2017年08月15日

敗戦

映画 靖国神社 現役閣僚参拝せず

メモ 安倍首相は、東京の靖国神社への参拝を2017年も見送り、閣僚も全員が参拝しなかった。
靖国神社には15日、自民党の小泉筆頭副幹事長や稲田元防衛相、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーらが参拝した。
また、柴山総裁特別補佐が参拝し、「自民党総裁 安倍晋三」の名前で、玉串料を納めたが、安倍首相本人は参拝せず、閣僚も、参拝を続けてきた野田聖子総務相をはじめ、全員が参拝を見送った。
自民党政権下で、終戦記念日に閣僚が靖国に参拝しないのは、外交問題化した1985年以降初めてで、背景には、北朝鮮情勢が緊迫する中、中国や韓国との摩擦を避ける意向もあったとみられている。



やれやれ。 犬


> 自民党政権下で、終戦記念日に閣僚が靖国に参拝しないのは、外交問題化した1985年以降初めて


首相も閣僚も参拝しないのは安倍政権が初めてということ。


ここに外交的敗北確定。



> 靖国神社には15日、自民党の小泉筆頭副幹事長や稲田元防衛相、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーらが参拝した。


単なる年中行事、トンチキのパフォーマンス。
 

“「戦後レジーム(体制)」から新たな船出”したと思ったら、もう沈没すか。がく〜(落胆した顔)


継続していれば相手の非難も年中行事になるが、一度でも止めれば、それが起点になるのであるから、再開すれば徹底的に叩かれるのは明白。



ことさら何もしなかったのに勝手に相手が逃げたのを見た中韓はほくそ笑み、朝日・毎日・東京新聞などは凱歌をあげるだろう。



これでもはや日本には確固たる国家観・歴史観を持つ政治家はいないということが確定したか。


へたれは毎年じりじり撤退していくのね。

 ああ、『 転進 』といういい言葉があったなw


国家のために命を捧げた英霊に対し、政権が尊崇の念も感謝の気持ちも示さないという国家

  新たな敗戦記念日か。




k_line_c.gif

映画 靖国神社 現役閣僚参拝せず
安倍首相は、東京の靖国神社への参拝を2017年も見送り、閣僚も全員が参拝しなかった。
靖国神社には15日、自民党の小泉筆頭副幹事長や稲田元防衛相、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーらが参拝した。
また、柴山総裁特別補佐が参拝し、「自民党総裁 安倍晋三」の名前で、玉串料を納めたが、安倍首相本人は参拝せず、閣僚も、参拝を続けてきた野田聖子総務相をはじめ、全員が参拝を見送った。
自民党政権下で、終戦記念日に閣僚が靖国に参拝しないのは、外交問題化した1985年以降初めてで、背景には、北朝鮮情勢が緊迫する中、中国や韓国との摩擦を避ける意向もあったとみられている。
posted by 金魚 at 20:17| Comment(4) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

平和のお値段

読売新聞
映画 首相の靖国参拝、差し止め請求棄却…東京地裁

メモ  安倍首相の2013年12月の靖国神社参拝は信教の自由や政教分離を定めた憲法に違反するなどとして、全国の市民ら633人が安倍首相と靖国神社、国に対し、1人1万円の損害賠償と今後の参拝差し止めなどを求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。


【全国の市民ら633人】



産経新聞
映画 安倍晋三首相の靖国参拝差し止め訴訟 原告側の市民が敗訴 東京地裁

メモ  安倍晋三首相が平成25年12月、首相として靖国神社に参拝したのは政教分離原則に反して不当だとして、靖国参拝に反対する市民ら約630人が安倍首相や国などを相手取り、参拝の差し止めや1人1万円の損害賠償、違憲性の確認を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長(木村周世裁判長代読)は「安倍首相の靖国参拝は原告らの法的利益を侵害しない」として、いずれの訴えも退けた。


【市民ら約630人】



時事通信
映画 安倍首相靖国参拝、差し止め認めず=憲法判断「必要ない」−東京地裁

メモ  安倍晋三首相が2013年12月に行った靖国神社参拝で、信教の自由が侵害されたなどとして中国人や韓国人を含む633人が首相と国、靖国神社を相手に参拝差し止めなどを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長は「原告らの法的利益を侵害していない」と述べ、請求を棄却した。憲法判断についても「必要がない」とした。原告側は控訴する方針。


【中国人や韓国人を含む633人】



原告の素性がみんな表現違うのねw


NHK
映画 安倍首相の靖国参拝訴訟で原告敗訴

メモ  4年前、安倍総理大臣が靖国神社に参拝したことについて、600人余りの原告が信教の自由などを侵害されたとして参拝の禁止や賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は「参拝は原告らの信仰への強制や圧迫をもたらすものではない」として訴えを退けました。

東京などに住む男女630人余りは、4年前に安倍総理大臣が行った靖国神社への参拝は政教分離を定めた憲法に違反する行為で、信教の自由や平和に暮らす権利などを侵害されたとして、安倍総理大臣や国に参拝の禁止や賠償を求める訴えを起こしていました。



【600人余りの原告】 


>28日の判決で、東京地方裁判所の岡崎克彦裁判長は「参拝は靖国神社の教義への賛同を国民に求めるものとは言えず、原告らの信仰への強制や圧迫をもたらすものではない」という判断を示しました。また、「安倍総理大臣が参拝後に出した談話を素直に読めば、恒久平和への誓いを立てたものと理解され、軍事的衝突の可能性が高まると理解するのは困難で、平和に暮らす権利が侵害されたという主張は認められない」として、訴えを退けました。参拝が憲法に違反するかどうかは判断しませんでした。


「参拝は靖国神社の教義への賛同を国民に求めるものとは言えず、原告らの信仰への強制や圧迫をもたらすものではない」

極めて真っ当な解釈ですね。

「安倍総理大臣が参拝後に出した談話を素直に読めば、恒久平和への誓いを立てたものと理解され、軍事的衝突の可能性が高まると理解するのは困難で、平和に暮らす権利が侵害されたという主張は認められない」


ハイ、素直に読みましょうねーw 

    オイラって素直だったんだなぁ。



ある思想に凝り固まって、偏見の目で読むからこういうおかしな訴訟を起こそうと考えるんですね。

     
      そういう輩を、『市民』と呼ぶなよ。



参拝が憲法に違反するかどうかは判断しませんでしたっつうけど、

「参拝は靖国神社の教義への賛同を国民に求めるものとは言えず、原告らの信仰への強制や圧迫をもたらすものではない」


これを『素直に』読めば、『信教の自由』を侵害していないのであるから憲法違反ではないってことよね。


まぁ、

 岡崎裁判長は「首相による靖国参拝は、他者の信仰への圧迫、干渉を加えるものではない」などとし、原告の法的利益を侵害しないと指摘。「法的利益を侵害しない以上、参拝の差し止めや損害賠償、違憲性の確認を求める訴えには理由がない」などとして退けた。



トンチキな訴訟してんじゃねーよということなんですがw



それはそうと・・・・・


『平和に暮らす権利』『信教の自由』が侵害されたことへの対価が一万円すかぁ。


キミたち「市民」の平和の価値って、・・・・・


     安っぽいのね。 犬





k_line_c.gif

映画首相の靖国参拝、差し止め請求棄却…東京地裁
 安倍首相の2013年12月の靖国神社参拝は信教の自由や政教分離を定めた憲法に違反するなどとして、全国の市民ら633人が安倍首相と靖国神社、国に対し、1人1万円の損害賠償と今後の参拝差し止めなどを求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 一部原告が求めた参拝の違憲性の確認を求める訴えは却下した。

 岡崎克彦裁判長は「安倍首相の参拝は、原告らの信仰に圧迫や干渉を加えるものではなく、信教の自由を侵害しない」などと述べた。


映画安倍晋三首相の靖国参拝差し止め訴訟 原告側の市民が敗訴 東京地裁
 安倍晋三首相が平成25年12月、首相として靖国神社に参拝したのは政教分離原則に反して不当だとして、靖国参拝に反対する市民ら約630人が安倍首相や国などを相手取り、参拝の差し止めや1人1万円の損害賠償、違憲性の確認を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長(木村周世裁判長代読)は「安倍首相の靖国参拝は原告らの法的利益を侵害しない」として、いずれの訴えも退けた。

 争点は(1)靖国参拝は原告らの法的利益を侵害したか(2)靖国参拝は政教分離原則に反して違憲か−など。

 岡崎裁判長は「首相による靖国参拝は、他者の信仰への圧迫、干渉を加えるものではない」などとし、原告の法的利益を侵害しないと指摘。「法的利益を侵害しない以上、参拝の差し止めや損害賠償、違憲性の確認を求める訴えには理由がない」などとして退けた。


映画安倍首相靖国参拝、差し止め認めず=憲法判断「必要ない」−東京地裁
 安倍晋三首相が2013年12月に行った靖国神社参拝で、信教の自由が侵害されたなどとして中国人や韓国人を含む633人が首相と国、靖国神社を相手に参拝差し止めなどを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長は「原告らの法的利益を侵害していない」と述べ、請求を棄却した。憲法判断についても「必要がない」とした。原告側は控訴する方針。
 岡崎裁判長は、安倍首相が参拝後に発表した談話について、「恒久平和への誓いを立てたと理解できる。参拝を戦争準備行為などと理解するのは困難だ」と指摘。原告側が訴えた平和的生存権などの侵害はないと判断した。
 原告側は参拝が政教分離に反するか判断を求めたが「結論を導くのに必要な場合を超えて判断するのは相当でない」とし、憲法判断は不要と結論付けた。
 安倍首相の靖国神社参拝をめぐる判決は3件目。大阪地裁は16年1月、憲法判断せずに請求を棄却し、大阪高裁も支持していた。
 原告側は判決後に記者会見し、「司法の職責を完全に放棄して首相に迎合した『安倍忖度(そんたく)判決』で到底容認できない」と批判した。

映画安倍首相の靖国参拝訴訟で原告敗訴
4年前、安倍総理大臣が靖国神社に参拝したことについて、600人余りの原告が信教の自由などを侵害されたとして参拝の禁止や賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は「参拝は原告らの信仰への強制や圧迫をもたらすものではない」として訴えを退けました。

東京などに住む男女630人余りは、4年前に安倍総理大臣が行った靖国神社への参拝は政教分離を定めた憲法に違反する行為で、信教の自由や平和に暮らす権利などを侵害されたとして、安倍総理大臣や国に参拝の禁止や賠償を求める訴えを起こしていました。

28日の判決で、東京地方裁判所の岡崎克彦裁判長は「参拝は靖国神社の教義への賛同を国民に求めるものとは言えず、原告らの信仰への強制や圧迫をもたらすものではない」という判断を示しました。また、「安倍総理大臣が参拝後に出した談話を素直に読めば、恒久平和への誓いを立てたものと理解され、軍事的衝突の可能性が高まると理解するのは困難で、平和に暮らす権利が侵害されたという主張は認められない」として、訴えを退けました。参拝が憲法に違反するかどうかは判断しませんでした。

原告側の井堀哲弁護士は「総理の談話を平和の誓いと持ち上げるなど、政権の意向をそんたくするような内容だ。人権のとりでと言われた裁判所の危機だ」と批判しました。

posted by 金魚 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

全て常に日本のせいだと朝日サマの記事

こんどは、あかひの記事

映画 少女像設置団体、勝利叫ぶ 靖国参拝が後押しとの見方も

メモ 
釜山市東区にある日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」を設置した市民団体や学生たち約60人は30日午後、総領事館前で記者会見を開き、口々に「市民の勝利」を叫んだ。「歴史をただし、民族の自尊心を打ち立てる市民の偉大な勝利だ」などと主張した。

 少女像は28日、いったん「道路使用の許可を得ていない」とした釜山市東区と警察当局によって撤去された。像はそのまま、東区が保管していた。

 だが、直後から東区には、市民からの苦情が殺到。困り果てた東区は30日午前に市民団体と面会し、像も返還した。区長は30日の記者会見で「法は守らなければいけない」と語る一方、「少女像(の設置)を一度も拒んだことはない」と述べるなど発言が迷走。「記者会見したのは(像の設置の)黙認だと言ってもらってもよい」と語った。

 日韓関係筋によれば、東区の突然の態度変更に驚いた日本政府は、東京やソウルなどで韓国側に「像の設置を認めないでほしい」と繰り返し要請した。

 しかし、韓国側は「要請は理解した」と答える一方で、30日夕方の段階で、像の撤去には動き出していない。韓国では朴槿恵(パククネ)大統領が弾劾(だんがい)訴追されて職務停止となっており、同筋は「今の韓国世論は朴槿恵政権への批判一色。朴政権による慰安婦合意を否定する空気も強まっている」と語る。



はぁ?



不快感.jpg
その通り、いつも日本が悪いのよ。



河野.jpg
ううっ、申し訳ありませぬぅぅぅっ。



で、・・・・・

『靖国参拝が後押しとの見方も』って、一体ダレが言っているんだよ?



20140805_kondouharuna_48 - コピー.jpg
ワ、タ、シ。


o0800053313570651385.jpg
それは、ダレノガレだなw



bows_a.gif



河野.jpg
うううっ、左巻き得意の妄想記事ですぅ・・・・。





k_line_c.gif

映画 少女像設置団体、勝利叫ぶ 靖国参拝が後押しとの見方も
 釜山市東区にある日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」を設置した市民団体や学生たち約60人は30日午後、総領事館前で記者会見を開き、口々に「市民の勝利」を叫んだ。「歴史をただし、民族の自尊心を打ち立てる市民の偉大な勝利だ」などと主張した。

 少女像は28日、いったん「道路使用の許可を得ていない」とした釜山市東区と警察当局によって撤去された。像はそのまま、東区が保管していた。

 だが、直後から東区には、市民からの苦情が殺到。困り果てた東区は30日午前に市民団体と面会し、像も返還した。区長は30日の記者会見で「法は守らなければいけない」と語る一方、「少女像(の設置)を一度も拒んだことはない」と述べるなど発言が迷走。「記者会見したのは(像の設置の)黙認だと言ってもらってもよい」と語った。

 日韓関係筋によれば、東区の突然の態度変更に驚いた日本政府は、東京やソウルなどで韓国側に「像の設置を認めないでほしい」と繰り返し要請した。

 しかし、韓国側は「要請は理解した」と答える一方で、30日夕方の段階で、像の撤去には動き出していない。韓国では朴槿恵(パククネ)大統領が弾劾(だんがい)訴追されて職務停止となっており、同筋は「今の韓国世論は朴槿恵政権への批判一色。朴政権による慰安婦合意を否定する空気も強まっている」と語る。
朝日新聞社
posted by 金魚 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ジジィの次はキョドウフシンシャか。

こんどは、キョドウフシン社の配信記事

映画 米、靖国参拝に強い不快感か 真珠湾訪問直後に防衛相

メモ  【ワシントン共同】稲田朋美防衛相による29日の靖国神社参拝について、オバマ米政権は公式な反応を示していないが、日米首脳が連れ立って真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する歴史的なハワイ・真珠湾訪問の直後に、中韓などが軍国主義礼賛の象徴と見なす靖国を重要閣僚が訪問したことに、強い不快感を抱いているとみられる。

 オバマ大統領は真珠湾での演説で和解が恩恵をもたらすとのメッセージを世界中に送りたいと強調。歴史問題で対立が続く日中、日韓関係の改善を促す意味が込められていたとも読み取れるだけに、稲田氏の参拝は米国側には、両首脳の真珠湾訪問に冷や水を浴びせる行為と映りかねない。




オバマ米政権は公式な反応を示していないが、強い不快感を抱いているとみられる。

冷や水を浴びせる行為と映りかねない。



推測だけで、ニュース記事書けるんすか・・・・・。

ホンマ、キョドウフシンなやっちゃなw



>オバマ大統領は真珠湾での演説で和解が恩恵をもたらすとのメッセージを世界中に送りたいと強調。歴史問題で対立が続く日中、日韓関係の改善を促す意味が込められていたとも読み取れるだけに、


中韓がそんなことでおとなしくなるはずないことは、アメリカ政府も承知してるだろうに。

読み取っているのは、キョドウフシン社の記事書いてるおまいだw



そりゃー日本が堂々と靖国参拝するのはアメ公だって嫌だろう。東京裁判で戦犯のレッテル貼って報復処刑したのだから。日本人の歴史観が変わるのは不都合。



新聞・テレビのマスメディアしか利用しない世代がいなくなれば、日本も変わる・・・と思うw



k_line_c.gif

映画 米、靖国参拝に強い不快感か 真珠湾訪問直後に防衛相
 【ワシントン共同】稲田朋美防衛相による29日の靖国神社参拝について、オバマ米政権は公式な反応を示していないが、日米首脳が連れ立って真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する歴史的なハワイ・真珠湾訪問の直後に、中韓などが軍国主義礼賛の象徴と見なす靖国を重要閣僚が訪問したことに、強い不快感を抱いているとみられる。

 オバマ大統領は真珠湾での演説で和解が恩恵をもたらすとのメッセージを世界中に送りたいと強調。歴史問題で対立が続く日中、日韓関係の改善を促す意味が込められていたとも読み取れるだけに、稲田氏の参拝は米国側には、両首脳の真珠湾訪問に冷や水を浴びせる行為と映りかねない。
posted by 金魚 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒマな時事ィだこと。

映画 稲田氏が靖国参拝=防衛相初、対中韓で影響も

メモ  政府は21日、原子力関係閣僚会議を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)のゅの周辺地域は原子力研究の拠点とする。 稲田朋美防衛相は29日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。防衛省によると、2007年1月の省昇格後、防衛相の靖国参拝は初めてで、担当閣僚としては02年8月15日の中谷元・防衛庁長官以来とみられる。中国、韓国両政府は稲田氏の対応を批判。北朝鮮の核・ミサイル開発をにらんだ韓国との防衛協力や、中国との防衛交流にも影響しそうだ。

 参拝後、稲田氏は記者団に「今の平和な日本は祖国のために命をささげられた方々の尊い命の積み重ねの上にある。未来志向に立ってしっかりと日本と世界の平和を築いていきたいという思いで参拝した」と説明した。「防衛大臣 稲田朋美」と記帳し、玉串料は私費で支払ったという。

 稲田氏は安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問に同行し、28日に帰国したばかり。稲田氏はこのことに触れ、「最もし烈に戦った日本と米国が今や最も強い同盟関係にある。真珠湾訪問も報告してきた」と語った。
 自衛隊の統率を含む防衛政策の担当閣僚が靖国神社を参拝したことで、安倍政権の右傾化を警戒する中韓両国を刺激したのは間違いない。特に、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射など挑発行為を繰り返す中、急務となっている韓国との連携強化に支障を来す恐れもある。

 これに関し、稲田氏は「いかなる歴史観に立とうとも、祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表するのはどの国でも理解していただけるものだ」と主張した。稲田氏の靖国参拝について、首相は神奈川県茅ケ崎市で「ノーコメントだ」と記者団に述べた。

 弁護士出身の稲田氏は保守的な政治信条で知られ、例年8月15日の終戦記念日などに合わせて靖国神社を参拝してきた。就任直後の今年は、アフリカ北東部のジブチでの自衛隊部隊視察を理由に参拝を見送っていた。(2016/12/29-17:36)



テレビ観てたら臨時ニュースのテロップが入って、何事だと思ったら、このニュースだった。

地震やテロでも起こったと心配したじゃねーか。こんなことでテロップ出すなや。


映画 稲田氏、政治信条を優先=遠のく中韓との防衛交流−靖国参拝

メモ  稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝した。中韓両国への配慮から、就任直後の終戦記念日の参拝は見送ったものの年内参拝にはこだわりを示し、保守的な自身の政治信条を優先させた格好だ。中韓両政府は早速反発。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応で不可欠な日韓防衛協力や中国との政治対話に支障が出れば、国益を損ねたとの批判を招く可能性もある。

 稲田氏は今年8月の防衛相就任後、靖国参拝に関し「心の問題だ。安倍内閣の一員として適切に判断し、行動する」と言い続けてきた。例年、8月15日の終戦記念日など歴史の節目に、自民党保守系議員の「伝統と創造の会」会長として参拝。今年の終戦記念日は海外視察の日程を入れ、参拝できない状況を自らつくったが、周辺によると年内参拝に意欲を示していたという。

 韓国政府は国内世論の根強い批判にもかかわらず、日本との間で11月に軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結しただけに、冷や水を浴びせられた形だ。協定締結を後押ししたのは、来年末までの核の弾頭化を目指しているとされる北朝鮮の脅威。協定運用に及ぼす影響について、日本の防衛省幹部は「計り知れない」と指摘した。

 中国軍空母の西太平洋進出が初めて明らかになるなど、同国が軍事力を誇示する中、自衛隊と中国軍の偶発的衝突を防ぐ海空連絡メカニズム構築も急務だが、防衛当局間で進む協議にも影響が出かねない。稲田氏は就任後5カ月近くたっても、中韓の国防相と会談するめどは立っておらず、両国との防衛交流は一段と遠のきそうだ。(2016/12/29-17:54)



マスコミうれしいんだねw 一斉に、『中韓がぁ』と報道してるもの。

「・・・の可能性がある」、「・・・の恐れもある」、「・・・への影響がありそうだ」と、あらゆる可能性を心配してくださってありがたいことでw


ちゅう禍の東シナ海での挑発にも、こういう配慮してくださいな。


映画 中韓が抗議=軍事情報協定運用に影響も−稲田防衛相の靖国参拝

メモ  政府は21日、原子力関係閣僚会議を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)のゅの周辺地域は原子力研究の拠点とする。 【北京、ソウル時事】稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝したことについて、中韓両政府は29日、「断固として反対する」(華春瑩・中国外務省副報道局長)などと批判するとともに、日本政府に抗議した。

 華氏は記者会見で「日本の侵略の歴史を美化する靖国神社を参拝したことは、日本の一部の人物の頑固な誤った歴史観を反映している。真珠湾(訪問)の『和解の旅』を大いなる皮肉にした」と批判。「侵略の歴史を正視し、深く反省し、歴史と未来に責任を負う態度で適切に対応するよう、日本の指導者に促す」と語った。この後、同省の肖千アジア局長が、在北京日本大使館の伊藤康一公使に抗議した。

 韓国外務省は29日、在韓日本大使館の丸山浩平総務公使を呼び、鄭炳元東北アジア局長が「強い遺憾と抗議の意」を伝えた。同省報道官は、記者会見で「日本の指導者が歴史を正しく直視し、真の反省を行動で示したときに、周辺国と国際社会の信頼を得られる」と主張。参拝は関係改善の努力に逆行し、不適切だと批判した。
 日韓両政府は11月末に、韓国世論の反発が強い軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結したばかりで、今後の運用に影響を及ぼす可能性もある。GSOMIAを締結した国防省は29日、靖国参拝に「慨嘆を禁じ得ない」とした上で、「深刻な憂慮と遺憾」を表明。在韓日本大使館の防衛駐在官を呼んで抗議した。

 韓国紙・朝鮮日報(電子版)は、稲田氏を「『女安倍』と呼ばれる安倍(晋三)首相の側近」と説明。聯合ニュースは、韓国世論が反発する中、対日関係改善の流れを考慮してGSOMIAが締結されたと指摘し、防衛相の参拝は「(他閣僚の参拝とは)深刻さの次元が違うというのが、政府の認識だ」と伝えた。(2016/12/29-18:37)



 日韓両政府は11月末に、韓国世論の反発が強い軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結したばかりで、今後の運用に影響を及ぼす可能性もある。



いわゆる慰安婦問題で、韓国が横紙破りしていることにはスルーするいっぽうで、こんなに心配して下さるなんて、エライ。



稲田氏のコメント
「いかなる歴史観に立とうとも、祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表するのはどの国でも理解していただけるものだ」



「いかなる歴史観に立とうとも、祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表するのは中韓を除いたどの国でも理解していただけるものだ」


が正しい。


それにしても、立て続けに関連記事を書いて、ホントに暇な時事ィだことw




k_line_a.gif


映画 稲田氏が靖国参拝=防衛相初、対中韓で影響も
 稲田朋美防衛相は29日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。防衛省によると、2007年1月の省昇格後、防衛相の靖国参拝は初めてで、担当閣僚としては02年8月15日の中谷元・防衛庁長官以来とみられる。中国、韓国両政府は稲田氏の対応を批判。北朝鮮の核・ミサイル開発をにらんだ韓国との防衛協力や、中国との防衛交流にも影響しそうだ。

 参拝後、稲田氏は記者団に「今の平和な日本は祖国のために命をささげられた方々の尊い命の積み重ねの上にある。未来志向に立ってしっかりと日本と世界の平和を築いていきたいという思いで参拝した」と説明した。「防衛大臣 稲田朋美」と記帳し、玉串料は私費で支払ったという。
 稲田氏は安倍晋三首相の米ハワイ・真珠湾訪問に同行し、28日に帰国したばかり。稲田氏はこのことに触れ、「最もし烈に戦った日本と米国が今や最も強い同盟関係にある。真珠湾訪問も報告してきた」と語った。
 自衛隊の統率を含む防衛政策の担当閣僚が靖国神社を参拝したことで、安倍政権の右傾化を警戒する中韓両国を刺激したのは間違いない。特に、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射など挑発行為を繰り返す中、急務となっている韓国との連携強化に支障を来す恐れもある。
 これに関し、稲田氏は「いかなる歴史観に立とうとも、祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表するのはどの国でも理解していただけるものだ」と主張した。稲田氏の靖国参拝について、首相は神奈川県茅ケ崎市で「ノーコメントだ」と記者団に述べた。
 弁護士出身の稲田氏は保守的な政治信条で知られ、例年8月15日の終戦記念日などに合わせて靖国神社を参拝してきた。就任直後の今年は、アフリカ北東部のジブチでの自衛隊部隊視察を理由に参拝を見送っていた。(2016/12/29-17:36)


映画 稲田氏、政治信条を優先=遠のく中韓との防衛交流−靖国参拝
 稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝した。中韓両国への配慮から、就任直後の終戦記念日の参拝は見送ったものの年内参拝にはこだわりを示し、保守的な自身の政治信条を優先させた格好だ。中韓両政府は早速反発。北朝鮮の核・ミサイル開発への対応で不可欠な日韓防衛協力や中国との政治対話に支障が出れば、国益を損ねたとの批判を招く可能性もある。
 稲田氏は今年8月の防衛相就任後、靖国参拝に関し「心の問題だ。安倍内閣の一員として適切に判断し、行動する」と言い続けてきた。例年、8月15日の終戦記念日など歴史の節目に、自民党保守系議員の「伝統と創造の会」会長として参拝。今年の終戦記念日は海外視察の日程を入れ、参拝できない状況を自らつくったが、周辺によると年内参拝に意欲を示していたという。
 韓国政府は国内世論の根強い批判にもかかわらず、日本との間で11月に軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結しただけに、冷や水を浴びせられた形だ。協定締結を後押ししたのは、来年末までの核の弾頭化を目指しているとされる北朝鮮の脅威。協定運用に及ぼす影響について、日本の防衛省幹部は「計り知れない」と指摘した。
 中国軍空母の西太平洋進出が初めて明らかになるなど、同国が軍事力を誇示する中、自衛隊と中国軍の偶発的衝突を防ぐ海空連絡メカニズム構築も急務だが、防衛当局間で進む協議にも影響が出かねない。稲田氏は就任後5カ月近くたっても、中韓の国防相と会談するめどは立っておらず、両国との防衛交流は一段と遠のきそうだ。(2016/12/29-17:54)


映画 中韓が抗議=軍事情報協定運用に影響も−稲田防衛相の靖国参拝
 【北京、ソウル時事】稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝したことについて、中韓両政府は29日、「断固として反対する」(華春瑩・中国外務省副報道局長)などと批判するとともに、日本政府に抗議した。

 華氏は記者会見で「日本の侵略の歴史を美化する靖国神社を参拝したことは、日本の一部の人物の頑固な誤った歴史観を反映している。真珠湾(訪問)の『和解の旅』を大いなる皮肉にした」と批判。「侵略の歴史を正視し、深く反省し、歴史と未来に責任を負う態度で適切に対応するよう、日本の指導者に促す」と語った。この後、同省の肖千アジア局長が、在北京日本大使館の伊藤康一公使に抗議した。
 韓国外務省は29日、在韓日本大使館の丸山浩平総務公使を呼び、鄭炳元東北アジア局長が「強い遺憾と抗議の意」を伝えた。同省報道官は、記者会見で「日本の指導者が歴史を正しく直視し、真の反省を行動で示したときに、周辺国と国際社会の信頼を得られる」と主張。参拝は関係改善の努力に逆行し、不適切だと批判した。
 日韓両政府は11月末に、韓国世論の反発が強い軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結したばかりで、今後の運用に影響を及ぼす可能性もある。GSOMIAを締結した国防省は29日、靖国参拝に「慨嘆を禁じ得ない」とした上で、「深刻な憂慮と遺憾」を表明。在韓日本大使館の防衛駐在官を呼んで抗議した。
 韓国紙・朝鮮日報(電子版)は、稲田氏を「『女安倍』と呼ばれる安倍(晋三)首相の側近」と説明。聯合ニュースは、韓国世論が反発する中、対日関係改善の流れを考慮してGSOMIAが締結されたと指摘し、防衛相の参拝は「(他閣僚の参拝とは)深刻さの次元が違うというのが、政府の認識だ」と伝えた。(2016/12/29-18:37)
posted by 金魚 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

昭和41年の全国戦没者追悼式

映画戦没者追悼式で「安倍カラー」 4年連続、加害言及せず

メモ  安倍晋三首相は71回目の終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で4年続けてアジア諸国への加害と反省に触れなかった。一方、昨年と同様に不戦の決意を表明。来年以降も同じ姿勢を堅持する構えで、歴代の首相と一線を画す「安倍カラー」を定着させる考えだ。

 追悼式は日本武道館(東京都千代田区)で開かれ、遺族ら5333人が参列。安倍首相は「皆様の尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを片時たりとも忘れない」と述べ、「戦争の惨禍を決して繰り返さない」という不戦の決意を強調した。

 アジア諸国への加害については、細川護熙首相が1993年に初めて「哀悼の意」を表明。翌年に村山富市首相が「深い反省」を加え、その後の歴代首相は踏襲してきた。2007年の第1次安倍政権では安倍首相も「我が国は、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と述べた。

 だが、第2次安倍政権発足後の13年夏に向け、安倍首相は「誰のため、何のために開く式なのか抜本的に考え直して欲しい」と官邸スタッフに指示。参列者が遺族中心のため「アジアへの謝罪はなじまない」(官邸幹部)として、加害や反省を消した。歴代首相が繰り返した「不戦の誓い」という表現もなくした。

 昨夏に有識者の意見を踏まえて閣議決定した戦後70年談話では、歴代内閣の方針を引用する形で「痛切な反省」などを盛り込んだ。その翌日の首相式辞は不戦の決意を復活させる一方、加害や反省には触れない形式とした。政府高官は今年の追悼式後、この形式を今後も続ける意向を示した。

 この日の追悼式では、正午の黙禱(もくとう)に続き、天皇陛下は「おことば」で昨年から使い始めた「深い反省」という表現を選び、「戦争の惨禍が再び繰り返されないこと」を切に願うと述べた。(久永隆一)



【 反省 】
1 自分のしてきた言動をかえりみて、その可否を改めて考えること。「常に反省を怠らない」「一日の行動を反省してみる」
2 自分のよくなかった点を認めて、改めようと考えること。「反省の色が見られない」「誤ちを素直に反省する」


オイラがやったわけじゃないから、反省する必要も資格もない。


「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」

って、談話出したんだから、加害や反省には触れない形式にしたのは当然の結果。


さて、


全国戦没者追悼式

日本国政府の主催で毎年8月15日に行われる、第二次世界大戦の戦没者に対して宗教的に中立な形で行われる追悼式。第1回の追悼式は、1952年(昭和27年)5月2日に実施された。


1952年(昭和27年)5月2日 第1回を新宿御苑にて政府主催で実施。
1959年(昭和34年)3月28日 第2回を千鳥ヶ淵戦没者墓苑で、その竣工式と併せて厚生省の主催で実施。
1963年(昭和38年)8月15日 日比谷公会堂で開催。以降毎年8月15日に行われるようになる。
1964年(昭和39年) 靖国神社で開催
1965年(昭和40年) 日本武道館で開催し、以後ここで行われる。
1982年(昭和57年) 8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることを閣議決定する。


靖国神社で開催されたこともあったのかー・・・そのまま続けていればよかったのにw


根拠規定

「全国戦没者追悼式の実施に関する件」(1952年(昭和27年)4月8日閣議決定)によれば、「平和条約の発効による独立に際し、国をあげて戦没者を追悼するため」に実施するとされた。

日本国との平和条約(第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国諸国と日本との間の戦争状態を終結させるために締結された平和条約)国際法上はこの条約の発効により日本と、多くの連合国との間の「戦争状態」が終結した。

主権回復・独立したために、戦没者の追悼を誰はばかることなくできるようになったはずだが・・・


   C12-g002.gif


「戦没者を追悼し平和を祈念する日」

なぜ、昭和57年にもなって、「平和を祈念する」という文言を入れてきたのか・・・。

【 祈念 】

神仏に、願いがかなうように祈ること。「世界の平和を祈念する」


ぷっ。


神仏に祈るのかよ。祈ると平和になんのか。


おめでてー国民だよね。


「「戦没者を追悼し平和を祈念する日」について」(1982年(昭和57年)4月13日閣議決定)
によれば「先の大戦において亡くなられた方々を追悼し平和を祈念するため、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」を設け」てその期日を8月15日とし、この日に政府は「昭和38年以降毎年実施している全国戦没者追悼式を別紙のとおり引き続き実施する」ものとしている。


別紙「全国戦没者追悼式の実施について」の内容は、以下の通り。
1.全国戦没者追悼式は天皇皇后両陛下の御臨席を仰いで毎年8月15日、日本武道館において実施する。
2.本式典における戦没者の範囲及び式典の形式は、1981年(昭和56年)の式典と同様とする。
3.本式典には、全国から遺族代表を国費により参列させる。
4.式典当日は官衙(が)等国立の施設には半旗を掲げることとし、地方公共団体等に対しても同様の措置をとるよう勧奨するとともに本式典中の一定時刻において全国民が一斉に黙祷するよう勧奨する。



 このあたりから、ゴメンナサイが始まったんすか?


昭和41年戦没者追悼式
 クリックしてね。

4分10秒あたりから、佐藤総理大臣式辞 必聴

11分ごろから天皇陛下のお言葉




昭和41年全国戦没者追悼式式辞

本日ここに天皇皇后両陛下のご臨席をいただき遺族ならびに各界の代表多数のご出席を得て全国戦没者追悼式を挙行致しますことはまことに意義深いことと存じます。

昭和20年8月15日、畏くも「万世のため太平を開かん」との聖慮にもとづき今次の大戦は非常の措置によって終局を迎えたのであります。まさに21年前の今日ではありますがその感慨はいまなお昨日のごとく新たなものがあります。

戦陣に職域にはたまた戦後異郷の地に倒れた300余万の同胞を思えばいまさらのごとく痛惜の思い誠に新たなるを禁じえません。
私心を捨てて一身を祖国に捧げた同胞の至情こそは永く我が国の歴史に書きとどめて後代に伝えられねばなりません。政府が年々この追悼の式典を行なう所以もまたここにあります。
戦後21年の今日、我が国が国民同胞の精励によって戦前をも凌ぐ素晴らしい経済成長を遂げていることは疑いない事実ではありますが、我が国を取り巻く世界の現状は極めて厳しい問題を随所にかかえており、しかも戦後の常として道義の低下・思想の混乱が国の内外を通ずる共通の悩みとなっていることも事実でありましょう。
いまこそこの混乱した現象の背後にあるものをしっかりと見極め、戦後の成果に驕ることなく思いを新たにしてさらに精神を引き締め全国民が心を一にして営々の努力を傾けねばならない時であります。
これこそ我が国が明日の世界に寄与する道でありまた同時に戦後同胞に応える我々の責務であると信じます。

終わりに臨み二十余年の歳月を経てなお変わることない戦没者遺族各位の心の奥に秘められた深い悲しみに対し心からご同情を申し上げ今後の平安を切に祈念するとともに、成人された若い遺族各位のご健闘を祈って止みません。

昭和四十一年八月十五日 内閣総理大臣 佐藤栄作




当初はこのように、真摯に戦没者の追悼を行っていたはずなのに・・・・・


いつから変質してしまったのか?

そして誰が変質させたのか?







k_line_c.gif

映画 戦没者追悼式で「安倍カラー」 4年連続、加害言及せず
 安倍晋三首相は71回目の終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で4年続けてアジア諸国への加害と反省に触れなかった。一方、昨年と同様に不戦の決意を表明。来年以降も同じ姿勢を堅持する構えで、歴代の首相と一線を画す「安倍カラー」を定着させる考えだ。

 追悼式は日本武道館(東京都千代田区)で開かれ、遺族ら5333人が参列。安倍首相は「皆様の尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを片時たりとも忘れない」と述べ、「戦争の惨禍を決して繰り返さない」という不戦の決意を強調した。

 アジア諸国への加害については、細川護熙首相が1993年に初めて「哀悼の意」を表明。翌年に村山富市首相が「深い反省」を加え、その後の歴代首相は踏襲してきた。2007年の第1次安倍政権では安倍首相も「我が国は、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と述べた。

 だが、第2次安倍政権発足後の13年夏に向け、安倍首相は「誰のため、何のために開く式なのか抜本的に考え直して欲しい」と官邸スタッフに指示。参列者が遺族中心のため「アジアへの謝罪はなじまない」(官邸幹部)として、加害や反省を消した。歴代首相が繰り返した「不戦の誓い」という表現もなくした。

 昨夏に有識者の意見を踏まえて閣議決定した戦後70年談話では、歴代内閣の方針を引用する形で「痛切な反省」などを盛り込んだ。その翌日の首相式辞は不戦の決意を復活させる一方、加害や反省には触れない形式とした。政府高官は今年の追悼式後、この形式を今後も続ける意向を示した。

 この日の追悼式では、正午の黙禱(もくとう)に続き、天皇陛下は「おことば」で昨年から使い始めた「深い反省」という表現を選び、「戦争の惨禍が再び繰り返されないこと」を切に願うと述べた。(久永隆一)



昭和41年全国戦没者追悼式式辞

本日ここに天皇皇后両陛下のご臨席をいただき遺族ならびに各界の代表多数のご出席を得て全国戦没者追悼式を挙行致しますことはまことに意義深いことと存じます。

昭和20年8月15日、畏くも「万世のため太平を開かん」との聖慮にもとづき今次の大戦は非常の措置によって終局を迎えたのであります。まさに21年前の今日ではありますがその感慨はいまなお昨日のごとく新たなものがあります。

戦陣に職域にはたまた戦後異郷の地に倒れた300余万の同胞を思えばいまさらのごとく痛惜の思い誠に新たなるを禁じえません。
私心を捨てて一身を祖国に捧げた同胞の至情こそは永く我が国の歴史に書きとどめて後代に伝えられねばなりません。政府が年々この追悼の式典を行なう所以もまたここにあります。
戦後21年の今日、我が国が国民同胞の精励によって戦前をも凌ぐ素晴らしい経済成長を遂げていることは疑いない事実ではありますが、我が国を取り巻く世界の現状は極めて厳しい問題を随所にかかえており、しかも戦後の常として道義の低下・思想の混乱が国の内外を通ずる共通の悩みとなっていることも事実でありましょう。
いまこそこの混乱した現象の背後にあるものをしっかりと見極め、戦後の成果に驕ることなく思いを新たにしてさらに精神を引き締め全国民が心を一にして営々の努力を傾けねばならない時であります。
これこそ我が国が明日の世界に寄与する道でありまた同時に戦後同胞に応える我々の責務であると信じます。

終わりに臨み二十余年の歳月を経てなお変わることない戦没者遺族各位の心の奥に秘められた深い悲しみに対し心からご同情を申し上げ今後の平安を切に祈念するとともに、成人された若い遺族各位のご健闘を祈って止みません。

昭和四十一年八月十五日 内閣総理大臣 佐藤栄作
posted by 金魚 at 22:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

夏の風物詩・・・今年も?

映画天皇陛下再び「深い反省」 戦後71年追悼式でお言葉

メモ 
 終戦から七十一年となった十五日、政府主催の「全国戦没者追悼式」が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、全国から集まった約五千人の遺族らが、約三百十万人の戦没者を悼み、平和への祈りをささげた。天皇陛下は、戦後七十年に当たる昨年に続き、お言葉で「深い反省」という表現を使い、不戦への強い思いを述べられた。

 天皇陛下は「終戦以来既に七十一年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられました」と、国民が戦後の平和をつむいできたことを強調。「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないこと」を切に願うと述べた。陛下にとって、生前退位の意向をにじませた「お気持ち」を公表後、皇居外で取り組む初めての公務となった。

 今年は、集団的自衛権の行使を柱とし、戦後日本のあり方を変質させる安全保障関連法が施行されてから初めての式典。安保法の本格的な運用や改憲論議の加速が見込まれる中、安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を決して繰り返さない」と述べた。ただ、第二次安倍政権発足後の二〇一三年以降、四年連続で、歴代首相が盛り込んできたアジアへの加害と反省には触れなかった。

◆象徴の務めを意識 歴史に向き合う強い思い

 天皇陛下は全国戦没者追悼式でのお言葉で、昨年に続き「深い反省」との表現を使われた。基本的な構成は二〇一四年までの定型的なものに戻ったが、先の大戦で三百十万人の日本人が犠牲となり、周辺諸国に多大な被害を与えた歴史に真摯(しんし)に向き合い、決して忘れてはならないという陛下の強い願いがうかがえる。

 昨年十二月の誕生日会見では「年々、戦争を知らない世代が増加していきますが、先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います」と語った。 「深い反省」は、こうした発言と同一線上にある。

 神戸女学院大学の河西秀哉准教授(日本近現代史)は「今年からまた定型表現に戻るだろうとは考えていた。ただ『深い反省』という四文字に日本の加害責任を含めて過去を忘れてはいけないという、陛下の思いを感じる。国民だけではなく、次世代の皇族にも自分の思いを共有してほしいと語り掛けているのではないか」と指摘した。 (小松田健一)



オイラはそんな思いを共有していないし、これからも共有するつもりもない。

勝手に忖度してるだけで、忖度する者の恣意があるのではないか。

風岡宮内庁長官の言を借りれば、

「象徴という立場の方が個人的な心情や思いを述べた」

っつうことに過ぎないんでしょ?


洋装と和装の組み合わせっておかしくね? どちらかに統一できんのかいな。


映画靖国集団参拝に約70人 超党派の議員連盟

メモ  超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参院議員)は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。議連事務局によると自民党、民進党、おおさか維新の会などの衆参両院議員約70人が参加した。

 自民党の古屋圭司選対委員長、民進党の羽田雄一郎元国土交通相らが参った。政府からは、岸信夫外務副大臣、水落敏栄文部科学副大臣らが参加した。

 参拝後、記者会見した尾辻氏は、終戦記念日に参拝しない方針の安倍晋三首相に関して「よほどの事情があると察するしかない。国益ということであれば、(遺族らに)理解してもらえるのではないかと思う」と述べた。

 議連は毎年、終戦記念日と4月の春季、10月の秋季例大祭に合わせて参拝している。昨年の終戦記念日には約70人が参加した。



今年も、超こっ恥ずかしい名前の団体が、参拝しましたぁ。


「よほどの事情があると察するしかない。国益ということであれば、(遺族らに)理解してもらえるのではないかと思う」

自民党議員のくせに、察するしかできないのかぁw

英霊に感謝の意と尊崇の念を捧げる以上の国益とは、金を稼ぐことかいな。


現在日中関係、日韓関係は良好ではなく、尖閣では中国の挑発行為が頻発し、竹島でも韓国の議員が上陸すると挑発している。
むしろ首相参拝の好機ではなかったか? 



映画高市総務相と丸川五輪相が靖国参拝

メモ  高市早苗総務相と丸川珠代五輪相は15日午後、終戦の日にあわせて東京・九段北の靖国神社を参拝した。両氏は閣僚の肩書で記帳し、私費で玉串料を納めた。高市氏は参拝後、記者団に「自国のために殉じた方々の慰霊のあり方は外交問題になるべきものではない」と話した。

 現職の閣僚では山本有二農相が6日、今村雅弘復興相が11日に参拝している。15日には萩生田光一官房副長官も参拝した。安倍晋三首相は西村康稔総裁特別補佐を通じて玉串料を奉納したが、参拝は見送った。


この人たちも、外務大臣や防衛相大臣になったら、自粛するんだろね。


「自国のために殉じた方々の慰霊のあり方は外交問題になるべきものではない」

ならば、なぜ総理大臣は参拝しない?

なぜ、防衛相大臣が逃亡する?


映画首相、靖国神社に玉串料奉納

メモ  安倍晋三首相は終戦記念日の15日、東京・九段北の靖国神社に自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。参拝せず、西村康稔・党総裁特別補佐が神社を訪れ、代わりに納めた。2013年の終戦記念日から4年連続で同様の対応となった。


国家の最高指導者が、国のために殉じた英霊の慰霊をせぬ国である。

国民の象徴たる存在も、国のために殉じた英霊の慰霊をせぬ国である。



『歴史認識と国のために殉じた方々を慰霊することは別問題である』 の一言すら言えぬ国である。


     普通の国には程遠いな。



金魚という名のブログ主が個人的な心情や思いを述べただけだぴょん。



k_line_c.gif


映画 天皇陛下再び「深い反省」 戦後71年追悼式でお言葉

 終戦から七十一年となった十五日、政府主催の「全国戦没者追悼式」が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、全国から集まった約五千人の遺族らが、約三百十万人の戦没者を悼み、平和への祈りをささげた。天皇陛下は、戦後七十年に当たる昨年に続き、お言葉で「深い反省」という表現を使い、不戦への強い思いを述べられた。


 天皇陛下は「終戦以来既に七十一年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられました」と、国民が戦後の平和をつむいできたことを強調。「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないこと」を切に願うと述べた。陛下にとって、生前退位の意向をにじませた「お気持ち」を公表後、皇居外で取り組む初めての公務となった。


 今年は、集団的自衛権の行使を柱とし、戦後日本のあり方を変質させる安全保障関連法が施行されてから初めての式典。安保法の本格的な運用や改憲論議の加速が見込まれる中、安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を決して繰り返さない」と述べた。ただ、第二次安倍政権発足後の二〇一三年以降、四年連続で、歴代首相が盛り込んできたアジアへの加害と反省には触れなかった。


 式典は遺族のほか、天皇、皇后両陛下、衆参両院議長ら各界の代表が参列。正午の時報に合わせ参列者が、戦死した軍人や軍属約二百三十万人と、空襲などで亡くなった民間人約八十万人の計三百十万人に黙とうをささげた。


 遺族らの献花を手伝う補助者は昨年まで厚生労働省の職員だったが、戦争の記憶を次世代に継承する観点から、今年は初めて戦没者のひ孫世代となる十〜十七歳の男女十四人が務めた。


 厚労省によると、遺族の高齢化で、参列遺族は減少傾向にある。戦後七十年で関心の高かった昨年は増えたが、今年は昨年を下回った。

◆象徴の務めを意識 歴史に向き合う強い思い


 天皇陛下は全国戦没者追悼式でのお言葉で、昨年に続き「深い反省」との表現を使われた。基本的な構成は二〇一四年までの定型的なものに戻ったが、先の大戦で三百十万人の日本人が犠牲となり、周辺諸国に多大な被害を与えた歴史に真摯(しんし)に向き合い、決して忘れてはならないという陛下の強い願いがうかがえる。


 生前退位の意向をにじませた「お気持ち」を公表した直後だけに内容に注目が集まっていた。「お気持ち」では、象徴の務めを果たす責任の重さを表現されており、今回のお言葉も象徴としての務めを意識した発言とみられる。


 戦後七十年の節目だった昨年は「さきの大戦に対する深い反省」と述べ、反省がさきの大戦に対するものであることが明示されていた。今年は「さきの大戦に対する」という言葉はなくなったものの、その前に「過去を顧み」という言葉が昨年同様使われており、「深い反省」がさきの大戦に対するものであることは明らかだといえる。


 陛下は今年一月、皇后さまと共にフィリピンを訪問した。出発前のあいさつで、日米両軍の激しい戦闘によって十万人のフィリピン人が犠牲となった「マニラ市街戦」に触れ、日本による加害に言及した。


 昨年十二月の誕生日会見では「年々、戦争を知らない世代が増加していきますが、先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います」と語った。「深い反省」は、こうした発言と同一線上にある。


 神戸女学院大学の河西秀哉准教授(日本近現代史)は「今年からまた定型表現に戻るだろうとは考えていた。ただ『深い反省』という四文字に日本の加害責任を含めて過去を忘れてはいけないという、陛下の思いを感じる。国民だけではなく、次世代の皇族にも自分の思いを共有してほしいと語り掛けているのではないか」と指摘した。 (小松田健一)


映画 靖国集団参拝に約70人 超党派の議員連盟
 超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参院議員)は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。議連事務局によると自民党、民進党、おおさか維新の会などの衆参両院議員約70人が参加した。.

 自民党の古屋圭司選対委員長、民進党の羽田雄一郎元国土交通相らが参った。政府からは、岸信夫外務副大臣、水落敏栄文部科学副大臣らが参加した。.

 参拝後、記者会見した尾辻氏は、終戦記念日に参拝しない方針の安倍晋三首相に関して「よほどの事情があると察するしかない。国益ということであれば、(遺族らに)理解してもらえるのではないかと思う」と述べた。.

 議連は毎年、終戦記念日と4月の春季、10月の秋季例大祭に合わせて参拝している。昨年の終戦記念日には約70人が参加した。


映画 高市総務相と丸川五輪相が靖国参拝
 高市早苗総務相と丸川珠代五輪相は15日午後、終戦の日にあわせて東京・九段北の靖国神社を参拝した。両氏は閣僚の肩書で記帳し、私費で玉串料を納めた。高市氏は参拝後、記者団に「自国のために殉じた方々の慰霊のあり方は外交問題になるべきものではない」と話した。

 現職の閣僚では山本有二農相が6日、今村雅弘復興相が11日に参拝している。15日には萩生田光一官房副長官も参拝した。安倍晋三首相は西村康稔総裁特別補佐を通じて玉串料を奉納したが、参拝は見送った。


映画 首相、靖国神社に玉串料奉納
 安倍晋三首相は終戦記念日の15日、東京・九段北の靖国神社に自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。参拝せず、西村康稔・党総裁特別補佐が神社を訪れ、代わりに納めた。2013年の終戦記念日から4年連続で同様の対応となった。高市早苗総務相、丸川珠代五輪相、萩生田光一官房副長官が参拝した。超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は集団参拝した。山本有二農相は記者会見で6日に参拝していたと明らかにした。

 靖国神社を繰り返し参拝してきた稲田朋美防衛相は13〜16日の日程で、海賊対処活動のため自衛隊を派遣しているジブチを訪問。15日の参拝は見送り。

posted by 金魚 at 17:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

どうした朝日。

映画靖国参拝「韓国の関与は内政干渉」 朴大統領の妹が発言

メモ 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の実妹、朴槿令(パククンリョン)氏(61)が日本による植民地支配などについて「天皇が謝罪したのに、なぜ首相が代わるたびに謝罪しろというのか」と述べた。聯合ニュースが30日、金浦空港で記者団に語ったとして報じた。韓国では、日本を擁護しているとして物議を醸している。

 聯合ニュースによると、槿令氏は首相らの靖国神社参拝について「先祖に過ちがあったからとして参拝もしないのは人の道に背くこと」「韓国が関与するのは内政干渉」などと話した。旧日本軍の慰安婦問題についても「苦痛を受けた方々については、韓国民が国内でお世話をしなければならない」とした。



てっきり、産経の記事かと思ったら、朝日だよ。がく〜(落胆した顔)


こんな記事書いて恥ずかしくねーのか。ブレてんのかw



あ、国内の反日煽りたいのね。


1645a52183df9667f0c72b8b229c6604.jpg
いやいや、全て日本が悪いんじゃよ。


河野.jpg
うううっ、申し訳ありませぬうぅっ。



0013155700074964s.jpg
合わせ技一本!



       bulls.gif



k_line_a.gif




映画 靖国参拝「韓国の関与は内政干渉」 朴大統領の妹が発言
2015年7月31日18時22分
 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の実妹、朴槿令(パククンリョン)氏(61)が日本による植民地支配などについて「天皇が謝罪したのに、なぜ首相が代わるたびに謝罪しろというのか」と述べた。聯合ニュースが30日、金浦空港で記者団に語ったとして報じた。韓国では、日本を擁護しているとして物議を醸している。

 聯合ニュースによると、槿令氏は首相らの靖国神社参拝について「先祖に過ちがあったからとして参拝もしないのは人の道に背くこと」「韓国が関与するのは内政干渉」などと話した。旧日本軍の慰安婦問題についても「苦痛を受けた方々については、韓国民が国内でお世話をしなければならない」とした。

 最大野党の新政治民主連合の院内報道官は31日、「大統領の実妹が、安倍政権の妄動をかばうことはありえないことだ」と批判した。

 朴槿恵大統領と槿令氏の関係は良好でないとも言われる。朴槿恵氏が与党セヌリ党非常対策委員長として先頭に立った2012年の総選挙で、槿令氏は同党以外から立候補。投票日直前に候補を辞退したものの、周囲を困惑させた。

 槿令氏は、日本の動画サイト「ニコニコ生放送」のインタビューで日本の謝罪は必要ないといった趣旨の発言をしたと韓国で伝えられた。このため、聯合ニュースなどの韓国メディアが空港で槿令氏を取材した。ニコニコ生放送は、槿令氏のインタビュー映像を4日午後10時から放映する。(ソウル=東岡徹)
posted by 金魚 at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

九仞の功を一簣に虧く ・・・ この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン!

映画「安倍首相はもう靖国に行かない」 高村氏「日中関係が進展すれば」中国要人に伝達

メモ  自民党の高村正彦副総裁が5月に訪中した際、中国側要人に「安倍晋三首相はもう靖国神社には行かないと思う」と伝えていたことが13日、分かった。


ハァ? がく〜(落胆した顔)



images.jpg            
結局は、われらに跪くのだ。





eb16316f.jpg
アゥゥゥ、信じて、アハーン、この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン!






オイラも号泣していいすか? 


この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン!





なんだって?.jpg
聞き間違いじゃないよね。               


           b_shibas.gif




k_line_a.gif

映画 「安倍首相はもう靖国に行かない」 高村氏「日中関係が進展すれば」中国要人に伝達
2014.7.13 18:41 [自民党]
 自民党の高村正彦副総裁が5月に訪中した際、中国側要人に「安倍晋三首相はもう靖国神社には行かないと思う」と伝えていたことが13日、分かった。

 高村氏は5月上旬、超党派の日中友好議員連盟会長として訪中、中国共産党序列3位の張徳江全国人民代表大会常務委員長らと会談した。

 どの要人に対してかは明らかにしていないが、高村氏は会談で「首脳会談が実現し、日中関係が進展すれば首相が靖国神社に行くことはないと思う。安倍首相が約束することではないが、私はそう思う」と指摘した。相手側は聞き置いたとの反応だったという。

 高村氏は張氏との会談では首相の靖国参拝に理解を求めた上で、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際の首脳会談を提案した。
posted by 金魚 at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

確かに嘆かわしいよね。

映画 安倍首相の靖国奉納「嘆かわしい」 韓国外務省が非難

メモ  安倍晋三首相が靖国神社の春季例大祭に合わせ供物を奉納したことに関し韓国外務省報道官は21日、「嘆かわしい」と安倍氏を非難する「論評」を発表した。供物奉納や閣僚の参拝について「歴代内閣の歴史認識を引き継ぐとした安倍首相自身の約束を破り、周辺国家間の信頼関係だけでなく地域の安定を損なう時代錯誤的な行為だ」と主張。



がく〜(落胆した顔) ほんとうに嘆かわしい。


映画 首相、靖国神社に供物 春季例大祭、参拝は見送り 米大統領来日へ配慮

メモ  安倍晋三首相は21日、東京・九段北の靖国神社で同日から始まった春季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」の名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。昨年末に参拝したばかりである上、23日に来日するオバマ米大統領が日本と中韓両国との関係悪化を懸念していることに配慮し、参拝は見送る方向だ。



やれやれ。


『日本のために命を犠牲にしたご英霊に尊崇の念を示すのは当然のこと』

なんて言って、結局はヘコヘコ周囲に媚びて中途半端・・・・・。


メモ 首相は昨年春と秋の例大祭でも真榊を奉納した。今回も同様の対応を取り、東京裁判のA級戦犯合祀を理由として靖国参拝に反対する中韓両国と、自らの支持基盤である保守層の双方に配慮する。


「真榊」奉納するだけで、まさかきたいに応えたなんて思ってるのかや。



k_line_c.gif

映画 安倍首相の靖国奉納「嘆かわしい」 韓国外務省が非難
2014.4.21 14:56 [日韓関係]
 安倍晋三首相が靖国神社の春季例大祭に合わせ供物を奉納したことに関し韓国外務省報道官は21日、「嘆かわしい」と安倍氏を非難する「論評」を発表した。供物奉納や閣僚の参拝について「歴代内閣の歴史認識を引き継ぐとした安倍首相自身の約束を破り、周辺国家間の信頼関係だけでなく地域の安定を損なう時代錯誤的な行為だ」と主張。

 安倍政権が掲げる積極的平和主義が「偽りのつくりもの」であると「満天下に知らしめたことを肝に銘じなければならない」としている。

 ただ、論評は韓国が歴史問題で日本を非難する際に度々発表する「声明」よりも格が低く、抑制的な扱いと言える。

 韓国政府は、最近新藤義孝総務相や古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相が参拝したことを批判するコメントを出したが、これらも表現は抑制的で、日韓関係の修復を促すオバマ米大統領が今週日韓を相次ぎ訪問することを意識しているもようだ。(共同)


映画 首相、靖国神社に供物 春季例大祭、参拝は見送り 米大統領来日へ配慮2014.4.21 09:49
 安倍晋三首相は21日、東京・九段北の靖国神社で同日から始まった春季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」の名で「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納した。昨年末に参拝したばかりである上、23日に来日するオバマ米大統領が日本と中韓両国との関係悪化を懸念していることに配慮し、参拝は見送る方向だ。

 田村憲久厚生労働相や伊吹文明、山崎正昭衆参両院議長、日本遺族会会長を務める尾辻秀久元厚労相も真榊を納めた。

 首相は昨年春と秋の例大祭でも真榊を奉納した。今回も同様の対応を取り、東京裁判のA級戦犯合祀を理由として靖国参拝に反対する中韓両国と、自らの支持基盤である保守層の双方に配慮する。

 閣僚の参拝について、首相は各自の判断に委ねており、12日には新藤義孝総務相、20日に古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相が、それぞれ参拝した。
posted by 金魚 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

時ぇ事ぇじぇ

映画 新藤総務相が靖国参拝=中韓、一層反発も

メモ  新藤義孝総務相は1日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。靖国神社には昨年12月26日に安倍晋三首相が参拝し、中韓両国から「侵略行為の美化」などと批判を招いたほか、日本に近隣国との関係改善を促している米国からも「失望」を表明されたばかり。閣僚の新たな参拝で、中韓が一段と反発を強めそうだ。



閣僚の新たな参拝で、中韓が一段と反発を強めそうだ。


期待を込めて書くなw


あの栗林忠道陸軍大将のご子孫が参拝することを批判できるバカがいるのかぁ?


メモ新藤氏は昨年の終戦記念日や春秋の例大祭にも参拝。初詣も靖国神社に訪れる意向を示していた。 


  当然至極、参拝しないほうが不自然だろうに。



戦前の国策通信社であった同盟通信社は終戦後、戦争責任でGHQによる解体を避けるため1945年(昭和20年)11月解散、共同通信社との2社に分割した。  by Wiki


国策通信社の反省のもとに、反日に転じたの?・・・・・



もしこれにまたアメリカが理不尽な対応したら、アメリカ大使館のFBはんぱないことになると予想。


              


k_line_a.gif

映画 新藤総務相が靖国参拝=中韓、一層反発も
 新藤義孝総務相は1日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。靖国神社には昨年12月26日に安倍晋三首相が参拝し、中韓両国から「侵略行為の美化」などと批判を招いたほか、日本に近隣国との関係改善を促している米国からも「失望」を表明されたばかり。閣僚の新たな参拝で、中韓が一段と反発を強めそうだ。

 新藤氏は参拝後、記者団に「戦争で命を落とした方々に尊崇の念を込めてお参りした。二度と戦争が繰り返されないよう平和の思いを新たにした」と述べた。中韓などの反発について「諸外国から声が出ていることに関しては、きちんと説明をしていく必要がある」との認識を示した。
 また、新藤氏は「自分の心の問題として私的な参拝をした」とし、玉串料は私費で払ったと説明。参拝に当たって、首相や菅義偉官房長官ら政権幹部には相談しなかったという。新藤氏は昨年の終戦記念日や春秋の例大祭にも参拝。初詣も靖国神社に訪れる意向を示していた。
 新藤氏の祖父は、太平洋戦争末期に硫黄島の戦いを指揮した栗林忠道陸軍大将で、靖国神社に祭られている。 (2014/01/01-17:48)
posted by 金魚 at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

年内ギリギリの言い訳

映画 米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」

メモ  アメリカの国務省は、安倍総理の靖国参拝後に「失望した」とするコメントを発表したことについて、靖国参拝そのものではなく、近隣諸国との関係悪化に懸念を表明したと強調しました。

 安倍総理の靖国参拝後初めてとなる国務省の会見では、参拝直後に国務省が出したコメントの「失望」という表現に対して質問が集中しました。

Q.失望という言葉は靖国参拝についてのものか?それとも参拝で中国や韓国が反発するという結果に対してのものか?

「日本の指導者の行動で近隣諸国との関係が悪化しかねないことに対するもので、それ以上言うことはありません」(ハーフ副報道官)

 ハーフ副報道官はこのように述べ、「失望」という言葉は参拝そのものではなく、中国や韓国との関係悪化を懸念したものと強調しました。

 「失望」という表現については、アメリカの一部の有識者から「戦没者の追悼方法を他の国がとやかく言うべきではない」という指摘が上がっており、この日の会見では、改めて、靖国参拝そのものに論評を加えたものではなく、同盟国としての日本との友好関係には変わりがないと強調しました。




アメリカ大使館のFBには、相当の抗議が書きこまれたそうだから



k_line_c.gif


映画 米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」 TBS系(JNN) 12月31日(火)12時5分配信
 アメリカの国務省は、安倍総理の靖国参拝後に「失望した」とするコメントを発表したことについて、靖国参拝そのものではなく、近隣諸国との関係悪化に懸念を表明したと強調しました。

 安倍総理の靖国参拝後初めてとなる国務省の会見では、参拝直後に国務省が出したコメントの「失望」という表現に対して質問が集中しました。

Q.失望という言葉は靖国参拝についてのものか?それとも参拝で中国や韓国が反発するという結果に対してのものか?
 「日本の指導者の行動で近隣諸国との関係が悪化しかねないことに対するもので、それ以上言うことはありません」(ハーフ副報道官)

 ハーフ副報道官はこのように述べ、「失望」という言葉は参拝そのものではなく、中国や韓国との関係悪化を懸念したものと強調しました。

 「失望」という表現については、アメリカの一部の有識者から「戦没者の追悼方法を他の国がとやかく言うべきではない」という指摘が上がっており、この日の会見では、改めて、靖国参拝そのものに論評を加えたものではなく、同盟国としての日本との友好関係には変わりがないと強調しました。(31日09:12).
最終更新:12月31日(火)19時40分
posted by 金魚 at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

いいかげんにシナさい

映画 靖国、外交配慮を69% 首相参拝、批判が上回る

メモ 共同通信社が28、29両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、安倍晋三首相による靖国神社参拝に関連して、外交関係に「配慮する必要がある」との回答が69・8%と、「配慮する必要はない」の25・3%を大きく上回った。中韓両国や米国など国際社会が厳しく反応していることに有権者が憂慮している状況が浮き彫りになった。


まぁた、作為的なアンケート作っているんだろう。

外交関係に「配慮する必要はない」より「配慮する必要がある」の方を選ぶのは当たり前だろうに。


メモ 首相参拝について「よかった」との回答は43・2%だったのに対し、「よくなかった」は47・1%と、批判的な意見が多かった。


ハァ?


首相の参拝支持は8割超えだと言っとろーが パンチ
bye2.gif


『47ニュース』 って、何て読むのか判らなかったんだけど、


『シナ ニュース』 だったのかぁ。ひらめき


するってえとなにかい、くまさん、


共同通信ってえのは、産党志通信なのかい? 



images.jpg            
その通り、日本のマス・メディアは我々の走狗だ。


             
今年こんな記事で終わっちまうのかぁ 
              


k_line_a.gif


映画 靖国、外交配慮を69% 首相参拝、批判が上回る 
 共同通信社が28、29両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、安倍晋三首相による靖国神社参拝に関連して、外交関係に「配慮する必要がある」との回答が69・8%と、「配慮する必要はない」の25・3%を大きく上回った。中韓両国や米国など国際社会が厳しく反応していることに有権者が憂慮している状況が浮き彫りになった。

 首相参拝について「よかった」との回答は43・2%だったのに対し、「よくなかった」は47・1%と、批判的な意見が多かった。安倍内閣の支持率は55・2%と、横ばい。
2013/12/29 19:45 【共同通信】
posted by 金魚 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

アンケートなら負けへんで

映画 75%が「対日強硬」支持=靖国参拝でアンケート−中国紙

imagesCAUPRS3P.jpg
メモ 【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は28日、安倍晋三首相の靖国神社参拝に対し、7割近い市民が「怒りを覚える」としたアンケート結果を報じた。対抗措置については、約4分の3が尖閣諸島やその他の問題で「対日強硬」を続けるとの回答を選んだ。



ケッ、75パーセントがどうしたってんだ。

   
首相の参拝支持は8割超えだァ パンチ
bye2.gif


おととい来いやぁ!



k_line_a.gif

映画 75%が「対日強硬」支持=靖国参拝でアンケート−中国紙
 【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は28日、安倍晋三首相の靖国神社参拝に対し、7割近い市民が「怒りを覚える」としたアンケート結果を報じた。対抗措置については、約4分の3が尖閣諸島やその他の問題で「対日強硬」を続けるとの回答を選んだ。
 アンケートは27日、北京など7都市の18歳以上を対象に実施され、有効回答は1077。
 それによると、参拝に対し「非常に怒りを覚える」または「怒りを覚える」が計69.1%。対抗措置(複数回答可)では「対日強硬」(74.6%)に続き、「靖国神社に資金援助している日本企業や団体に制裁を実施する」(67.7%)「安倍首相を入国禁止にする」(59.9%)などが並んだ。
 対立の続く両国関係については、65.2%が「5年以内の(緊張)緩和は難しい」とし、「10年以内」も17.8%に上った。
 一方、同紙は社説で、全世界に安倍首相の「悪事」を宣伝し、首相と日本に面目を失わせることなどを提案している。 (2013/12/28-16:56)
posted by 金魚 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

毎日も必死

映画 安倍首相:年内の靖国神社参拝見送り…外交への影響考慮か

メモ  26日に政権発足1年を迎える安倍晋三首相が、年内の靖国神社参拝を見送る見通しになった。
 首相は昨年の自民党総裁選の際、2006〜07年の第1次内閣で参拝しなかったことを「痛恨の極み」と述べたが、政権発足後は自重してきた。中国、韓国との関係改善のめどが立たない中で参拝を急げば国内外の批判を招きかねず、今後も慎重にタイミングを探るとみられる。

 政府関係者は24日、「行く気配はないし、この時期に行ってもいいことは何もない」と指摘した。菅義偉官房長官も首相の参拝には慎重だという。



あ、これ、25日付の記事です、念のためw

もう、ネットでさらされ笑われちゃったから、削除しないらしい。



映画 首相靖国参拝:政府は対日批判も抗議行動は見られず 中国

メモ  【北京・工藤哲、上海・隅俊之】安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、中国政府は27日も対日批判を続けた。ただ、中国内で抗議行動などは確認されず、昨年9月の日本政府による尖閣諸島国有化のときに比べ、国民は落ち着いているようだ。インターネット上には、理性的な対応を呼び掛ける中国人の意見も書き込まれている。



マジで書いているのかぁ・・・全部官制デモや暴動なんだから、落ち着いているも何もないだろうに。


尖閣は、将来にわたる国家権益、金の問題w

靖国参拝は、日本の譲歩を引き出したり牽制するための外交カードにすぎない。そして国民の目を外に向けさせるためのもの。


毎日が煽っているから、反応しなきゃ悪いしw



               dojos.gif           
中韓じゃもう読者が飽きちゃったから、朝日も毎日もアメリカの反応を大きく扱ってはしゃいでるのー。


毎日の記事見出し。

安倍首相:靖国参拝 米、アジア戦略練り直しへ 自粛要求無視に「失望」 (2013年12月27日)
安倍首相:靖国参拝 広がる波紋 欧米主要メディア「中韓との関係、さらに悪化」 (2013年12月27日)
安倍首相:靖国参拝 広がる波紋 EU外相「建設的でない」 (2013年12月27日)
安倍首相:靖国参拝 米の懸念を無視 対日評価一変か (2013年12月27日)
安倍首相:靖国参拝 日米同盟に波紋 米、異例の強い表現 (2013年12月27日)
安倍首相:靖国参拝 対米関係に悪影響 (2013年12月26日)





k_line_c.gif


映画 安倍首相:年内の靖国神社参拝見送り…外交への影響考慮か
毎日新聞 2013年12月25日 07時04分
 26日に政権発足1年を迎える安倍晋三首相が、年内の靖国神社参拝を見送る見通しになった。

 首相は昨年の自民党総裁選の際、2006〜07年の第1次内閣で参拝しなかったことを「痛恨の極み」と述べたが、政権発足後は自重してきた。中国、韓国との関係改善のめどが立たない中で参拝を急げば国内外の批判を招きかねず、今後も慎重にタイミングを探るとみられる。

 政府関係者は24日、「行く気配はないし、この時期に行ってもいいことは何もない」と指摘した。菅義偉官房長官も首相の参拝には慎重だという。

 首相は就任後、4月の春季例大祭、8月の終戦記念日、10月の秋季例大祭とも参拝せず、真榊(まさかき)と呼ばれる供え物や玉串料の奉納にとどめた。自民党の萩生田光一総裁特別補佐は秋季例大祭最終日の10月20日、「(首相は)就任1年の中でその姿勢を示されると思う」と年内参拝の可能性に言及していた。

 しかし、中韓との首脳会談は第2次内閣の1年目には実現せず、中国が東シナ海上空に防空識別圏を設定したことで、東アジアに新たな緊張状態が生じている。安倍政権としては、防空識別圏問題で連携する米国にも配慮する必要がある。

 こうした中、首相は今月9日の記者会見で「国のために命をささげた方々に尊崇の念を表することは当然」と在任中の参拝に改めて意欲を示す一方で「(参拝が)政治問題、外交問題化することは避けるべきだというのが私の考えだ」とも語った。

 一方、首相の支持基盤の保守層には参拝への期待が根強い。

 自民党内には「首相が長期政権を目指すなら、コアな支持層をつなぎとめなければならない。無党派層の支持は経済状況しだいで変わる」(幹部)との声もある。4月と8月に参拝した稲田朋美行革担当相は24日の記者会見で「在任期間中には必ず、靖国を参拝されると思う」と述べた。

 政府は26日に前倒しで今年最後の閣議を開催。首相は仕事納めの27日、被災地訪問を検討している。【村尾哲】



映画 首相靖国参拝:政府は対日批判も抗議行動は見られず 中国
毎日新聞 2013年12月27日 20時15分(最終更新 12月27日 21時47分)
 【北京・工藤哲、上海・隅俊之】安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、中国政府は27日も対日批判を続けた。ただ、中国内で抗議行動などは確認されず、昨年9月の日本政府による尖閣諸島国有化のときに比べ、国民は落ち着いているようだ。インターネット上には、理性的な対応を呼び掛ける中国人の意見も書き込まれている。

 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は27日の定例会見で「自己の歴史と向き合わず、(相手国の)人を正視しないで、どうして国際社会や人を信頼させられるのか」と非難。さらに「人類の良知を踏みにじれば、隣国関係の譲れない一線に触れる。我々はとことん対決する」と強調した。

 ただ、国内は平静を保っている。昨年の尖閣諸島国有化の当時は、当日に山東省威海市で約700人規模の反日デモが発生。その後、日本大使館などで小規模な抗議が断続的に起き、各地に拡大した。

 今回は「北京の日本大使館前で27日午後、抗議行動をするとインターネットで呼び掛けられた」との情報が流れたものの予告時間帯に動きはなかった。

 河北省保定市に住むという主催関係者の男性は、毎日新聞に対し「多くの仲間が当局関係者の制約を受け、実行できなかった。計画はあるが、いつやるか未定だ」と話した。

 国有化直前には、当時の温家宝首相が「絶対に半歩も譲歩しない」と日本を批判するなど、最高指導部の政治局常務委員が抗議の意思を明確にしたが、今回は王毅外相による批判にとどまっている。

 中国では、デモなどの抗議行動に当局の意向がある程度反映されるとみられている。当局は現時点では過激な動きを抑え、日本側の今後の出方を見極めている模様だ。

 一方、ネット上では「不買運動で失業するのは中国人」「冷静に理性的に愛国心を示すべきだ。極端な方法で愛国心を示す必要はない」などの意見が目立っている。

 中国版ツイッター「微博」では「中国人は過去のように興奮して怒る必要はない。安倍首相は中国の指導者と会うことを希望しているが、私たちは会わないし、焦らせればよい。(暴力ではなく)圧力で日本に変化を促すべきだ」などと、過激な行動を否定する意見が多くの賛同を集めている。

 靖国参拝の26日は、新中国の建国の父、毛沢東の生誕120年で、習近平国家主席ら政治局常務委員7人が毛主席記念堂を訪ね、功績をたたえた。だが、毛沢東は自らが主導した文化大革命で多数の犠牲者を出している。「安倍首相は(A級戦犯が合祀<ごうし>された)靖国で拝み、中国の指導者も毛沢東を拝んだ。少数の人間が間違いを犯し、大多数の人間が被害者なのに、お互いの国で拝んでいる」といった冷めた見方もあった。
posted by 金魚 at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

この年の瀬に・・・靖国参拝かよ

映画 安倍首相の靖国参拝、国際社会に波紋 韓国は怒りと戸惑い、中国は猛反発、米国は「失望」

メモ  「どうしてこうなるのかわからない」「努力が水の泡になる」――NHKが伝えた、韓国外務省関係者の発言だ。2013年12月26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は、国際社会には波紋を広げた。

予想されたことだが、中国も激しく反発、米国もこれまでに例がないトーンで「失望」を口にした。



予想されたことなら、ええやんかいい気分(温泉)



>「どうしてこうなるのかわからない」「努力が水の泡になる」――NHKが伝えた、韓国外務省関係者の発言だ。


ハァ? がく〜(落胆した顔)

韓国が、日韓関係改善のために何か努力したかぁ?

   
    テキトーなこと垂れ流してるんじゃねーぞ、NHK。


小泉首相が参拝したのに続いて参拝続けていれば、こんなにごたごたせずに済んだのに・・・


   まあ、責任果たしてけじめつければよろし。


しかし、どうしてまた毛沢東の誕生日を選んだの?


    中国になんか、配慮 梨汁ブシャー! なの?

   尖閣でいろいろあったので、倍返し なの?

どうせなら、例大祭に行けばよかったのにねぇ。

   韓国のことなどなんもおもてなし汁ブシャー!?



9時のNHKニュースで、否定的な街頭の声拾っていたけど、

        NHK、ネガキャンがんがんやるなぁw
               

J-CASTニュース記事下のアンケート結果、首相の参拝支持8割超えw

k_line_a.gif




映画 安倍首相の靖国参拝、国際社会に波紋 韓国は怒りと戸惑い、中国は猛反発、米国は「失望」2013/12/26 19:02
「どうしてこうなるのかわからない」「努力が水の泡になる」――NHKが伝えた、韓国外務省関係者の発言だ。2013年12月26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝は、国際社会には波紋を広げた。

予想されたことだが、中国も激しく反発、米国もこれまでに例がないトーンで「失望」を口にした。

毛沢東の誕生日に「最大の侮辱」


産経新聞は「号外」で参拝のニュースを伝えた

「中国政府は、中国及びその他のアジア被害国の国民感情を横暴に踏みにじり、歴史の正義と人類の良識に公然と挑戦した日本の指導者の行為に対し、強烈な憤慨を表明し、日本側に強烈な抗議と激しい非難を表明する」(人民網日本版より)

中国外務省スポークスマンは、26日午前中に抗議声明を発表した。「参拝へ」の第一報が流れたのが午前10時過ぎ、実際に首相が靖国に到着したのが11時30分ごろだから、その素早さがわかる。

ちょうど、12月26日は毛沢東の誕生日だ。複数の中国メディアは「毛沢東生誕120年の日に参拝」などとこの符合を報じており、北京在住だというある微博(ウェイボー)ユーザーも、

「(毛沢東誕生日の靖国参拝は)中国人民にとって最大の挑戦であり、万億の中国熱血青年への最大の侮辱だ!」

と怒りをあらわにする。

一方の韓国政府も午後に入り、

「我が政府は怒りと慨嘆を禁じることができない」
「韓日関係はもちろん、北東アジアの安定と協力を根本から傷つける時代錯誤的行為」

との声明を発表した。対日問題としては異例の、外務省としてではなく「一段上」の政府スポークスマンからの発表であり、韓国側としては「最高水準の強硬対応」だ。

「どうせ関係改善できないなら…」

一方で韓国側からは、冒頭に引用した関係者発言のように「なぜ今……」との戸惑いの声も聞かれる。歴史問題はあるにせよ、安倍政権は韓国との対話を求めるスタンスを取っており、一時は韓国メディアからも朴槿恵大統領に日本への「融和」を求める声が高まっていた。また南スーダンでの「銃弾提供」の一件も、日本からのシグナルと受け止める向きもあった。

しかし結果的には、韓国政府が外交ルートを通じて日本側の「政治利用」に遺憾の意を伝えるなど、両者の思惑はすれ違いに。韓国のテレビ局YTNなどは、

「銃弾を提供したことに対し、韓国がありがたがるどころか『積極的平和主義』の宣伝として不快感を示したことも、今回の参拝に影響を及ぼした」

との見方もある、と報じている。

「しっかりと説明して、誤解を解いていきたい」

そんな中で米国は、かなり冷ややかな視線を安倍政権に向ける。

在日米国大使館は26日午後に発表した声明で、

「日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」

として、「disappointed(失望)」との表現で今回の参拝を論評した。米国が以前から首相の靖国参拝に否定的な立場を取っていることは知られていたが、公式に批判するのは極めて異例と言っていい。

国内でも、「首相の政治判断として正しかったとは思えない」(朝日新聞夕刊)などと否定的な声と、「内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい」(産経新聞号外)がぶつかり合っている。

当の安倍首相だが、「中国や韓国の人々を傷つけるつもりはない」と悠然と繰り返し、米国についても、

「さまざまな誤解があるのも事実であり、特に近年、その誤解がだいぶ増幅をされてまいりました。ですから、むしろこの機に、黙ってそれをやり過ごすのではなくて、しっかりと説明していくことによって、誤解を解いていきたいと思います」(午後の自民党インターネット番組で)

と語るなど、「説得」に自信を示してみせた。
posted by 金魚 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

アベノミオクリス・4

映画 「首相年内に靖国参拝」 側近の自民・萩生田氏



メモ 自民党の萩生田光一総裁特別補佐は20日、安倍晋三首相(党総裁)が就任1年となる12月末までに靖国神社を参拝するとの見方を示した。都内で記者団に「首相は繰り返し、靖国への思いは変わらないと発言している。1年間という時間軸の中で必ず参拝すると思う」と語った。

 同時に「一部の人は『任期中に行けばいい』と言うが、そうではなくて1年に1度(参拝すべき)だ」とした。根拠に関して「ずっと一緒にいて、そう信じている」と述べた。




12月末までに?   


まさか、12月31日に行くんじゃないだろね?



中韓には、「初詣です。」

国民には、「平成25年と26年、2年行きますた。モバQ

とか。


「一部の人は『任期中に行けばいい』と言うが、そうではなくて1年に1度(参拝すべき)だ」


そのとおりだが・・・・・


根拠に関して「ずっと一緒にいて、そう信じている」


「信じている」が根拠になるんかい。がく〜(落胆した顔)


12月8日に参拝したら、角立つでしょ。


        【 たぶん、年内はないねん 】



k_line_c.gif

映画 「首相年内に靖国参拝」 側近の自民・萩生田氏
 自民党の萩生田光一総裁特別補佐は20日、安倍晋三首相(党総裁)が就任1年となる12月末までに靖国神社を参拝するとの見方を示した。都内で記者団に「首相は繰り返し、靖国への思いは変わらないと発言している。1年間という時間軸の中で必ず参拝すると思う」と語った。

 同時に「一部の人は『任期中に行けばいい』と言うが、そうではなくて1年に1度(参拝すべき)だ」とした。根拠に関して「ずっと一緒にいて、そう信じている」と述べた。

 首相が中国や韓国に配慮して参拝を見送っているとの指摘には「配慮の上で参拝せずに首脳会談が実現すれば、参拝しないとの前提条件を付けた会談になる。それは首相の望むところではない」と反論した。

 萩生田氏は首相側近で、8月の終戦記念日には首相が私費で出した玉串料を靖国神社に納めた。
posted by 金魚 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

アベノミオクリス・3

映画 靖国参拝見送った首相「任期中に絶対行きたい」

メモ
 安倍首相が17日から始まった靖国神社の秋季例大祭に合わせた参拝を見送り、真榊まさかきの奉納にとどめた。

 ただ、首相は周囲に任期中の靖国神社参拝に向けた意欲を漏らしている。

 17日午前6時に開門した靖国神社の本殿前には、「内閣総理大臣 安倍晋三」と記された真榊が供えられた。首相が奉納したもので、4月の春季例大祭の際と同じ対応だ。首相が今回も真榊奉納で対応することを決断したのは、台風で各地に被害が出た16日のことだ。

 首相は、2006年発足の第1次内閣当時、小泉政権時代に靖国問題で傷ついた日中関係を立て直すため、靖国神社に参拝しなかった。首相は当時の対応を「痛恨の極み」と悔やみ、再登板直前の昨年10月の秋季例大祭に参拝、首相就任後も参拝の機会をうかがってきた。

 ただ、現在の中韓との関係は第1次内閣当時より悪化し、両国と日本の首脳会談すら開かれていない。首相は、首脳会談を開かない口実に靖国神社参拝を利用されることを警戒し、今回も参拝を見送ったとみられる。台風被害が大きく、その対応にあたる必要性が出てきたことも影響した。

 首相は今後の靖国神社参拝について、中韓両国の反応なども注意深く見守る方針だ。首相は「任期中には絶対、靖国に行きたい」と周囲に漏らしており、今後参拝に踏み切る可能性がある。菅官房長官も17日のフジテレビ番組で、首相の靖国参拝について「全く気持ちは当初から、変わってないだろう」と述べ、任期中の参拝に含みを持たせた。



言いわけばっか・・・・・


「参拝の機会をうかがってきた」
って、ホームスチールでもやるつもりか?w

台風被害が大きく、その対応にあたる必要性が出てきたことも影響した。
た、台風のせいに・・・がく〜(落胆した顔)

>「任期中には絶対、靖国に行きたい」
夏休み中に海に行きたいって言うこどもかw





やれやれ。


バッド(下向き矢印) 6年前から、全く進歩してない。がく〜(落胆した顔)

ま〜た靖国問題?

総理大臣の靖国参拝は、
『 国家の最高指導者が戦死者・殉死者を慰霊し名誉を与える 』
という目的のはず。
靖国参拝自体を目的にするから、本末転倒の情けない行動になる。



国のために戦った方々、倒れた方々に感謝と尊崇の念を表し、手を合わせ、ごめい福をお祈りをする

のではなかったか。


   数年に一回だけ行なって、何の意味がある?

   おまいの自己満足のために参拝をするつもりか?





バッド(下向き矢印) これは、7年前の記事。がく〜(落胆した顔)

きちっと、靖国参拝問題


1国家に軍事力(つまりは軍隊)は必要不可欠

2これに殉じた方々を国家が顕彰し、元首あるいは最高指導者をはじめ、政治家そして国民が感謝と尊崇の念を表す。

普通のまともな国と国民なら、これが問題というより、議論の対象になるはずがない。そもそも、軍人そのものが国民に尊敬されている。

国民に無視され、軽蔑され、非難されて、どうして国家のため・国民のために殉ずることができるのか?





『靖国問題』のジャンル記事は、53にもなります。

靖国神社参拝者『二十万五千人』の衝撃

ここでまた靖国問題


あの頃は、いろいろ記事を書いていたんだなぁ。 (遠い目)



映画 「首相参拝」47%肯定=時事世論調査

メモ  時事通信が11〜14日に行った世論調査で、17日からの秋季例大祭に合わせた安倍晋三首相の靖国神社参拝の是非を聞いたところ、「参拝してもよい」は47.8%で、「見送った方がよい」の38.3%を上回った。
 首相は春季例大祭と同様、祭具の真榊(まさかき)を奉納。中国や韓国との関係を考慮し、20日までの秋季例大祭期間中の参拝は見送る意向を固めているが、国民の間では首相参拝に肯定的な意見が強いようだ。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は63.9%。 
(2013/10/18-15:43)


朝日、毎日、東京が、あれだけプロパガンダしても、国民は支持しているぞw


映画 中韓・米国に配慮か? 安倍首相が靖国参拝を見送った理由とは=米紙

メモ 安倍首相は2012年12月の就任前、2006〜20007年の前回在任期間中に靖国神社参拝をしなかったことが悔やまれると発言し、再び首相になった暁には、靖国神社に必ず参拝をする、と公言していた。


>再び首相になった暁には、靖国神社に必ず参拝をする、と公言していた。


公言  広言または巧言



k_line_a.gif

映画 靖国参拝見送った首相「任期中に絶対行きたい」
 安倍首相が17日から始まった靖国神社の秋季例大祭に合わせた参拝を見送り、真榊まさかきの奉納にとどめた。

 ただ、首相は周囲に任期中の靖国神社参拝に向けた意欲を漏らしている。

 17日午前6時に開門した靖国神社の本殿前には、「内閣総理大臣 安倍晋三」と記された真榊が供えられた。首相が奉納したもので、4月の春季例大祭の際と同じ対応だ。首相が今回も真榊奉納で対応することを決断したのは、台風で各地に被害が出た16日のことだ。

 首相は、2006年発足の第1次内閣当時、小泉政権時代に靖国問題で傷ついた日中関係を立て直すため、靖国神社に参拝しなかった。首相は当時の対応を「痛恨の極み」と悔やみ、再登板直前の昨年10月の秋季例大祭に参拝、首相就任後も参拝の機会をうかがってきた。

 ただ、現在の中韓との関係は第1次内閣当時より悪化し、両国と日本の首脳会談すら開かれていない。首相は、首脳会談を開かない口実に靖国神社参拝を利用されることを警戒し、今回も参拝を見送ったとみられる。台風被害が大きく、その対応にあたる必要性が出てきたことも影響した。

 首相は今後の靖国神社参拝について、中韓両国の反応なども注意深く見守る方針だ。首相は「任期中には絶対、靖国に行きたい」と周囲に漏らしており、今後参拝に踏み切る可能性がある。菅官房長官も17日のフジテレビ番組で、首相の靖国参拝について「全く気持ちは当初から、変わってないだろう」と述べ、任期中の参拝に含みを持たせた。

(2013年10月18日07時38分 読売新聞)


 今年ではなく、2007年の記事

映画 <靖国神社>首相が春季例大祭に「内閣総理大臣」名で供え物
5月8日8時8分配信 毎日新聞
 安倍晋三首相が先月下旬の靖国神社春季例大祭に「内閣総理大臣」名で供え物を奉納したことが7日、分かった。政府関係者が「玉ぐし料のような供え物だと聞いている」と明らかにした。
 首相は靖国神社参拝について「国のため戦った方々のご冥福を祈り、尊崇の念を表する気持ちは持ち続けたい。一方、外交・政治問題になっている以上、(参拝に)行く行かないは言うべきではないと思う」と語っており、参拝の有無は明言しない方針を示している。



映画 「首相参拝」47%肯定=時事世論調査
 時事通信が11〜14日に行った世論調査で、17日からの秋季例大祭に合わせた安倍晋三首相の靖国神社参拝の是非を聞いたところ、「参拝してもよい」は47.8%で、「見送った方がよい」の38.3%を上回った。
 首相は春季例大祭と同様、祭具の真榊(まさかき)を奉納。中国や韓国との関係を考慮し、20日までの秋季例大祭期間中の参拝は見送る意向を固めているが、国民の間では首相参拝に肯定的な意見が強いようだ。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は63.9%。 (2013/10/18-15:43)



映画 中韓・米国に配慮か? 安倍首相が靖国参拝を見送った理由とは=米紙
 安倍晋三首相は17日、秋季例大祭に合わせた靖国神社への参拝見送りを決めた。参拝の見送りは、春季例大祭、終戦記念日に続き、今年に入って3度目だ。神社によると、それに代わり、「真榊(まさかき)」という供物を、内閣総理大臣名で、私費で奉納したようだ。前日に納められた真榊料は5万円だという。

 田村憲久厚生労働大臣も同様に真榊を奉納した。

 加藤勝信内閣官房副長官は17日、靖国神社参拝に関して、国のために亡くなった人々に尊敬を示すのは自然なことだとし、「しかし、首相と厚労省大臣の個人的な行動に特に言及する考えはない。」と述べた。

 一方、新藤義孝総務相は18日、靖国神社に参拝した。超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久元厚生労働相)に所属する、衆参157議員も参拝した。

【隣国と国内支持者、双方に配慮か】

 安倍首相は2012年12月の就任前、2006〜20007年の前回在任期間中に靖国神社参拝をしなかったことが悔やまれると発言し、再び首相になった暁には、靖国神社に必ず参拝をする、と公言していた。

 しかし、安倍政権が右寄りの外交方針をすすめていると懸念する、隣国との真っ向からの衝突を避けようと、参拝を見送った、とウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じている。

 ただ、2006年から、首相による参拝はないが、閣僚による参拝は時折行われてきた。その度に韓国・中国から強い非難を受けている。

 安倍首相は国を代表する者として、アジア諸国の感情を逆撫でしないように、発言や行動を注意深く選択している、とニューヨーク・タイムズ紙は報じている。同紙は、同首相が第2次世界大戦では侵略行為はなかったと強く信じているとの見方から、危険な歴史修正主義者だとレッテルを貼られないように慎重なのだとみている。

 安倍首相の注意深い行動は、尖閣諸島の問題で緊張が高まっている中国との関係をこれ以上悪化させないようにという、米国からの圧力によるものだ、とも指摘している。

 同紙はまた、安倍首相は参拝を見送る一方、首相名・私費で「真榊」を奉納することで、公式な奉納という態度を曖昧にし、靖国参拝を肯定する支持者たちをなだめようと苦心しているのだ、とも報じている。

【中国・韓国は”遺憾の意”を表明】

 中国の新華社通信は、靖国神社について、A級戦犯を含む戦没者を祀る神社であり、日本の過去の軍国主義の象徴とみられている、と説明している。

 中国の華春瑩外交部報道官は17日、中国は繰り返し靖国神社についての見解を発言してきた、とこれまでの姿勢に変わりはないことをあらためて強調した。報道官は、「中国は、日本政府が侵略の歴史を認識し、真の自己反省を行い、中国を含むアジア諸国の犠牲者の感情に配慮して、関連する問題に適切に対応するよう求める。」と述べた。

 韓国の外務省報道官も、今回の奉納に関して「強い懸念と遺憾の意」を表明した。
posted by 金魚 at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

アベノミオクリス・2

映画 参拝見送り「配慮と思わない」=「日中韓」年内開催は困難−韓国

メモ 【ソウル時事】韓国外務省報道官は17日の定例記者会見で、安倍晋三首相が秋季例大祭での靖国神社参拝を見送ったのは中韓両国への配慮との見方があることについて、「日本国内でそういう意見があるのかもしれないが、韓国など周辺国を配慮した結果という意見には同意できない。韓国の全国民が同じ意見だと思う」と述べた。


ほらほら。


メモ 報道官はまた、安倍首相が祭具の真榊(まさかき)を奉納したことに対して「過去の侵略戦争を美化し、戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社に再び奉納したことに深い憂慮と遺憾を表さざるを得ない」と批判。「日本の政治家は歴史に対する謙虚な省察と反省を基礎に、周辺国と国際社会との信頼を積み重ねることを改めて求める。閣僚と国会議員は靖国参拝してはならない」と強調した。


ほらほら。


ますます、ハードルあがってきたよー。


安倍首相って、保守政治家 じゃぁないんだよね。

       保身政治家 だよ。


         泉下の爺さま、泣いとるで。もうやだ〜(悲しい顔)            

k_line_c.gif


映画 参拝見送り「配慮と思わない」=「日中韓」年内開催は困難−韓国 【ソウル時事】韓国外務省報道官は17日の定例記者会見で、安倍晋三首相が秋季例大祭での靖国神社参拝を見送ったのは中韓両国への配慮との見方があることについて、「日本国内でそういう意見があるのかもしれないが、韓国など周辺国を配慮した結果という意見には同意できない。韓国の全国民が同じ意見だと思う」と述べた。
 一方、韓国外務省幹部は、韓国が主宰する今年の日中韓首脳会議について「年末まで1カ月半の段階で決まっていないのだから、誰が見ても容易ではない」と語り、年内開催は困難との認識を示した。同幹部は、年内に開催できない場合でも、来年は議長国が日本に移ると述べた。 
 日中韓首脳会議をめぐっては、いったん5月開催で調整されたが見送りになった。その後も日本が非公式に開催を打診したが、中国が難色を示してきた経緯がある。
 報道官はまた、安倍首相が祭具の真榊(まさかき)を奉納したことに対して「過去の侵略戦争を美化し、戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社に再び奉納したことに深い憂慮と遺憾を表さざるを得ない」と批判。「日本の政治家は歴史に対する謙虚な省察と反省を基礎に、周辺国と国際社会との信頼を積み重ねることを改めて求める。閣僚と国会議員は靖国参拝してはならない」と強調した。
 安倍首相の真榊奉納について、世耕弘成官房副長官は17日午後の記者会見で「あくまでも私人としての行動なので、政府としての見解は差し控える」と述べた。(2013/10/17-17:35)
posted by 金魚 at 20:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アベノミオクリス

映画 首相、靖国参拝を見送り 秋の例大祭、供物奉納

メモ 安倍晋三首相は17日、靖国神社の秋季例大祭(17〜20日)に合わせた参拝を見送り「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。神社側が明らかにした。


はいはい、


imagesCAUPRS3P.jpg
大方の予想通りにヘタレ。



ま、予想されてたことだからいいけどね・・・・・


コピー 〜 top1.jpg
ううっ、よかったですぅぅぅぅ。



      よかねーよ! むかっ(怒り)



こんなことしたって、中韓は、ほめてくれねーよ。


首相の参拝を問題視しているっつうより、いいがかりをつけたいがために取り上げているだけなんだから。




映画 日本の首相・閣僚 A級戦犯の合祀以降52回靖国を参拝

メモ 【ソウル聯合ニュース】1978年に太平洋戦争のA級戦犯が靖国神社に合祀(ごうし)されて以降、日本の首相や閣僚計31人が52回にわたり同神社を参拝したことが、韓国外交部の資料により明らかになった。特に、昨年12月の安倍晋三首相の就任以降、参拝者数と参拝の頻度が急増しているという。


首相が参拝しなくても、閣僚が参拝すれば、閣僚が参拝しなくても、国会議員が参拝すれば、その都度文句を言ってくるに決まっている。



議員まで自粛したとしても、今度は、


『国民の参拝者が多く、日本は反省していない、右傾化している。』


って、言いかねないw


外交問題化というより、とにかくいいがかりをつけたいがためという、ヤクザの論理なのだから、意味がない。


『靖国不参拝』が季語になるのも近いね。雪



無題.bmp
首相辞めたら、『痛恨の極み』談話出すから、許してぴょん かわいい


                 z_r1.gif



終戦の日も例大祭も、首相参拝なしで・・・



安倍首相靖国惨敗 ってことでいいっすか?


       b_shibas.gif
   アベノミオクリスは成功したと言っておこう。




k_line_a.gif


映画 首相、靖国参拝を見送り 秋の例大祭、供物奉納
 安倍晋三首相は17日、靖国神社の秋季例大祭(17〜20日)に合わせた参拝を見送り「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。神社側が明らかにした。私費で奉納したとみられる。一方、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長は例大祭期間中の参拝を検討している。

 首相は沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐり冷え込んだ中韓両国との関係改善を目指している。4月の春季例大祭、8月の終戦記念日に続いて参拝しないことで中韓両国に配慮し、早期の首脳会談開催に向けた環境整備を図る狙いがあるとみられる。


映画 日本の首相・閣僚 A級戦犯の合祀以降52回靖国を参拝
【ソウル聯合ニュース】1978年に太平洋戦争のA級戦犯が靖国神社に合祀(ごうし)されて以降、日本の首相や閣僚計31人が52回にわたり同神社を参拝したことが、韓国外交部の資料により明らかになった。特に、昨年12月の安倍晋三首相の就任以降、参拝者数と参拝の頻度が急増しているという。

 1978年から昨年末にかけ、首相による参拝は中曽根康弘首相が1回(85年)、橋本龍太郎首相が1回(96年)、小泉純一郎首相が6回(2001〜06年)の計8回行われた。

 資料を公表した国会外交統一委員会の印在謹(イン・ジェグン)議員(野党・民主党)は、今年は4人の閣僚が計7回にわたり参拝しており、17日から始まる秋季例大祭でも参拝が予想されるとし、「安倍政権に入り(閣僚らが)より露骨に靖国を参拝するようになっている」と指摘した。
   聯合ニュース
                                    
posted by 金魚 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

内弁慶

映画 安倍首相:靖国参拝見送り濃厚 秋の例大祭

メモ 安倍晋三首相が靖国神社の秋季例大祭(17〜20日)に合わせた参拝を見送る公算が大きくなった。中国、韓国との関係改善を優先するのに加え、両国と日本との摩擦に神経をとがらせる米国に配慮するためだ。15日開会の臨時国会で、経済再生を最優先する姿勢を明確にする意味もある


心より金。自民党らしいなぁ。

     戦後、ずーっと、そうしてきたもんね。


メモ 安倍首相は11日、BSフジの番組で「英霊に尊崇の念を示すのは当然だ。外国から批判されることではないし、好戦的でもない」と強調。そのうえで「残念ながら外交問題化しているなか、行くか行かないか言うのは控えたい」と語った。


靖国参拝は外交問題かよ! がく〜(落胆した顔)

         首相が認めちゃったのかい・・・・・雪


メモ 首相周辺は「中韓を刺激してくれるなという米国への配慮もある。完全な国内問題とはいえ、この時期の参拝は日本から(中韓を)挑発する形になる。首相は総合的に勘案して(見送りを)判断するだろう」と指摘。


           どっちやねんw
                 p-dance.gif


メモ 政府関係者も「首相の任期中に1回行けばよい」と述べ、長期政権を見据え、この時期に参拝を急ぐ必要はないとの認識を示した。


ハァ?がく〜(落胆した顔)


「英霊に尊崇の念を示すのは当然だ。外国から批判されることではないし、好戦的でもない」

けど、英霊に尊崇の念を示すのは首相の任期中に1回だけでいいですと。

            なんやそれ。


imagesCAUPRS3P.jpg
へたれだから、何にもできないでしょ。



メモ  首相を支持する保守派には、秋の参拝に期待があるが、首相側近は「首相の思いは伝わっており、参拝の見送りで保守派からの批判は起きないだろう」と語る。


国民の皆さんはおおらかで、消費増税も賛成だし、不参拝も認めちゃうんだろうけど、

        オイラは、認めねーむかっ(怒り)


メモ 首相は第1次内閣で参拝しておらず、昨年の自民党総裁選中、参拝しなかったことを「痛恨の極み」と述べていた。


この人の『痛恨の極み』って、極み麺 程度の意味合いしかないんだろうなぁ。雨


                 dojos.gif
国家観・外交姿勢について腰が定まらないお人が国家のトップなんて、国民は不幸だのー。



あ、 みなさん幸福なんだった・・・・・晴れ


k_line_a.gif


映画 安倍首相:靖国参拝見送り濃厚 秋の例大祭 毎日新聞 2013年10月12日 07時03分(最終更新 10月12日 10時04分
 安倍晋三首相が靖国神社の秋季例大祭(17〜20日)に合わせた参拝を見送る公算が大きくなった。中国、韓国との関係改善を優先するのに加え、両国と日本との摩擦に神経をとがらせる米国に配慮するためだ。15日開会の臨時国会で、経済再生を最優先する姿勢を明確にする意味もある。

 安倍首相は11日、BSフジの番組で「英霊に尊崇の念を示すのは当然だ。外国から批判されることではないし、好戦的でもない」と強調。そのうえで「残念ながら外交問題化しているなか、行くか行かないか言うのは控えたい」と語った。首相周辺は「中韓を刺激してくれるなという米国への配慮もある。完全な国内問題とはいえ、この時期の参拝は日本から(中韓を)挑発する形になる。首相は総合的に勘案して(見送りを)判断するだろう」と指摘。政府関係者も「首相の任期中に1回行けばよい」と述べ、長期政権を見据え、この時期に参拝を急ぐ必要はないとの認識を示した。首相は10日、記者会見で中韓との首脳会談について「対話のドアは常にオープンなのでこれからも両国に呼び掛けていきたい」と意欲を示している。

 また、公明党の山口那津男代表は10日の記者会見で、「最近は米国の閣僚が千鳥ケ淵に献花をされた。それらを含めて賢明に首相は対応されるだろう」と発言。ヘーゲル国防長官、ケリー国務長官が来日時に、靖国神社ではなく、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪問したことを引き合いに「米国は靖国神社を認めていない」との考えをにじませ、首相をけん制した。

 首相を支持する保守派には、秋の参拝に期待があるが、首相側近は「首相の思いは伝わっており、参拝の見送りで保守派からの批判は起きないだろう」と語る。

 首相は第1次内閣で参拝しておらず、昨年の自民党総裁選中、参拝しなかったことを「痛恨の極み」と述べていた。だが、首相就任後は4月の春季例大祭、8月の終戦記念日ともに参拝を見送り、真榊(まさかき)や玉串料の奉納にとどめてきた。秋季例大祭でも、春季例大祭と同様、私費で真榊を奉納する可能性が高い。【鈴木美穂】
posted by 金魚 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

ああ、また、夏の風物詩

映画終戦記念日:3閣僚が靖国参拝


メモ 第2次安倍内閣発足後、初めての終戦記念日となった15日、安倍晋三首相は東京・九段北の靖国神社への参拝を見送り、代理人を通じ自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。また、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長、稲田朋美行政改革担当相の3閣僚が靖国神社を参拝した。このほか、秋葉賢也副厚生労働相、梶山弘志副国土交通相や政務官3人も参拝した。

メモ 毎年、同じことの繰り返しで、最近は記事を書くのが億劫になってきたなぁ雪



映画終戦記念日:祈り、68回目の夏 首相、加害責任に触れず


メモ 68回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、天皇、皇后両陛下や遺族ら6091人が参列した。安倍晋三首相は式辞で、歴代首相が言及してきたアジア諸国の戦争犠牲者に対する加害責任に明確には触れず、「歴史に謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を胸に刻みつつ国の未来を切り拓(ひら)く」と述べた。(8面に「天皇陛下おことば」と安倍首相式辞、8面、社会面に関連記事)

 歴代首相は1993年の細川護熙首相(当時)を踏襲し、「深い反省」や「哀悼の意」を表明してきた。安倍首相も6年前の式辞では「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」と述べていた。



映画「アジア諸国へ損害」「反省」の言葉消える 首相式辞


メモ 安倍晋三首相は15日の全国戦没者追悼式の式辞で、第1次安倍内閣を含む歴代首相が述べてきた「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」といった文言や「深い反省」「哀悼の意」に触れなかった。


映画首相 アジアへの責任に触れず


メモ 安倍総理大臣は、「終戦の日」の15日に開かれた政府主催の全国戦没者追悼式での式辞で、「歴史に対して謙虚に向き合う」などと述べる一方、例年、総理大臣の式辞に盛り込まれてきたアジア諸国に損害と苦痛を与えた責任には触れませんでした。

「終戦の日」に開かれる政府主催の全国戦没者追悼式での総理大臣の式辞では、例年、「先の大戦ではとりわけアジア諸国の人々に対し多大の損害と苦痛を与えた」などとする文言が盛り込まれており、安倍総理大臣も平成19年の追悼式では言明しています。
しかし、ことしの式辞で、安倍総理大臣は、「私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた国の未来を切り開いていく」などと述べる一方で、アジア諸国に損害と苦痛を与えた責任には触れませんでした。



NHKや毎日、朝日、東京新聞などの報道は、常に我が国を貶め、中国・韓国の立場に立った論調であり、バカバカしい。



メモ 安倍総理大臣の周辺は、NHKの取材に対し、「式辞の趣旨は、『戦没者の犠牲の上に、今の私たちがあり、2度と戦争はしない』と誓うものだ。これまでは、式辞の対象が国民なのか諸外国なのかはっきりしなかった。今回は、英霊に対して、決意と感謝を伝えるものにした」と述べました。


日本を侵略しようとしている国(中国)と、既に侵略している国(韓国)が存在しているのに、『不戦の誓い』など唱えるなど、滑稽以外の何物でもない。


英霊に尊崇の念と感謝を伝えるのであれば、

二度と我が国の領土を他国に蹂躙させぬこと、侮りを受けぬことを決意とするべき。



玉串料を奉納することは、英霊に尊崇の念を表すことであろうから、靖国神社参拝と心の違いはないだろう。

ならば、参拝すべきである。

中韓に配慮するというならば、何もするな。


   国家指導者として、極めて曖昧で不誠実な行動である。むかっ(怒り)


Z20130208GZ0JPG001294001000.jpg
「痛恨の極み」はどうしました?


                 bulls.gif                    



16日の読売の朝刊記事には、これに関連して、

メモ 首相周辺は「長期政権が見通せる今、焦る必要はない。チャンスはいつか来る」と語っている。首相は中韓両国や世論の動向を見ながら、対応を決める考えだ。

とある。


ハァ。がく〜(落胆した顔)


      「チャンス」なのかい。雨


中韓や世論(つまりは、朝日や毎日の記事)を観ていたら、いつになれば参拝するのやら。犬


英霊に感謝することは、「チャンス」をうかがってやることなのか?


ここには、政治化しての確固とした国家観も英霊に対する尊崇の念もない。

あるのは、空気を読む政治屋としての処世術である。




images.jpg                
我々が常に批判しているから、参拝できんだろ。






k_line_c.gif


                

映画 終戦記念日:3閣僚が靖国参拝
毎日新聞 2013年08月15日 20時55分
 第2次安倍内閣発足後、初めての終戦記念日となった15日、安倍晋三首相は東京・九段北の靖国神社への参拝を見送り、代理人を通じ自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。また、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長、稲田朋美行政改革担当相の3閣僚が靖国神社を参拝した。このほか、秋葉賢也副厚生労働相、梶山弘志副国土交通相や政務官3人も参拝した。

 一方、首相は同日、東京都千代田区の日本武道館であった政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で、アジア諸国の戦争犠牲者に対する加害責任に直接、言及しなかった。首相周辺は「外したという意図はないが、追悼式は国のために命をささげた人の慰霊が目的だ」と解説した。【飼手勇介、村尾哲】


映画 終戦記念日:祈り、68回目の夏 首相、加害責任に触れず
毎日新聞 2013年08月15日 東京夕刊
 68回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、天皇、皇后両陛下や遺族ら6091人が参列した。安倍晋三首相は式辞で、歴代首相が言及してきたアジア諸国の戦争犠牲者に対する加害責任に明確には触れず、「歴史に謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を胸に刻みつつ国の未来を切り拓(ひら)く」と述べた。(8面に「天皇陛下おことば」と安倍首相式辞、8面、社会面に関連記事)

 歴代首相は1993年の細川護熙首相(当時)を踏襲し、「深い反省」や「哀悼の意」を表明してきた。安倍首相も6年前の式辞では「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」と述べていた。

 一方で首相は戦没者に「あなた方の犠牲の上に平和と繁栄がある。片時たりとも忘れない」と感謝の念を示し「世界の恒久平和に貢献し、万人が心豊かに暮らせる世を実現するよう全力を尽くす」と述べた。

 式典は正午前に始まり、国歌斉唱と首相式辞の後、正午に全員が1分間の黙とうをささげた。続いて天皇陛下が「戦禍に倒れた人々に心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈る」とおことばを述べた。衆参両院議長らの追悼の辞の後、遺族代表らが献花した。

 日中戦争と第二次大戦の戦没者は軍人・軍属約230万人と民間人約80万人。厚生労働省によると、参列予定の遺族で戦後生まれは635人(13・2%)と2年連続で1割を超えた。戦没者の子の世代は70歳以上が8割を超え、遺族の高齢化を改めて印象づけた。

 安倍首相は、集団的自衛権に関する憲法解釈を見直し、行使を容認する方向で検討しているとされる。憲法96条の先行改正にも意欲を示している。憲法の「変質」が現実のものとなりつつある中で、終戦の日を迎えることになった。

 昨年9月に国有化した尖閣諸島(沖縄県)周辺では、中国公船による領海侵入が続くなど、周辺諸国との領土問題も、くすぶり続ける。【遠藤拓】


映画 「アジア諸国へ損害」「反省」の言葉消える 首相式辞
 安倍晋三首相は15日の全国戦没者追悼式の式辞で、第1次安倍内閣を含む歴代首相が述べてきた「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」といった文言や「深い反省」「哀悼の意」に触れなかった。


映画 首相 アジアへの責任に触れず8月15日 19時26分 K10038036011_1308151919_1308151936.mp4
 安倍総理大臣は、「終戦の日」の15日に開かれた政府主催の全国戦没者追悼式での式辞で、「歴史に対して謙虚に向き合う」などと述べる一方、例年、総理大臣の式辞に盛り込まれてきたアジア諸国に損害と苦痛を与えた責任には触れませんでした。

「終戦の日」に開かれる政府主催の全国戦没者追悼式での総理大臣の式辞では、例年、「先の大戦ではとりわけアジア諸国の人々に対し多大の損害と苦痛を与えた」などとする文言が盛り込まれており、安倍総理大臣も平成19年の追悼式では言明しています。
しかし、ことしの式辞で、安倍総理大臣は、「私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた国の未来を切り開いていく」などと述べる一方で、アジア諸国に損害と苦痛を与えた責任には触れませんでした。
これについて、安倍総理大臣の周辺は、NHKの取材に対し、「式辞の趣旨は、『戦没者の犠牲の上に、今の私たちがあり、2度と戦争はしない』と誓うものだ。これまでは、式辞の対象が国民なのか諸外国なのかはっきりしなかった。今回は、英霊に対して、決意と感謝を伝えるものにした」と述べました。
また、政府高官の1人は、「安倍総理大臣は、戦争で犠牲になった日本人の冥福を祈りたいという気持ちが強かった。アジア諸国への加害責任を感じていないわけではなく、それは外交の場などで伝えることができる」と述べました。
posted by 金魚 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

腰砕けになりませんように・・・

映画 首相 「どんな脅かしにも屈しない」

メモ 安倍総理大臣は、参議院予算委員会で、閣僚の靖国神社参拝などに対する中国や韓国の反発について、「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことで、どんな脅かしにも屈しない自由を確保していくのは当然のことだ」と述べ、反論しました。


だそうだ、毎日さん。


メモ さらに、安倍総理大臣は、「靖国神社で、ご英霊にご冥福をお祈りすることを批判されることに対して、なんにも痛ようを感じないのは、おかしいと思う。国益を守り、歴史や伝統の上に立った誇りを守っていくことも私の仕事で、それをどんどん削れば、関係がうまくいくという考え方のほうが間違っている」と述べました。


だそうだ、朝日さん。


今日の報道ステーション、このニュース流すだけでコメントなし、スルーだった。

              つまんねーぞw


k_line_a.gif

映画 首相 「どんな脅かしにも屈しない」4月24日 18時19分
安倍総理大臣は、参議院予算委員会で、閣僚の靖国神社参拝などに対する中国や韓国の反発について、「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことで、どんな脅かしにも屈しない自由を確保していくのは当然のことだ」と述べ、反論しました。

この中で、安倍総理大臣は、安倍内閣の閣僚3人が春の例大祭に合わせて靖国神社に参拝したことなどに中国や韓国が反発していることについて、「韓国が抗議を始めたのはいつかといえば、ノ・ムヒョン大統領の時代に顕著になっている。中国も、A級戦犯が合祀されたときには、総理大臣の参拝には抗議しておらず、ある日、突然、抗議を始めた。そのことをよく認識しておく必要がある」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣は、「国のために尊い命を落とした尊いご英霊に対して、尊崇の念を表することは当たり前のことだ。わが閣僚においては、どんな脅かしにも屈しない自由を確保していくのは当然のことだ」と述べました。
さらに、安倍総理大臣は、「靖国神社で、ご英霊にご冥福をお祈りすることを批判されることに対して、なんにも痛ようを感じないのは、おかしいと思う。国益を守り、歴史や伝統の上に立った誇りを守っていくことも私の仕事で、それをどんどん削れば、関係がうまくいくという考え方のほうが間違っている」と述べました。
また、安倍総理大臣は、昭和27年4月28日にサンフランシスコ平和条約が発効し、日本が主権を回復したことを記念して政府が開く式典について、「奄美、小笠原、沖縄が、平和条約が発効した以降も施政権の外に置かれたという、苦難の歴史を忘れてはならない。苦難を耐え抜いた先人の心情に思いをいたし、沖縄が抱える基地負担の軽減に取り組むとともに、奄美、小笠原、沖縄を含めたわが国の未来を切り開いていく決意を新たにする」と述べ、沖縄県民などの感情に配慮する考えを重ねて示しました。
一方、24日の委員会では今年度=平成25年度予算案の採決の前提となる中央公聴会を来月2日に行うことを決めました。


posted by 金魚 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

次はお盆かぁ。

映画 社説:靖国の例大祭 閣僚参拝は無神経だ 

メモ 北朝鮮が弾道ミサイル発射の構えを崩さず、日米中韓が連携して北朝鮮の暴発を食い止めるべき時だ。靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。だが、緊迫した状況下で「安倍内閣ナンバー2」の麻生副総理ら閣僚が靖国参拝に踏み切り、首相もこれを容認したことは、北朝鮮問題での中韓との連携を難しくし、結局は日本の国益を損ないかねない。無神経な行動と言わざるを得ず、極めて残念だ。

北朝鮮の弾道ミサイル発射を取り上げて国民の共感を得ようなんて姑息だね。

朝日もこんな感じかな。


もう、いいかげん赤日も売日もあきらめたらどうかな。

捏造記事や煽動記事で国民を欺き洗脳できる時代じゃないのだから。おおかたの国民は呪縛から解放されているのだから。

                Ani_020.gif                                      


>国の内外の人々がわだかまりなく戦没者を追悼できるようにするには、どうしたらいいか。


そりゃあ、一部の国民とマスコミがまっとうな認識を持つことと、一部の外国の内政干渉を無視すれば解決するんじゃないの?



>靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。

んだもんね。

靖国参拝をすぐに問題視して中韓の反応を喜ぶ毎日さんもちょいとモチつけや。雪


                dojos.gif 



k_line_c.gif

映画 社説:靖国の例大祭 閣僚参拝は無神経だ毎日新聞 2013年04月23日 02時32分
 国の内外の人々がわだかまりなく戦没者を追悼できるようにするには、どうしたらいいか。この重い課題に政治が答えを出せないまま、今年も靖国神社の春季例大祭が巡ってきた。これまでに麻生太郎副総理兼財務相ら3閣僚が参拝し、安倍晋三首相は参拝は見送ったが、供え物の真榊(まさかき)を奉納した。

 韓国外務省は今回の事態を受けて、今月中に予定していた尹炳世(ユンビョンセ)外相の訪日を中止した。

 北朝鮮が弾道ミサイル発射の構えを崩さず、日米中韓が連携して北朝鮮の暴発を食い止めるべき時だ。靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。だが、緊迫した状況下で「安倍内閣ナンバー2」の麻生副総理ら閣僚が靖国参拝に踏み切り、首相もこれを容認したことは、北朝鮮問題での中韓との連携を難しくし、結局は日本の国益を損ないかねない。無神経な行動と言わざるを得ず、極めて残念だ。

 第1次安倍内閣で首相は、在任中、靖国に一度も参拝しなかった。前任者の小泉純一郎元首相の参拝で悪化した日中関係を改善するためで、「行くとも行かないとも言わない」という「あいまい戦略」をとった。

 麻生氏も外相、首相として在任中は参拝しなかった。両氏とも自制的に対応したと言える。

 しかし首相は、前回の首相在任中に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と語り、後悔しているようだ。今回の内閣では参拝したいという意思表示とも受け取れる。安倍政権を支持する保守層は、終戦記念日よりも、靖国の秋季例大祭での首相参拝を重視し、実現を狙っているようだ。今回の首相の真榊奉納と麻生副総理の参拝が、夏の参院選対策や、在任中の首相参拝への布石だとしたら、受け入れられるものではない。

 首相や閣僚の靖国参拝の是非について国論が割れてきたのは、(1)憲法20条の政教分離原則に抵触する疑いがある(2)極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)された靖国への参拝は中国などから侵略戦争の肯定と受け止められる−−という主に二つの観点からだ。首相は、日本が東京裁判を受諾した歴史的事実は受け入れる立場を示しているが、東京裁判については「連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と疑問を投げかけている。

 A級戦犯の分祀論や無宗教の国立追悼施設の建設案にも、首相は慎重とみられている。靖国参拝をどう考え、今後、どう解決していくつもりか。国民への説明をあいまいにしたまま、既成事実を積み重ねるようなやり方は許されない。首相は自らの言葉で語るべきだ。
posted by 金魚 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

まだまだこれから

映画自民安倍総裁が靖国神社参拝 「公約」先取り実行

メモ 自民党の安倍晋三総裁は17日、秋季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を参拝した。安倍氏は自民党総裁選で首相に就任した場合は例大祭などでの参拝に意欲を示しており、政権奪還前に“公約”を先取りして実行した形だ。

“公約”を先取り?

褒めすぎじゃないのかぁ。


メモ 安倍氏は平成5年に衆院議員に初当選して以来、幹事長や官房長官在任時も参拝していた。ただ、首相在任中(平成18年9月〜19年9月)は「参拝したかしないかは言わない」との方針をとった。

 中韓両国との外交関係を改善するためで、改善後に再開する意向だったが、参拝前に体調不良で首相を辞任。9月の党総裁選の記者会見では「首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極み」と述べ、首相に就任した場合には参拝する考えを示唆していた。


首相在任中に参拝しなかった後始末じゃあないのかぁ。

公約”先取りして参拝しておいたから、政権取ったら参拝しませんってことにはならないよねー。犬


『先取り』っつうのは、                  
こういうの をさすんですよ。

期待してブログ記事書いたけど、結局一度も参拝しなかったもんね。


あれからもう5年も経っちゃったのかぁ。がく〜(落胆した顔)



k_line_a.gif

映画 自民安倍総裁が靖国神社参拝 「公約」先取り実行
 自民党の安倍晋三総裁は17日、秋季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を参拝した。安倍氏は自民党総裁選で首相に就任した場合は例大祭などでの参拝に意欲を示しており、政権奪還前に“公約”を先取りして実行した形だ。

 安倍氏は午後5時2分、モーニング姿で靖国神社の到着殿前に党の公用車で到着。「自民党総裁 安倍晋三」と記帳し、玉串料は私費から納めた。参拝後、記者団に「国民のために命をささげた方々に自民党総裁として尊(そん)崇(すう)の念を表するため参拝した」と述べた。一方で「首相になったら参拝するしないは申し上げない方がいい」と明言を避けた。

 安倍氏は平成5年に衆院議員に初当選して以来、幹事長や官房長官在任時も参拝していた。ただ、首相在任中(平成18年9月〜19年9月)は「参拝したかしないかは言わない」との方針をとった。

 中韓両国との外交関係を改善するためで、改善後に再開する意向だったが、参拝前に体調不良で首相を辞任。9月の党総裁選の記者会見では「首相在任中に参拝できなかったのは痛恨の極み」と述べ、首相に就任した場合には参拝する考えを示唆していた。

 現職首相の靖国神社参拝は、小泉純一郎元首相が平成18年8月15日に行って以降、途絶えている。野田佳彦首相は昨年9月の内閣発足時に首相と閣僚の公式参拝を自粛すると決定し、参拝していない。
posted by 金魚 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif