。しかし、今月8日のパーティーで「その後、政府が持つ長靴が、えらい整備されたと聞いている。たぶん長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか」と述べた。

 発言を受け、菅義偉官房長官は「極めて不適切だ」として、務台氏を厳重注意。「国民に謝らないといけないことを笑いのネタにするやり方は許せない」(公明党の漆原良夫・中央幹事会長)など、与党からも批判が噴出した。

 務台氏は9日、「不適切だった。大いに反省している」と記者団に語ったが、政務官職を続けるのは無理だと判断したとみられる。
posted by 金魚 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

マー、驚いた。

映画 【豊洲問題】地下水モニタリング手順一貫せず 担当業者を招致 都は「ガイドライン枠内」

メモ  豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を集中審議する都議会特別委員会は4日、豊洲の地下水モニタリング調査を担当した業者を参考人招致。環境基準を上回る有害物質を検出した9回目を担当した業者が、「都の指示で過去8回と違う手順で採水した」と証言した。都側は「環境省のガイドラインに沿って行われた」との認識を示し、豊洲の土壌汚染対策を検証している都の専門家会議に全9回のモニタリングが妥当だったのか、判断を委ねているとした。

 モニタリングでは、7回目までは環境基準を超える有害物質が検出されなかったが、8回目で初めて基準超えの有害物質を検出。さらに今年1月発表の9回目で環境基準の79倍となるベンゼンなどが検出された。



何で? 



映画 小池知事 築地市場の安全性 健康に影響与えないとの認識示す

メモ 東京都議会は2日、一般質問が行われ、都が「土壌汚染のおそれがある」と判断していたことが判明した築地市場について、小池知事は「法令上の問題はなく、人の健康に影響を与えることはないと考えている」と述べ、問題はないという認識を示しました。

東京都議会は1日に続き、少数会派を含む12人の議員による一般質問が行われました。

このうち、自民党の川松真一朗議員は「知事は築地市場の安全性について問われた際、安全だという認識を示したが、その理由を伺う」とただしました。

築地市場の安全性をめぐっては、戦後、アメリカ軍の施設があったことなどから、都が「土壌汚染のおそれがある」と判断していたことが判明しましたが、小池知事は「コンクリートやアスファルトで覆われており、土壌汚染対策法などの法令上の問題はなく、人の健康に影響を与えることはないと考えている」と述べ、問題はないという認識を改めて示しました。




はい? 犬

だったら、豊洲もしっかりとコンクリートやアスファルトで覆えば安全ですか。



映画 小池知事が極秘会談 豊洲を中国アリババに売却のウルトラC

メモ  築地市場を新たに建て替えるならば、土地買収から土壌汚染対策、建設費など総事業費約6000億円をかけて建設した豊洲新市場が東京都の「巨大な不良債権」と化してしまう。小池側近もこういう。

「小池さんは現実路線の政治家。国会議員時代は築地に残るのが望ましいと考えていたとしても、都知事として都政に責任を負った以上、実現可能な枠組みが見出せない限り、今から築地建て替えに舵を切るのは難しいことを十分わかっている」

 そこに小池氏にとって築地建て替えの障害を解決するウルトラCとなり得る動きが浮上した。

 年の瀬も迫った昨年12月18日、小池氏は都内のホテルで中国ネット通販(EC)最大手「アリババ」グループ創業者のジャック・マー氏(現会長)と極秘会談したのである。

 小池氏とマー氏はともに、世界銀行主導で設立された「教育のためのグローバル・パートナーシップ」の委員(2015年)を務めている。それ以来の親交があるとされ、アリババが冠スポンサーとなったサッカーのクラブ・ワールドカップ観戦のために来日したマー氏が、旧知の小池知事を表敬訪問したという経緯が報じられた。

 ただ、単なる表敬訪問であれば都庁の知事室で会うのが普通なだけに、関係者はこの動きを注視している。ネット通販業界に詳しい流通業界誌の幹部が核心を突く見方を提示する。

「生き馬の目を抜くジャック・マーが小池知事と極秘に会ったということで“あの件だ”とピンと来ました。

 日本市場への本格進出を図るアリババは、小池都政のお荷物になっている豊洲の行方に強い関心を抱いている。東京都が豊洲を売却する気があるかどうか、その感触をつかむためにまず都知事と会って旧交を温めたと見ています」

 ニューヨーク証券取引所に上場しているアリババ・グループは時価総額世界13位(今年1月末)という巨大企業で、ジャック・マー氏の個人資産だけでも約3兆円と推定されている。豊洲新市場の買い手となりうる「超大金持ち」であることは間違いない。

 豊洲という場所がアリババにとって大きなビジネスチャンスを生む立地であるため、都庁関係者の間でも「会談の際にマー会長から、豊洲の話が出たのではないか」という見方が広がり始めているのだ。

 売却先候補の登場は、小池都知事にとって築地建て替えが現実的な選択肢となることを意味する。



あいやいあいやいやー がく〜(落胆した顔)

マジっすか。東京の有力地を中国系企業、しかも流通業大手に売却するなんて、ゾッとするなぁ。



アリババのマー会長と小池知事はお友達すか。犬



豊洲は危険です。

築地は安全です。



でも、豊洲に巨額の税金注ぎ込んじゃってるものなー。



豊洲は売却できます。

よっしゃ、築地でいいやんか!

 
っつうことでいいすか?



石原元知事の会見・・・ 

――小池知事に一言

今の責任を取るべきだと思いますね。ランニングコストをどんどん使って安全な市場を使わずに、外資の会社に半額で売るなんて論外だと思います。無為無策で放置して余計なお金を税金から使うんですか。私はその責任は彼女にあると思います。




      

k_line_c.gif

映画 【豊洲問題】地下水モニタリング手順一貫せず 担当業者を招致 都は「ガイドライン枠内」
 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を集中審議する都議会特別委員会は4日、豊洲の地下水モニタリング調査を担当した業者を参考人招致。環境基準を上回る有害物質を検出した9回目を担当した業者が、「都の指示で過去8回と違う手順で採水した」と証言した。都側は「環境省のガイドラインに沿って行われた」との認識を示し、豊洲の土壌汚染対策を検証している都の専門家会議に全9回のモニタリングが妥当だったのか、判断を委ねているとした。

 モニタリングでは、7回目までは環境基準を超える有害物質が検出されなかったが、8回目で初めて基準超えの有害物質を検出。さらに今年1月発表の9回目で環境基準の79倍となるベンゼンなどが検出された。

 関係者によると、8回目までは「パージ」と呼ばれる作業でいったん観測井戸から排水、その後にたまった水を分析している。9回目の担当業者はこの日、「採水困難な箇所があり、作業延期や辞退を申し入れたが、都に続けてほしいといわれた」などと分析を急がされたと証言。9回目では観測井戸201カ所のうち1カ所で、都側の指示によりパージで排水した水を分析に転用したという。また、50カ所以上の観測井戸で変形などの不具合があったと指摘した。

 業者の証言に都は、手順変更を指示したことを認める一方、手順を変えた井戸から「有害物質は検出されていない」と強調。井戸の不具合と有害物質検出の因果関係も不明としている。



映画 小池知事 築地市場の安全性 健康に影響与えないとの認識示す
東京都議会は2日、一般質問が行われ、都が「土壌汚染のおそれがある」と判断していたことが判明した築地市場について、小池知事は「法令上の問題はなく、人の健康に影響を与えることはないと考えている」と述べ、問題はないという認識を示しました。

東京都議会は1日に続き、少数会派を含む12人の議員による一般質問が行われました。

このうち、自民党の川松真一朗議員は「知事は築地市場の安全性について問われた際、安全だという認識を示したが、その理由を伺う」とただしました。

築地市場の安全性をめぐっては、戦後、アメリカ軍の施設があったことなどから、都が「土壌汚染のおそれがある」と判断していたことが判明しましたが、小池知事は「コンクリートやアスファルトで覆われており、土壌汚染対策法などの法令上の問題はなく、人の健康に影響を与えることはないと考えている」と述べ、問題はないという認識を改めて示しました。

公明党の遠藤守議員は「性犯罪、性暴力の被害者支援について、全国から多くの女性が集まる首都・東京の女性知事としてどう立ち向かうのか」とただしました。

これに対し小池知事は「警察や医療機関などと連携して、精神的ケアの充実などの取り組みを行っている。今後も被害者の立場に立った支援を実施していくとともに、被害者の置かれた状況を広く都民に理解いただけるよう、啓発にも力を入れる」と述べ、全庁を挙げて被害者支援を充実させる考えを示しました。

民進党議員で作る東京改革議員団の大西智議員は「満員電車のピーク時の混雑率は依然として高い。多様な働き方が求められる中で、鉄道混雑の緩和に向けて知事の見解を伺う」と問いました。

これに対し小池知事は「ことしから夏の一定期間に、一斉に多くの方々に快適な通勤を実感してもらう取り組みを実施する。今後、鉄道の利用者・事業者双方に働きかけ、さまざまな施策を総動員しながら、快適通勤の実現に向けて幅広く取り組んでいく」と述べ、鉄道の混雑解消への取り組みに力を入れる考えを示しました。

都民ファーストの会の音喜多駿議員は、東京オリンピック・パラリンピックの費用負担の問題について、「今後の自治体負担の議論についても、都が中心となって力強くリーダーシップを取っていくべきだ」と述べ、知事の決意をただしました。

これに対し小池知事は「大会まであと3年と迫り、さまざまな検討を加速させていかなければならない。国、組織委員会、関係自治体と緊密に連携しながら、開催都市である都が議論を主導し、費用負担の協議促進や、コストのさらなる縮減に取り組んでいく」と述べました。

築地市場 自民「知事の認識は1つのベースになる」

築地市場について、小池知事が、コンクリートなどで覆われており、問題はないとする認識を示したことを受けて、自民党の高木啓幹事長は都議会の終了後、記者団に対し「知事の認識は1つのベースになる。地上と地下は分けて考えるべきだ」と述べました。

そのうえで、安全性に問題はないとする小池知事の認識を踏まえ、築地市場と同様、土壌がコンクリートなどで覆われた豊洲市場の安全性をどのように考えているのか、ただしていく考えを明らかにしました。



映画 小池知事が極秘会談 豊洲を中国アリババに売却のウルトラC
 築地市場の豊洲移転問題が重大局面を迎えている──。豊洲新市場の地下水モニタリング調査で環境基準の79倍のベンゼンなどが検出されたことを受け、今年1月、東京都は再調査に踏み切った。その結果が3月にも発表される見通しだ。

 小池百合子・東京都知事は就任以来、「安全確認は譲ることができない」として昨年11月に予定されていた移転を延期させてきた。さらに今回の再調査で判明する汚染の広がり方次第では、巨額の費用をかけて整備した豊洲新市場への移転そのものに暗雲が立ちこめてくる。

 表面上は、誰が、どんな経緯で移転先を豊洲に決めたかが焦点になっている。東京都議会は百条委員会(※注)を設置し、石原慎太郎・元都知事など関係者の証人喚問が行なわれる予定だ。

【※注/地方自治法100条に基づき、地方議会が議決すると設置できる特別委員会。証言や資料提出を拒否した者には禁錮刑を含む罰則が定められている】

 新聞・テレビはそうした責任追及を巡る報道一色になっているが、実は都庁関係者がそれ以上に注目しているのが、小池都知事が設置した都庁の「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の議論だ。中央卸売市場を担当した都庁OBが語る。

「2月23日のPT会議で、座長で小池ブレーンの小島敏郎・青山学院大学教授(元環境省地球環境審議官)は『リノベーションを含む築地市場の補修』を議論のテーマに挙げました。わざわざリノベーションという言い方をするのは、築地市場の補修が移転の一時延期に伴う小規模なものではなく、長期利用をにらんだ大規模なものになるというニュアンスが入る。

 小島氏は、石原元知事がかつて豊洲移転の理由として挙げた『古い、狭い、汚い』という築地の“現状分析”にウソはないか、実に細かく都の担当者に根拠の説明を求めた。都知事サイドが築地市場の『現在地での建て替え』を本気で考え始めたのではないかと受け止められている」

 小池氏が市場問題で方針大転換を目論んでいるという見方である。

 もともと小池氏の持論は築地建て替えだ。2008年に出版した共著『東京WOMEN大作戦』(小学館)でも、築地市場について、

〈現在の場所で建物だけを建て直すのが一番妥当と思われる〉

〈(環境的に問題がある豊洲新市場は)食との関係の薄い分野で活用すればよい〉

──と書いていた。ただし、築地の再整備は容易ではない。最大のネックは、「すでに整備を進めてしまった豊洲をどうするか」である。

 築地市場を新たに建て替えるならば、土地買収から土壌汚染対策、建設費など総事業費約6000億円をかけて建設した豊洲新市場が東京都の「巨大な不良債権」と化してしまう。小池側近もこういう。

「小池さんは現実路線の政治家。国会議員時代は築地に残るのが望ましいと考えていたとしても、都知事として都政に責任を負った以上、実現可能な枠組みが見出せない限り、今から築地建て替えに舵を切るのは難しいことを十分わかっている」

 そこに小池氏にとって築地建て替えの障害を解決するウルトラCとなり得る動きが浮上した。

 年の瀬も迫った昨年12月18日、小池氏は都内のホテルで中国ネット通販(EC)最大手「アリババ」グループ創業者のジャック・マー氏(現会長)と極秘会談したのである。

 小池氏とマー氏はともに、世界銀行主導で設立された「教育のためのグローバル・パートナーシップ」の委員(2015年)を務めている。それ以来の親交があるとされ、アリババが冠スポンサーとなったサッカーのクラブ・ワールドカップ観戦のために来日したマー氏が、旧知の小池知事を表敬訪問したという経緯が報じられた。

 ただ、単なる表敬訪問であれば都庁の知事室で会うのが普通なだけに、関係者はこの動きを注視している。ネット通販業界に詳しい流通業界誌の幹部が核心を突く見方を提示する。

「生き馬の目を抜くジャック・マーが小池知事と極秘に会ったということで“あの件だ”とピンと来ました。

 日本市場への本格進出を図るアリババは、小池都政のお荷物になっている豊洲の行方に強い関心を抱いている。東京都が豊洲を売却する気があるかどうか、その感触をつかむためにまず都知事と会って旧交を温めたと見ています」

 ニューヨーク証券取引所に上場しているアリババ・グループは時価総額世界13位(今年1月末)という巨大企業で、ジャック・マー氏の個人資産だけでも約3兆円と推定されている。豊洲新市場の買い手となりうる「超大金持ち」であることは間違いない。

 豊洲という場所がアリババにとって大きなビジネスチャンスを生む立地であるため、都庁関係者の間でも「会談の際にマー会長から、豊洲の話が出たのではないか」という見方が広がり始めているのだ。

 売却先候補の登場は、小池都知事にとって築地建て替えが現実的な選択肢となることを意味する。

※週刊ポスト2017年3月10日号

posted by 金魚 at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

イッコクもの

映画 米通商方針「WTOに従わず」 制裁の応酬懸念

メモ  【ワシントン=河浪武史】米通商代表部(USTR)は1日、トランプ政権の通商政策報告書を議会に提出した。世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きが不利益になる場合は「従うことはない」と表明。国際協議よりも国内法を優先すると強調した。各国には一段の市場開放を求め、制裁措置の発動につながる「通商法301条」の適用も検討する。新方針は「米国第一主義」が極めて鮮明で、世界的な貿易摩擦を呼ぶ可能性がある。

 議会に提出したのは「大統領の2017年通商政策」と題した報告書だ。トランプ政権の貿易政策の基本方針で、優先事項として(1)通商政策で米国の国家主権を守る(2)米国の通商法を厳密に執行する(3)他国の市場開放に向けあらゆる手段を用いる(4)主要国とは新たな貿易協定に乗り出す――を挙げた。

 新政策方針では、WTOの紛争解決手続きに「そのまま従うことはない」と明記し、国内法を優先するとした。トランプ氏は選挙戦中に「メキシコには35%、中国には45%の関税を課す」などと主張したが、いずれもWTOルール違反を指摘されていた。米国の国内法では、大統領の権限で関税を引き上げたり、輸入制限に踏み切ったりすることができる。




はぁ・・・・・


わがままなんだから。ちゅう禍みたいだな。



強烈な不満.jpg
失礼な。我が国はWTOに従う。

映画 中国「WTOを尊重」=トランプ政権をけん制

メモ 【北京時事】中国外務省の耿爽・副報道局長は2日の記者会見で、世界貿易機関(WTO)による国際紛争解決手続きを尊重する方針を確認した。トランプ米政権が通商政策に関する年次報告書で、WTOの決定に必ずしも従わない姿勢を明確にしたことをけん制したものだ。
 耿氏は世界の貿易拡大に役立つとして、「WTOを中心とする多国間貿易体制を維持し、強化もしたい」と強調。暗にトランプ政権に対しWTOのルールに従うよう求めた。 
 中国は昨年12月、同国の「市場経済国」認定を拒否した米国などをWTOに提訴。従来通り、WTOの枠組みを使って米国との貿易摩擦を解決したい意向だ。WTO軽視を鮮明にしたトランプ政権との間で、難しい交渉を迫られそうだ。


         
ちゅう禍は、都合のいい時だけ国際ルールを利用するだけだけどね。アメ公もそうするってこと。


images.jpg
そのような評価は我が国の核心的利益に反する。


はいはい。



日本の追従評論家たちがグローバル時代だなんて言っているうちに、みーんな昔に帰っていくんだな。

もともとグローバル化を言い出したのは、そのほうが自国に有利だったからであって、不利になれば止めるのが当然。


国内政治は正直にやってほしいけれども、外交はテキトーにやってよね。




k_line_a.gif


映画米通商方針「WTOに従わず」 制裁の応酬懸念
 【ワシントン=河浪武史】米通商代表部(USTR)は1日、トランプ政権の通商政策報告書を議会に提出した。世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きが不利益になる場合は「従うことはない」と表明。国際協議よりも国内法を優先すると強調した。各国には一段の市場開放を求め、制裁措置の発動につながる「通商法301条」の適用も検討する。新方針は「米国第一主義」が極めて鮮明で、世界的な貿易摩擦を呼ぶ可能性がある。

 議会に提出したのは「大統領の2017年通商政策」と題した報告書だ。トランプ政権の貿易政策の基本方針で、優先事項として(1)通商政策で米国の国家主権を守る(2)米国の通商法を厳密に執行する(3)他国の市場開放に向けあらゆる手段を用いる(4)主要国とは新たな貿易協定に乗り出す――を挙げた。

 新政策方針では、WTOの紛争解決手続きに「そのまま従うことはない」と明記し、国内法を優先するとした。トランプ氏は選挙戦中に「メキシコには35%、中国には45%の関税を課す」などと主張したが、いずれもWTOルール違反を指摘されていた。米国の国内法では、大統領の権限で関税を引き上げたり、輸入制限に踏み切ったりすることができる。

 WTOの手続きでは、勝訴した国が相手国に報復関税などを課すことができるものの、米国が敗訴しても「国内法や商慣習を自動的に変えることにはならない」と主張した。世界の貿易秩序を保つ国際手続きを軽視するもので、相手国と制裁の応酬を招く懸念がある。

 貿易相手国の高関税や輸出補助金によって「米国製品の競争力は失われた」とも指摘した。WTOルールに基づいた従来の反ダンピング(不当廉売)関税などでは効果が薄いとして、国内法で貿易相手国に制裁関税などを可能にする「通商法301条」の適用が適切だと強調した。

 環太平洋経済連携協定(TPP)離脱後の貿易協定は「2国間協議に移行する」と改めて強調した。日本を名指しするのは避けたものの、トランプ政権は貿易赤字の大きい対日協議に強い意欲をみせている。

映画中国「WTOを尊重」=トランプ政権をけん制
【北京時事】中国外務省の耿爽・副報道局長は2日の記者会見で、世界貿易機関(WTO)による国際紛争解決手続きを尊重する方針を確認した。トランプ米政権が通商政策に関する年次報告書で、WTOの決定に必ずしも従わない姿勢を明確にしたことをけん制したものだ。
 耿氏は世界の貿易拡大に役立つとして、「WTOを中心とする多国間貿易体制を維持し、強化もしたい」と強調。暗にトランプ政権に対しWTOのルールに従うよう求めた。 
 中国は昨年12月、同国の「市場経済国」認定を拒否した米国などをWTOに提訴。従来通り、WTOの枠組みを使って米国との貿易摩擦を解決したい意向だ。WTO軽視を鮮明にしたトランプ政権との間で、難しい交渉を迫られそうだ。(2017/03/02-20:35)
posted by 金魚 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | とつくに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慎重だけど意味深長

映画 両陛下 ベトナム残留の元日本兵の家族と面会へ

メモ  戦争でベトナムに駐留した元日本兵の一部が、1945年の敗戦後もとどまった理由はさまざまだ。残留した元日本兵に詳しい林英一・大阪経済法科大学助教によると、心情的に敗戦を受け入れられなかった▽ベトナムに愛着がわいた▽日本の将来を悲観した−−など複数の要因が絡み合っているという。

 第1次インドシナ戦争でフランスと戦ったベトナム独立同盟(ベトミン)に協力を請われたケースも多かったとみられ、約600〜700人の元日本兵がベトミンに合流、軍事教育を指揮したり、戦闘に参加したりした。

 元日本兵は「新ベトナム人」として現地で歓迎され、ベトナム人女性と結婚した人もいた。だが、ベトナムの政治体制や生活風土になじまない日本人は徐々に冷遇され、帰国を促されるようになる。フランスとの戦争が終結した54年から元日本兵の帰国が始まったが、当初、ベトナム側は妻や子を同伴しての帰国を認めなかった。

太平洋戦争時の侵攻などによる日本の悪い印象が残る時代でもあり、元日本兵との関わりを隠して暮らす妻や子もいた。ベトナム戦争で北ベトナムを攻撃した米国と日本が同盟関係にあったことも、残された家族の境遇に影響し、就職などで差別を受けることもあったという。




終戦後、祖国に戻らずベトナムのために戦った方々を讃えることはなく、残された家族だけをご心配されているようで。

こうして帰国されてから亡くなられた軍人さんたちは靖国にまつらわれなかったのでしょうか。


さて。

今日の新聞に週刊新潮の広告があり・・・


だから摂政もダメ!
公務減もダメだった!


陛下の「生前退位」ご真意は「皇太子が・・・・・」

天皇陛下が生前退位への思いを明かされてから半年。57歳の誕生日を迎えられた皇太子さまは、この熟慮について初めて感想を述べられた。しかし陛下に近しい人々が拝察した本懐は、まさにその次代にまつわるご憂慮で−



あいやいあいやいやー がく〜(落胆した顔)



すんごい見出しでありんす犬


立ち読みしちゃった・・・新潮さん、ゴメンね。


そりゃあね、体力的に限界で象徴天皇の務めを果たせないから退位するとおっしゃいながら、ベトナムへ・・・海外公務をまだまだこなせるわけだから、国民も「何で?」と思っちゃうもんね。

新潮さんが慎重に言葉を選んで記事にしてはいるが、

要は、東宮ご一家に問題が多々あり、頼りないので、まだまだご健在の内に譲位して、指導し、足らざるところはカバーして、なんとか天皇としての務めを果たさせたいというのがご真意だと・・・。

 
ここまで書かれちゃったか。 がく〜(落胆した顔)



きちっと動向を観てきた人々にはとうに想像されていたことではありますが、有力週刊誌にこういう記事が堂々と載ってきたことは大きいでしょうね。

反撃記事は、おそらくA家サゲの内容なんだろーな。


        

k_line_c.gif

映画 両陛下 ベトナム残留の元日本兵の家族と面会へ
 ベトナム訪問中の天皇、皇后両陛下は2日、太平洋戦争後のベトナムに一時期とどまった元日本兵の家族と、首都ハノイで面会される。現地では元日本兵がベトナム人女性と結婚して家庭を築いた後、帰国したことにより残された妻や子が困難な生活を余儀なくされたこともあった。支援者や研究者は「知られていない歴史、戦争に翻弄(ほんろう)された人々の暮らしに注目してもらえれば」と期待を寄せる。

 戦争でベトナムに駐留した元日本兵の一部が、1945年の敗戦後もとどまった理由はさまざまだ。残留した元日本兵に詳しい林英一・大阪経済法科大学助教によると、心情的に敗戦を受け入れられなかった▽ベトナムに愛着がわいた▽日本の将来を悲観した−−など複数の要因が絡み合っているという。

 第1次インドシナ戦争でフランスと戦ったベトナム独立同盟(ベトミン)に協力を請われたケースも多かったとみられ、約600〜700人の元日本兵がベトミンに合流、軍事教育を指揮したり、戦闘に参加したりした。

 元日本兵は「新ベトナム人」として現地で歓迎され、ベトナム人女性と結婚した人もいた。だが、ベトナムの政治体制や生活風土になじまない日本人は徐々に冷遇され、帰国を促されるようになる。フランスとの戦争が終結した54年から元日本兵の帰国が始まったが、当初、ベトナム側は妻や子を同伴しての帰国を認めなかった。

太平洋戦争時の侵攻などによる日本の悪い印象が残る時代でもあり、元日本兵との関わりを隠して暮らす妻や子もいた。ベトナム戦争で北ベトナムを攻撃した米国と日本が同盟関係にあったことも、残された家族の境遇に影響し、就職などで差別を受けることもあったという。

 こうした妻や子ら二十数家族と交流を続けてきたベトナム在住の元日本語講師、小松みゆきさん(69)は「偏見や経済的困窮による苦労は人それぞれ。『終わったこと』『思い出したくない』と口をつぐむ人もいる」と話す。「夫の消息を知りたい」「お父さんに会いたい」との声に動かされ、小松さんが元日本兵を探し出しても、互いの事情から再会に至らなかったこともある。

 今回の面会は天皇陛下の希望で決まった。「戦争に振り回され、家族の消息さえ満足に知ることができなかった人たちの実態はほとんど知られていない。こうした人たちの暮らしに光が当たる機会になる」と小松さんは語る。林助教は「陛下は世界各地で戦争の歴史を正面から受け止め、平和を祈ってきた。今回の面会も陛下のそうした姿勢の一つの形だと感じる」と話している。【山田奈緒】
posted by 金魚 at 17:11| Comment(6) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif