2017年06月13日

金魚のこころ つぅ というか蛇足 

最近知った、とあるブログを毎日訪ねている。

ブログ主の識見と思想に魅かれて読んでいるのであるが、民主主義日本に天皇制をどう位置づけるかという問題も興味深い。

しかし、オイラの意見とはかなりの開きがあるため、コメントの入れようがないのでロム専である。

(訪れているコメントさんたちは異論があっても他サイトのように排撃したり罵倒したりしない紳士淑女ばかりですので、もし行かれる方は品性ある訪問をしてくださいねw)   


さて、


民主主義と天皇制は相いれない。

民主主義の生まれる遥か昔に天皇制は存在した。

憲法第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

要約すると 『主権者のオレたちが税金で認めてやるから象徴になってろ』 ということか。


b_shibas.gif


大日本帝国憲法では第一条に万世一系の天皇が統治者とある。

改正後、国民は臣下でなくなった。

象徴の地位は主権者たる国民が認める地位なのであるから、天皇より国民が上位にある。

主権が民にあり、その民が働き納めた税金で支える皇族に敬意を捧げるはずがない。


この大きな矛盾を内包した憲法下で天皇制が大過なく存続したのは、旧憲法で現人神であった昭和天皇の卓越した資質、人格による。


しかしながら、資質に "ピー" ある次代により、権威は失墜し、国民の信頼も低下した。


「主権者のオレたちが生活費を出しているのだから、公務をしっかりこなせ。フィギュアスケートは贅沢だ、大学を受け直すなど税金の無駄遣いだ、もっと質素に暮らせ。」

現憲法では、国民が天皇・皇族の上位にあるということが露わになったわけである。

『国民に寄り添う』をモットーに、膝をついて話しかけるスタイルでは親近感は得られても権威は低下する。


  国民主権(国民上位)の君主制は危うい。



k_line_c.gif
posted by 金魚 at 22:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金魚さんのご訪問先はどちらのブログでしょうか?
私ももう一箇所だけ毎日覗いている所がありますが、時々明らかな荒らしが来て常連さん達の連続罵倒wが入りますので、違う場所でしょうね。

日本では天皇「制」じゃあないのです。天皇さんの御存在は国体であって制度じゃあない。と私は思っております。この場合当然、2678年の歴史であって当代個人様のことではありませぬ。

昭和様が戦後もご立派に君臨されたのは、御本人の優れたご資質もありましょうが、日本国民も占領憲法の文面がどうたらで天皇陛下への敬慕が減少した訳ではなかったのではないかしら?
戦後を切り抜けた吉田茂首相は「臣 吉田茂」とお書きでしたもの。

当代様はご自分達がお二人で出かけ、映像を残さないと国民の心をつなぎ止められないとでもお考えだったのか?随分日本国民を軽薄な民と考えて、逆に今では嫌悪感を買った様な気がします。
易姓革命でどうにでもなる王家や売れなけりゃ忘れられるタレント業じゃないのに。
Posted by こーでりあ at 2017年06月14日 00:22
「万国時事周覧」です。


2678年の歴史の国体ですから、憲法で規定のしようがないものでしょう。
しかし、国民主権との整合性がないw

正直、民にとって、実害を受けなければ憲法などどうでもいいことでしょうね。解釈で変更されちゃうしw オイラもどうでもいいもん。 まー基本的人権は保障してもらいたいですが。

ご当代は実績が欲しかったのでしょうか。象徴という不確かな定義が怖かったのではないでしょうか。一体家庭教師に何を吹き込まれたのやら。
Posted by 金魚 at 2017年06月14日 00:47
「万国時事収攬」。午後に偵察wに参ります。

家庭教師が吹き込む事は想像ですが、最低限キリスト教的な事と白人優越主義ではないか・・・暇になったら調べてみようかな。
「御学友」スポークスマンも常に一緒だったそうで、そりゃ意志が通うわけだw。
Posted by こーでりあ at 2017年06月14日 08:44
偵察wwwww  危険はありませんw

そうでした、ご学友も洗脳されちゃったんですね。
【 日本=侵略国家、悪の権化 】 という歴史観でしょうか。
そして、「お父上は大変なことをされました。」と (ノДT)アゥゥ
Posted by 金魚 at 2017年06月14日 20:58
万国時事収攬ブログ 行って参りました。と言っても取り敢ず昨日の、南鮮の慰安婦関連と「天皇」論の所のみですが。
じっくりモノを考えない、殆ど感覚だけで生きて来た私には、「そういう考え方もあるのか〜。真面目だなあ」実感で帰って来ました。

南鮮の言う事は、万国さんのお説が当然だとしてもアノ国の事ですから、国際常識には関係無しに堂々巡りで終始するだけだと感じ、正論でも当てはまらない国ですモンネ。と諦観。

天皇論には、たしかに今も多くが「不可侵区域を作ってしまっている危険性」に納得でした。

問題は、あれだけ卓越した先帝様を正面から学んで来られなかった、としか思えない今上様ご自身にあり、そこが天皇である故に不可侵扱いが為されたり、今上様がそれを当然とされるなら、皇室の行く末は庶民は知らんがな。皇統を替えたいわ。です。でも書かずに戻って参りましたw。
Posted by こーでりあ at 2017年06月15日 12:37
収攬ちゃうw 周覧です。

国民主権に天皇制をいかに位置付けるか腐心していますが、苦しいですね。

国民が天皇を選定するなど僭越の極みです。天皇を見下しているということでしょう?(まあ、国民主権ですからそうなりますが。現にみなさん見下していますもんねw) 国民投票まで行うのであれば、もはや大統領制でいいではありませんか。王を国民が選定するなら君主制と世襲制の崩壊です。

公正に選定するといっても、選定人の選択が正しいと誰が判断するのでしょうか。さらに、もし天皇家が反発すると、天皇家の跡継ぎと皇太子・・・後の天皇が別人となる可能性もあります。
そもそも他人の家の相続に介入するなど民主主義の精神に外れているのではありませんか。民主主義の限界ですね。
結論として、ここまで国民に見放され見下されているのであれば、天皇制は不要、憲法改正して条項を削除、国が関わらないことにすればいい。宗教法人なら祭祀を憲法違反だと批判されることもありません。独自に存在すればいいでしょう。
大統領もしくは首相が決まったら、天皇が『征夷大将軍』に任じればいいでしょうw 江戸時代以前の形に戻ります。




Posted by 金魚 at 2017年06月15日 20:36
そうでした。「周覧」でした。

いや〜、征夷大将軍はマズイでしょw。権威と権力を分けて統治してきたのが日本の歴史なんですから、大将軍になっちゃうと余程の賢い権力を行使出来る人物でなければ、もう頻繁な易姓改革ですわ。
125代の天皇位に在った方の何処までが実質的な天皇統治だったのか?分りませんw。蘇我氏の次には藤原氏が延々の「内閣」みたいなもので、平氏源氏(実際は北条)以降は殆ど天皇のお名前も調べないと分りませんもの。
こう考えると、案外最初から天皇というお立場は神事だけなのかも知れません。朝廷の形として天皇家が頂点にあるけれど、という統治の仕方だったような気もしてきます。
明治になって急激な対外姿勢を要求されて、無理があったんでしょうね、と思うしか無い。笑って済まそうw
Posted by こーでりあ at 2017年06月16日 01:19
いや、単に総理大臣をシャレで『征夷大将軍』と任ずるだけですからw 
過去の歴史・伝統に則った天皇の形ではないでしょうか。
そして天皇は御簾の向こうにあり、国事行為も公的公務も必要ありません。
権威は政権より上にあるが実質はほとんどなにもないという、鎌倉以降江戸までの日本の歴史にそうあり方ではありませんか。
Posted by 金魚 at 2017年06月17日 22:12
明治維新以後の、皇室をを変に欧州王家化させてしまった薩長の成り上がりの所為だわw。
北朝系の明治様を建てながら正統は南朝という不見識さですもの、彼らにとっては皇室の本質はどうでも、利用が出来れば良かっただけなのかも。
Posted by こーでりあ at 2017年06月18日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif