2017年07月21日

価値観  

映画 アポロ11号「月の袋」に2億円=長らく行方不明―NY

メモ 【ニューヨーク時事】1969年にアポロ11号が月面着陸した際、ニール・アームストロング船長が月のサンプル収集に使用した袋が20日、ニューヨークでサザビーズの競売に掛けられ、約181万ドル(手数料込み、約2億円)で落札された。落札者は明らかになっていない。

 袋は白色で、縦約30センチ、横約22センチ。中には月のちりの残留物が入っており、サザビーズは「袋は人類の偉大なる功績の極めて貴重な遺物」と強調している。

 サザビーズなどによると、アポロ11号の関連品は、大半が首都ワシントンのスミソニアン博物館に所蔵されている。しかしこの袋は、地球帰還後に目録ミスで別の場所に保管され、長らく行方不明になっていた。その後、捨てられる直前にカンザス州の男性の手に渡っていたという。

 ロイター通信によると、男性は後に窃盗罪で有罪となり、当局が袋を押収。2015年の押収品の競売で袋を995ドルで落札した女性弁護士が、分析のため米航空宇宙局(NASA)に送付した。NASAはアームストロング船長の袋と確認し、返却を拒否。女性との間で所有権をめぐる法廷闘争に発展したものの、女性が勝訴した。 



むーん。( ̄ヘ ̄)


白い月の袋は、曰くつきの袋ってことか。




むーん。( ̄ヘ ̄)

「袋は人類の偉大なる功績の極めて貴重な遺物」


あほくさ。

こんなもの、一万円でも出したくないなぁ。






k_line_a.gif


映画 アポロ11号「月の袋」に2億円=長らく行方不明―NY
【ニューヨーク時事】1969年にアポロ11号が月面着陸した際、ニール・アームストロング船長が月のサンプル収集に使用した袋が20日、ニューヨークでサザビーズの競売に掛けられ、約181万ドル(手数料込み、約2億円)で落札された。落札者は明らかになっていない。

 袋は白色で、縦約30センチ、横約22センチ。中には月のちりの残留物が入っており、サザビーズは「袋は人類の偉大なる功績の極めて貴重な遺物」と強調している。

 サザビーズなどによると、アポロ11号の関連品は、大半が首都ワシントンのスミソニアン博物館に所蔵されている。しかしこの袋は、地球帰還後に目録ミスで別の場所に保管され、長らく行方不明になっていた。その後、捨てられる直前にカンザス州の男性の手に渡っていたという。

 ロイター通信によると、男性は後に窃盗罪で有罪となり、当局が袋を押収。2015年の押収品の競売で袋を995ドルで落札した女性弁護士が、分析のため米航空宇宙局(NASA)に送付した。NASAはアームストロング船長の袋と確認し、返却を拒否。女性との間で所有権をめぐる法廷闘争に発展したものの、女性が勝訴した。 
posted by 金魚 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif