2018年06月20日

危ない芽はすぐ摘もうとするところは学んだ方がいい

映画 RADWIMPSの新曲「HINOMARU」が波紋 「日出づる国の御名のもとに」

メモ  これは右傾化なのか
人気ロックバンド「RADWIMPS」が6月6日にリリースした新曲「HINOMARU」の歌詞が波紋を広げている。「この身体に流れゆくは 気高き御国の御霊」「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」といったナショナリズムを高揚させるような言葉が散りばめられているからだ。

話題が広がっているのは6月6日に発売された、RADWIMPSのニューシングル「カタルシスト」に収録されている新曲「HINOMARU」だ。彼らの公式ツイッターによると「新たな引き出しを発見した喜びと驚きと誇らしさ」が詰まった曲だ。

愛国的な歌詞?

「カタルシスト」はフジテレビ系のサッカー番組のテーマソングに決まっており、歌詞はサッカーを想起させるものになっている。

同じシングルに収録された「HINOMARU」は、「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」と問いかけからはじまり、「受け継がれた歴史」や「気高きこの御国の御霊」が登場する。

「日出づる国の御名のもとに」という言葉もあり、タイトルからも日本への愛国心をテーマに歌ったことがうかがえる。

この歌詞にネット上で話題になり、賛否さまざまな声があがっている。

ファンからは「国歌にしてほしい」などと絶賛の声があがり、ノートに歌詞を書き写して、「はじめて書きたいと思って 夢中になって 書いてみた」とツイートする人もでてきた。

ネットでは「ゾッとしました」「またすごいもん出てきた」「(右派でもない人が)まっすぐな歌詞を書いたらこうなりましたという曲」と批判的な意見も多い。

ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんの歌詞には、日本の歴史をテーマにした「にっぽんぽん」(味噌汁's名義で発表)などもあり、あえて保守色の強い言葉を使った「愛国的なものを皮肉る曲ではないか」という解釈もでていたが......。

    略、以下は下部に。


ふん。


 朝日の別働隊、ハフポストの記事ですよ。

ハフポスト(英語: HuffPost)は、アメリカ合衆国のリベラル系オンラインメディアである。「ハフポスト日本版」は朝日新聞社との合弁事業で行われており、執筆は朝日新聞が担当している。2017年4月にThe Huffington PostからHuffPostへ改称された。



youtubeで・・・

「HINOMARU」 - RADWIMPS (cover)
bye2.gif  歌詞がわかります。



ソッコーで続報が・・・ 


映画 「HINOMARU」の歌詞を謝罪。RADWIMPS・野田洋次郎さん「傷ついた人達、すみませんでした」

メモ  人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎さんが自身のTwitterで6月11日、自身が手がけた新曲「HINOMARU」の歌詞の内容について謝罪した。

「HINOMARU」には、「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」といった表現が並び「愛国ソング」として話題になっていた。

「HINOMARU」は、「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」と問いかけからはじまり、「受け継がれた歴史」や「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の御名のもとに」が登場する。タイトルからして、直接な表現があふれるわかりやすい愛国ソングとしてリリースされた。

この歌詞がネット上で話題になり、「国歌にしてほしい」という声から「これは軍歌?」という疑問まで賛否さまざまな意見があがっていた。

野田さんはTwitterで、英語と日本語で、「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」と釈明した。

曲の意図について「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかった」と言及した。

「結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです」として、「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪した。

石戸 諭  ハフポスト日本版レポーター




若者に影響力がある人気バンドなので、ソッコー叩きに入りましたね。 (・∀・)



>受け手の側で「またこういうのが出てきたか」と受け流し、影響力を削ぐしかない。


受け流していないだろw ソッコーで記事にして、叩く。



>そしてその心構えを養うためには、歴史を知ることが重要だ。


捏造した歴史、虚報を流して読者を洗脳する。





他の記事は、と・・・・・


映画 今井絵理子議員、RADWIMPSを軍歌と批判する声を批判…「受け手の個人的な解釈」

メモ   ロックバンド・RADWIMPSの新曲『HINOMARU』の歌詞が、「軍歌のようだ」と批判を集めた問題。作詞・作曲を担当したボーカルの野田洋次郎が謝罪したが、騒動は収まらず、かえって激化する様相を見せている。

 6月6日発売のシングル『カタルシスト』のカップリング曲として収録された『HINOMARU』の歌詞には、このような詩が散りばめられている。

「風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に 意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」
「気高きこの御国の御霊」
「さあいざゆかん 日出る国の 御名の下に」

 こういった言葉に対し、発表直後からインターネット上で「軍歌のようでちょっと気持ち悪い」「これはダメな気がする」といった疑問の声が上がり、大騒動へと発展した。これを受け、11日に野田は自身のツイッターでコメントを発表した。

「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」と弁明したうえで、「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪している。

 一方で、ネット上では野田を擁護する声も多くなっており、「謝罪する必要なんて、まったくない」「国を大切に思う気持ちを表現して何が悪い」「他国を批判する歌ならよくないが、これは批判されるような歌ではない」といった意見が続出。

 元SPEEDのメンバーで現在は自民党の参議院議員を務める今井絵理子氏は、12日に自身のブログで「受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪までさせてしまう今の社会の風潮には賛成することができません」と綴って野田を擁護した。

 また、『残酷な天使のテーゼ』などを手がけた作詞家の及川眠子氏も15日に自身のツイッターで、「いい歌じゃん。これの何があかんの? この詞は『命』について歌ってると感じたけどなぁ。左とか右とか、そういう思想で簡単に縛ってバッシングする。アーティストから言葉を奪うな、と私は思う」と、批判的なコメントを発する人たちに苦言を呈するコメントを発表した。

 近現代史研究者の辻田真佐憲氏は、6月11日付「現代ビジネス」の記事内で『HINOMARU』を解析。「この歌はなにより明確に愛国歌(愛国ソング)である」と断言しながらも、“軍歌”だとは言い切らなかった。

『HINOMARU』の注目度は日を増すごとに上がっていき、「Amazon Music」では楽曲の「売れ筋ランキング」で1位を記録するまでになった。

 一方で、『HINOMARU』に抗議する団体は「廃盤と2度と歌わないことを求める」として、RADWIMPSのライブ会場前で集会を呼びかけるなど、動きが過熱している。

 果たしてこの騒動はどのように終着していくのだろうか。
(文=編集部)





果たしてこの騒動はどのように終着していくのだろうか。


大荒れしてほしいのよね・・・・・これ、ビジネスジャーナルの記事だものw



RADWIMPS HINOMARU
bye2.gif  こりゃー、誤解を受けるかもw  (´・ω・`)







k_line_c.gif



映画 RADWIMPSの新曲「HINOMARU」が波紋 「日出づる国の御名のもとに」


これは右傾化なのか?

人気ロックバンド「RADWIMPS」が6月6日にリリースした新曲「HINOMARU」の歌詞が波紋を広げている。「この身体に流れゆくは 気高き御国の御霊」「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」といったナショナリズムを高揚させるような言葉が散りばめられているからだ。

話題が広がっているのは6月6日に発売された、RADWIMPSのニューシングル「カタルシスト」に収録されている新曲「HINOMARU」だ。彼らの公式ツイッターによると「新たな引き出しを発見した喜びと驚きと誇らしさ」が詰まった曲だ。

愛国的な歌詞?

「カタルシスト」はフジテレビ系のサッカー番組のテーマソングに決まっており、歌詞はサッカーを想起させるものになっている。

同じシングルに収録された「HINOMARU」は、「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」と問いかけからはじまり、「受け継がれた歴史」や「気高きこの御国の御霊」が登場する。

「日出づる国の御名のもとに」という言葉もあり、タイトルからも日本への愛国心をテーマに歌ったことがうかがえる。

この歌詞にネット上で話題になり、賛否さまざまな声があがっている。

ファンからは「国歌にしてほしい」などと絶賛の声があがり、ノートに歌詞を書き写して、「はじめて書きたいと思って 夢中になって 書いてみた」とツイートする人もでてきた。

ネットでは「ゾッとしました」「またすごいもん出てきた」「(右派でもない人が)まっすぐな歌詞を書いたらこうなりましたという曲」と批判的な意見も多い。

ボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんの歌詞には、日本の歴史をテーマにした「にっぽんぽん」(味噌汁's名義で発表)などもあり、あえて保守色の強い言葉を使った「愛国的なものを皮肉る曲ではないか」という解釈もでていたが......。

野田さんは、6月8日15時過ぎ、こんな風にツイート。

曲について、次のように述べた。

「日本に生まれた人間として、いつかちゃんと歌にしたいと思っていました」

「世界の中で、日本は自分達の国のことを大にして歌ったりすることが少ない国に感じます」

「純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」


ゆずが歌った靖国

愛国心と歌といえば、今春に発表された人気ミュージシャン「ゆず」の曲「ガイコクジンノトモダチ」が記憶に新しい。彼らもこれまでの作風とは異なり、「美しい日本」「国歌」「靖国の桜」といった保守色の強い言葉を歌詞に取り入れ、話題になった。

2020年の東京オリンピックを前に、エンタメと愛国、政治の距離が接近しつつあるということか。こうした動きをどう考えればいいのか。

評論家の辻田真佐憲さんは、ゆずの曲についての論考で、音楽と政治、エンタメと政治は昔から切っても切れない関係で結ばれていると指摘している。

この言葉が重要だろう。


受け手の側で「またこういうのが出てきたか」と受け流し、影響力を削ぐしかない。そしてその心構えを養うためには、歴史を知ることが重要だ。

政治と音楽が関係するパターンは出尽くしている。ノンポリだった音楽家が、突如政治的なテーマに取り組むことだってけっして珍しくない。(中略)

政治音楽、来たらば来たれ。政治と音楽をめぐる歴史は、われわれにとってよきワクチンになってくれるだろう。(現代ビジネスより)

石戸 諭 ハフポスト日本版レポーター


映画 「HINOMARU」の歌詞を謝罪。RADWIMPS・野田洋次郎さん「傷ついた人達、すみませんでした」
“愛国ソング”として波紋が広がっていた

人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎さんが自身のTwitterで6月11日、自身が手がけた新曲「HINOMARU」の歌詞の内容について謝罪した。

「HINOMARU」には、「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」といった表現が並び「愛国ソング」として話題になっていた。

「HINOMARU」は、「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」と問いかけからはじまり、「受け継がれた歴史」や「気高きこの御国の御霊」「日出づる国の御名のもとに」が登場する。タイトルからして、直接な表現があふれるわかりやすい愛国ソングとしてリリースされた。

この歌詞がネット上で話題になり、「国歌にしてほしい」という声から「これは軍歌?」という疑問まで賛否さまざまな意見があがっていた。

野田さんはTwitterで、英語と日本語で、「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」と釈明した。

曲の意図について「この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかった」と言及した。

「結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです」として、「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪した。

石戸 諭  ハフポスト日本版レポーター


映画 今井絵理子議員、RADWIMPSを軍歌と批判する声を批判…「受け手の個人的な解釈」
 ロックバンド・RADWIMPSの新曲『HINOMARU』の歌詞が、「軍歌のようだ」と批判を集めた問題。作詞・作曲を担当したボーカルの野田洋次郎が謝罪したが、騒動は収まらず、かえって激化する様相を見せている。

 6月6日発売のシングル『カタルシスト』のカップリング曲として収録された『HINOMARU』の歌詞には、このような詩が散りばめられている。

「風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に 意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」
「気高きこの御国の御霊」
「さあいざゆかん 日出る国の 御名の下に」

 こういった言葉に対し、発表直後からインターネット上で「軍歌のようでちょっと気持ち悪い」「これはダメな気がする」といった疑問の声が上がり、大騒動へと発展した。これを受け、11日に野田は自身のツイッターでコメントを発表した。

「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」と弁明したうえで、「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪している。

 一方で、ネット上では野田を擁護する声も多くなっており、「謝罪する必要なんて、まったくない」「国を大切に思う気持ちを表現して何が悪い」「他国を批判する歌ならよくないが、これは批判されるような歌ではない」といった意見が続出。

 元SPEEDのメンバーで現在は自民党の参議院議員を務める今井絵理子氏は、12日に自身のブログで「受け手の個人的な解釈の拡散により作家に釈明と謝罪までさせてしまう今の社会の風潮には賛成することができません」と綴って野田を擁護した。

 また、『残酷な天使のテーゼ』などを手がけた作詞家の及川眠子氏も15日に自身のツイッターで、「いい歌じゃん。これの何があかんの? この詞は『命』について歌ってると感じたけどなぁ。左とか右とか、そういう思想で簡単に縛ってバッシングする。アーティストから言葉を奪うな、と私は思う」と、批判的なコメントを発する人たちに苦言を呈するコメントを発表した。

 近現代史研究者の辻田真佐憲氏は、6月11日付「現代ビジネス」の記事内で『HINOMARU』を解析。「この歌はなにより明確に愛国歌(愛国ソング)である」と断言しながらも、“軍歌”だとは言い切らなかった。

『HINOMARU』の注目度は日を増すごとに上がっていき、「Amazon Music」では楽曲の「売れ筋ランキング」で1位を記録するまでになった。

 一方で、『HINOMARU』に抗議する団体は「廃盤と2度と歌わないことを求める」として、RADWIMPSのライブ会場前で集会を呼びかけるなど、動きが過熱している。

 果たしてこの騒動はどのように終着していくのだろうか。
(文=編集部)



posted by 金魚 at 22:04| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

文句言うだけなら誰でもできる。

映画 極めて手前味噌な自民党の参院定数6増案

メモ参院定数6増案、今日、自民党は各党との協議が整わないにもかかわらず法案提出。

私自身も地方出身であるだけに、「1票の格差」問題の中で地方の議席が減ることに危惧の念を覚えます。

しかし、この 法案については、もともと憲法の問題であるところ、その議論が進まないからといって、法律で何とかしていこうという考えが安直すぎます。

しかも、その内容は自民党に都合の良い結果となるよう仕組まれたもの。そんな手前味噌な法案が幅広い支持を得るわけがありません。

仮に国会が延長となればこの法案も与党側からプッシュされてくるでしょう。その時、この国会はもうひとヤマ迎えます。




はぁ。



>この 法案については、もともと憲法の問題であるところ、その議論が進まないからといって、法律で何とかしていこうという考えが安直すぎます。

しかも、その内容は自民党に都合の良い結果となるよう仕組まれたもの。そんな手前味噌な法案が幅広い支持を得るわけがありません。




国政選挙のたびに、『一票の格差は憲法違反』って訴訟したがるトンチキ連中がいるじゃない?

で、裁判官が『違憲』だとか『違憲に近い状態』だとか判決下すじゃない?


そしたら、


選挙区区割り法案作るしかないんじゃないの?



それに、

わざわざ自党に不利な法案作って提出するお人よしって、いますかぁ?






映画 参院選挙制度 議長が調整打ち切り 自民が改正案提出

メモ参議院の選挙制度をめぐって、野党側は、伊達参議院議長に、各党で一致点を見出せるようあっせん案を提示するよう求めましたが、伊達議長は、各党が法案を提出し、国会で審議すべきだとして、調整を打ち切りました。これを受けて、自民党は、14日夕方、定数を6増やすなどとした公職選挙法の改正案を参議院に提出しました。

参議院の選挙制度をめぐって、自民党は、埼玉選挙区の定数を2増やし、1票の格差を3倍未満に抑えるほか、比例代表の定数を4増やしたうえで、あらかじめ政党が決めた順位に従って当選者を決められる「特定枠」を導入するなどとした案を示していますが、野党側は、「国民の理解が得られない」などと反対しています。

伊達参議院議長と各党の代表者は13日に続いて会合を開き、自民党は、「参議院独自に行政監視機能の強化にも取り組んでおり、定数を増やすことへの理解は得られると考えている」などと述べ、協力を求めました。

これに対し、野党側からは、各党で一致点を見出せるよう、伊達議長にあっせん案を示すよう要請しましたが、伊達議長は、「具体的な改革案を持っている党は、できるだけ速やかに法案を提出してほしい。今後は、国会で審議してほしい」と述べ、各党による調整を打ち切りました。

これを受けて、自民党は、14日夕方、参議院の会派、「無所属クラブ」と共同で、公職選挙法の改正案を参議院に提出しました。


国民 大塚共同代表「打ち切りは遺憾」

国民民主党の大塚共同代表は記者会見で「地方議会も大きく定数を減らし、財政も厳しい折に、国会だけが定数を増やすのは理解されないし、議論を打ち切ったことは、大いに遺憾だ。自民党案には賛成できず、どういう案がありうるのか、あす、党の参議院議員総会で諮り、意識を統一させたい」と述べました。


共産 志位委員長「とても乱暴」

共産党の志位委員長は、記者会見で、「自民党の案は、自民党のための自民党による党略的な産物で、論外のものとして反対していきたい。これまで参議院では各党の合意で進める丁寧な議論をしてきたが、『対案を出せ』というのは、とても乱暴で、きちんとした場で抜本的な改革を議論していくのが筋だ」と述べました。




ぷっ。



>参議院の選挙制度をめぐって、野党側は、伊達参議院議長に、各党で一致点を見出せるようあっせん案を提示するよう求めましたが、伊達議長は、各党が法案を提出し、国会で審議すべきだとして、調整を打ち切りました。



だいたい、どの党も不利にならない法案なんてつくれますかぁ?w


「文句言うんなら、自分らで法案作って出したら?」って議長の言い分はまっとうな裁定じゃないんすか。


で、


野党は頭悪いから、作れなかったんでしょw


野党の全てが納得できる案自体が不可能なんだろーなw




>野党側は、「国民の理解が得られない」などと反対しています。



自分らが不利だから、「われわれ野党の理解が得られない」ってことでしょ。


         『国民の理解』 = 『オレたちの理解』




     ばか。





k_line_c.gif


映画 極めて手前味噌な自民党の参院定数6増案
参院定数6増案、今日、自民党は各党との協議が整わないにもかかわらず法案提出。

私自身も地方出身であるだけに、「1票の格差」問題の中で地方の議席が減ることに危惧の念を覚えます。

しかし、この 法案については、もともと憲法の問題であるところ、その議論が進まないからといって、法律で何とかしていこうという考えが安直すぎます。

しかも、その内容は自民党に都合の良い結果となるよう仕組まれたもの。そんな手前味噌な法案が幅広い支持を得るわけがありません。

仮に国会が延長となればこの法案も与党側からプッシュされてくるでしょう。その時、この国会はもうひとヤマ迎えます。



映画 参院選挙制度 議長が調整打ち切り 自民が改正案提出
参議院の選挙制度をめぐって、野党側は、伊達参議院議長に、各党で一致点を見出せるようあっせん案を提示するよう求めましたが、伊達議長は、各党が法案を提出し、国会で審議すべきだとして、調整を打ち切りました。これを受けて、自民党は、14日夕方、定数を6増やすなどとした公職選挙法の改正案を参議院に提出しました。

参議院の選挙制度をめぐって、自民党は、埼玉選挙区の定数を2増やし、1票の格差を3倍未満に抑えるほか、比例代表の定数を4増やしたうえで、あらかじめ政党が決めた順位に従って当選者を決められる「特定枠」を導入するなどとした案を示していますが、野党側は、「国民の理解が得られない」などと反対しています。

伊達参議院議長と各党の代表者は13日に続いて会合を開き、自民党は、「参議院独自に行政監視機能の強化にも取り組んでおり、定数を増やすことへの理解は得られると考えている」などと述べ、協力を求めました。

これに対し、野党側からは、各党で一致点を見出せるよう、伊達議長にあっせん案を示すよう要請しましたが、伊達議長は、「具体的な改革案を持っている党は、できるだけ速やかに法案を提出してほしい。今後は、国会で審議してほしい」と述べ、各党による調整を打ち切りました。

これを受けて、自民党は、14日夕方、参議院の会派、「無所属クラブ」と共同で、公職選挙法の改正案を参議院に提出しました。


国民 大塚共同代表「打ち切りは遺憾」

国民民主党の大塚共同代表は記者会見で「地方議会も大きく定数を減らし、財政も厳しい折に、国会だけが定数を増やすのは理解されないし、議論を打ち切ったことは、大いに遺憾だ。自民党案には賛成できず、どういう案がありうるのか、あす、党の参議院議員総会で諮り、意識を統一させたい」と述べました。


共産 志位委員長「とても乱暴」

共産党の志位委員長は、記者会見で、「自民党の案は、自民党のための自民党による党略的な産物で、論外のものとして反対していきたい。これまで参議院では各党の合意で進める丁寧な議論をしてきたが、『対案を出せ』というのは、とても乱暴で、きちんとした場で抜本的な改革を議論していくのが筋だ」と述べました。

posted by 金魚 at 20:55| Comment(8) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

米朝、オチあるの?

映画 トランプ、金正恩両氏が署名した共同声明

メモ   ロイター通信は12日、米朝首脳会談で署名されたトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の共同声明の内容を報じた。全文は以下の通り。

 米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長のシンガポール会談での共同声明。

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は、初の歴史的な首脳会談を2018年6月12日、シンガポールで開催した。

 トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係の樹立と、朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を構築することについての問題に、包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行った。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認した。

 新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。

 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

 (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

トランプ大統領と金委員長は、史上初の米朝首脳会談が、重要な意味を持ち、両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて新たな未来を開く画期的な出来事であったと認識し、この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。米国と北朝鮮は、米朝首脳会談の成果を履行するため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮側の対応する高官の主導による後続交渉を可能な限り早期に開催するよう努める。

 トランプ大統領と金委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向け協力すると約束した。




ふん。




>新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。

 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

 (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

トランプ大統領と金委員長は、史上初の米朝首脳会談が、重要な意味を持ち、両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて新たな未来を開く画期的な出来事であったと認識し、この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。





中身ないがなw




金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認した。


そんな表現じゃインパクトないで。


『この世の誰も体験したことのない予想を超える本当の容赦ない強力な最も無慈悲な取り組みをみせる』くらいのこと言ってくれないと。



『 非核化の費用は日韓に出させる 』 とかふざけたこと言っていた。



ま、非核化するなら、核開発や核武装にかかわる費用の半分くらい出しても割が合うかもしれんけれど・・・


通常戦力だけなら勝てるなw



クマやパンダも含めて、粛清・弾圧・虐殺大好きの専制国家と合意したって、何の保証もないだろう。アホクサ。







k_line_c.gif



映画 トランプ、金正恩両氏が署名した共同声明
 ロイター通信は12日、米朝首脳会談で署名されたトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の共同声明の内容を報じた。全文は以下の通り。

 米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長のシンガポール会談での共同声明。

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は、初の歴史的な首脳会談を2018年6月12日、シンガポールで開催した。

 トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係の樹立と、朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を構築することについての問題に、包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行った。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認した。

 新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。

 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

 (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

トランプ大統領と金委員長は、史上初の米朝首脳会談が、重要な意味を持ち、両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて新たな未来を開く画期的な出来事であったと認識し、この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。米国と北朝鮮は、米朝首脳会談の成果を履行するため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮側の対応する高官の主導による後続交渉を可能な限り早期に開催するよう努める。

 トランプ大統領と金委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向け協力すると約束した。

2018年6月12日

セントーサ島 シンガポール(シンガポール支局)

posted by 金魚 at 21:49| Comment(5) | とつくに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

オラつく人たち

映画 新潟県知事選、自公支持・花角氏が当選 与党「追い風」野党「地盤沈下」 小泉親子への警戒感は高まり…

メモ 事実上の与野党対決となった新潟県知事選は10日投開票され、自民、公明両党が支持する前海上保安庁次長の花角(はなずみ)英世氏(60)が勝利した。安倍晋三首相(自民党総裁)にとって、今後の政権運営と総裁選3選への追い風となりそうだ。一方、来夏の参院選などをにらみ、立憲民主党や共産党などの野党5党は、共闘して「政権打倒」をアピールしたが及ばず、「地盤沈下」が鮮明になった。

 「中央と地方の政治はまったく別だ。安倍政権が『不祥事のみそぎが済んだ』と言うならば、とんでもない」

 立憲民主党の長妻昭代表代行は10日、「花角氏当確」を受けて、こうコメントした。しかし、知事選に国政の対立構図を持ち込んだのは、ほかならぬ野党5党だ。

 2016年の参院選や県知事選で勝利した共闘の“成功体験”から、今回も野党の党首クラスが連日新潟入りし、「安倍首相に退陣してもらう」などと訴えた。左派メディアも「安倍政権の信任投票だ」などと煽った。




ふっ。



> 「中央と地方の政治はまったく別だ。安倍政権が『不祥事のみそぎが済んだ』と言うならば、とんでもない」

 立憲民主党の長妻昭代表代行は10日、「花角氏当確」を受けて、こうコメントした。しかし、知事選に国政の対立構図を持ち込んだのは、ほかならぬ野党5党だ。

 2016年の参院選や県知事選で勝利した共闘の“成功体験”から、今回も野党の党首クラスが連日新潟入りし、「安倍首相に退陣してもらう」などと訴えた。左派メディアも「安倍政権の信任投票だ」などと煽った。




そう、いつもこんな感じ。


選挙中は、
「この選挙は、安倍政権の信任投票だっ、安倍政権にNOを!」


負けると、
「これで安倍政権が信任されたとはいえない。」


どういうつもりかけっかをみとめずw



「中央と地方の政治は全く別だ。安倍政権が『不祥事のみそぎが済んだ』と言うならば、とんでもない」 (立憲民主党の長妻昭代表代行)



はー、さいですか。




k_line_c.gif


映画 新潟県知事選、自公支持・花角氏が当選 与党「追い風」野党「地盤沈下」 小泉親子への警戒感は高まり…
 事実上の与野党対決となった新潟県知事選は10日投開票され、自民、公明両党が支持する前海上保安庁次長の花角(はなずみ)英世氏(60)が勝利した。安倍晋三首相(自民党総裁)にとって、今後の政権運営と総裁選3選への追い風となりそうだ。一方、来夏の参院選などをにらみ、立憲民主党や共産党などの野党5党は、共闘して「政権打倒」をアピールしたが及ばず、「地盤沈下」が鮮明になった。

 「中央と地方の政治はまったく別だ。安倍政権が『不祥事のみそぎが済んだ』と言うならば、とんでもない」

 立憲民主党の長妻昭代表代行は10日、「花角氏当確」を受けて、こうコメントした。しかし、知事選に国政の対立構図を持ち込んだのは、ほかならぬ野党5党だ。

 2016年の参院選や県知事選で勝利した共闘の“成功体験”から、今回も野党の党首クラスが連日新潟入りし、「安倍首相に退陣してもらう」などと訴えた。左派メディアも「安倍政権の信任投票だ」などと煽った。

 選挙戦では、花角氏に対し、「森友関係者」といった事実無根の中傷が出回ったほか、県内の市立保育園の保育士が、野党系候補を応援するポスター作成を園児に手伝わせたことも明らかになった。

 ネット上では、野党陣営に対し、「潔く負けを認めろ」「党首は全員辞職して償え」「国政が出張ってこなければ、勝てた」などと批判的な投稿が目立った。

 一方、与党にとって、花角氏の勝利は、今後の政権運営や9月の自民党総裁選、来夏の参院選に弾みがつく。

 自民党の二階俊博幹事長は10日、記者団に「総裁選に追い風、良い風が吹いてきたと判断して間違いない」と述べた。

 ただ、小泉親子への警戒感は高まりそうだ。

 選挙期間中、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は、加計学園問題を審議する特別委員会の設置を求めるなど、政府・自民党と距離を置く発言に及んで波紋を広げた。父親の純一郎元首相も「反原発」の立場で野党を後押しするかたちとなった。

posted by 金魚 at 23:25| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif