2017年07月05日

カイケンのカイケン

映画 <公明代表>国民的合意なく改憲論議進めないで 首相けん制

メモ  公明党の山口那津男代表は5日の記者会見で「政権の課題は経済再生の推進だ。憲法は政権が取り組む課題ではない」と述べた。安倍晋三首相が2020年の改正憲法施行を目指していることに関しては「自民党総裁として党内に向けたものだ」と指摘。国民的な合意のないまま改憲論議を進めないよう首相をけん制した。

 山口氏は「議論の場は(衆参両院の)憲法審査会であり、正規の土俵で議論を深めることが重要だ。与党の枠組みは直ちに憲法の議論につながらない」とも述べ、自民、公明両党で改憲案をすり合わせることに慎重な見解を示した。

 山口氏の発言について、菅義偉官房長官は記者会見で「自民党は立党以来、憲法改正を主張している。(公明党と)温度差があるのは自然ではないか」と述べた。【高橋克哉】



ハァ?



>「政権の課題は経済再生の推進だ。憲法は政権が取り組む課題ではない」


政権課題って、一つしかねーのか。



>国民的な合意のないまま改憲論議を進めないよう首相をけん制した。


論議をして国民に提示しないと理解が深まらず合意形成できないのでは。



>与党の枠組みは直ちに憲法の議論につながらない


なるほどー。何も公明党と提携しなくてもいいっつうことすね。






k_line_c.gif


映画 <公明代表>国民的合意なく改憲論議進めないで 首相けん制
 公明党の山口那津男代表は5日の記者会見で「政権の課題は経済再生の推進だ。憲法は政権が取り組む課題ではない」と述べた。安倍晋三首相が2020年の改正憲法施行を目指していることに関しては「自民党総裁として党内に向けたものだ」と指摘。国民的な合意のないまま改憲論議を進めないよう首相をけん制した。

 山口氏は「議論の場は(衆参両院の)憲法審査会であり、正規の土俵で議論を深めることが重要だ。与党の枠組みは直ちに憲法の議論につながらない」とも述べ、自民、公明両党で改憲案をすり合わせることに慎重な見解を示した。

 山口氏の発言について、菅義偉官房長官は記者会見で「自民党は立党以来、憲法改正を主張している。(公明党と)温度差があるのは自然ではないか」と述べた。【高橋克哉】
posted by 金魚 at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
調子に乗って今までの立場を忘れて居るんじゃないの?
それとも喧嘩売ってんのかしら?
どちらにしても、改憲なんぞする気のないカルト教党ですもんね。
自民党結党以来の党是にようやく手を伸ばせる時に、「与党」の片割れがコレじゃあ、別れましょう。
Posted by こーでりあ at 2017年07月09日 23:01
いつの間にか、自民党が下駄の雪にw
Posted by 金魚 at 2017年07月10日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451544150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif