2017年05月21日

朕の言葉は絶対である・・・・・はぁ?

映画 陛下 退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」

メモ 天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。

 陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。

 宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。

 ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。

 陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。

 宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。

 陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、天皇であり続けることはできないという強い思いがある。【遠山和宏】


記事全文は下部に 👇



メモ 
天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。
 


「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」

朕は絶対不可侵、朕の言葉は無謬であるぞ。

ってことでいいすかw


メモ 宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。


陛下の御身を思いやっているようで、皇室をグダグダにしてきたのはおまいらではないか。



メモ   ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。


『陛下と個人的にも親しい関係者』って、オトモダチーですか?

専門家が、意見を求められたのなら、『自身の研究と信念に則り忌憚のない意見を述べるのは当然なことではないのか。陛下に阿り都合のいいことばかり無責任に言うことこそ君側の奸である。



メモ  陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。


>保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。

不可欠ではないから、憲法に規定がないのであろう。

天皇の存在意義を論じた場合、公務が第一義でないのは明白である。



メモ  宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。


『一人一人の国民と向き合っている』?
 おーげさ。

であれば、様々な意見があっても、動じることなく、受け入れられるのではありませんかぁ。



国を統べる者は、国民一人一人に向き合う必要はない。『国民に寄り添う』なんて気持ち悪。

オイラはね、天皇がネクタイも締めず国民に膝を交えて語り掛ける姿なんて、ぜっっっったいに見たくない。



まー、皇室の御用新聞のふりをしつつ、国を危うくしようとする輩が御託を書き連ねているんでしょうが・・・ムカツクw



メモ 陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。



しれっと書いているけれど・・・


これって、天皇が政治に完璧に介入しようとしたってことでいいすか?w 



         z_r1.gif   



k_line_c.gif

映画  陛下 退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」
天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。

 陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。

 宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。

 ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。

 陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。

 宮内庁幹部は陛下の不満を当然だとしたうえで、「陛下は抽象的に祈っているのではない。一人一人の国民と向き合っていることが、国民の安寧と平穏を祈ることの血肉となっている。この作業がなければ空虚な祈りでしかない」と説明する。

 陛下が、昨年8月に退位の意向がにじむおことばを表明したのは、憲法に規定された象徴天皇の意味を深く考え抜いた結果だ。被災地訪問など日々の公務と祈りによって、国民の理解と共感を新たにし続けなければ、天皇であり続けることはできないという強い思いがある。【遠山和宏】

 【ことば】退位の有識者会議

 天皇陛下が昨年8月、退位の意向がにじむおことばを公表したのを踏まえ、政府が設置。10月から議論を始めた。学者ら6人で構成し、正式名称は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」。11月に16人の専門家から意見聴取し、今年1月の会合で陛下一代限りの特例法制定を事実上推す論点整理をまとめた。4月に最終報告を首相に提出した。
posted by 金魚 at 11:38| Comment(7) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
違憲そのものの行為で好き勝手な事を仰っても、異見めいた言葉には「傷ついちゃった」ですか。
かつてバイニング夫人が皇太子時代の陛下を「不寛容な性格」と評したとか?そのまんまw
長い日本歴史のどんな時代の天皇様もこういう御方は居られなかった様に思います。

歴代どなたにも”ご意見番”や藩屏、明治期には元老がお傍に居て、我が儘や奇矯な事をなさらない様に、当代御上に瑕疵が無いように後世の指弾を受けない御史籍を残せる様に、万端仕切る周囲の組織があって民の尊敬を一身に集めて来られた(ことになっている)御存在が、今上様方は気に入らない言辞を排し、苦言を呈する者を遠ざけ、お説ご尤も様達に囲まれる生活の末に、こうなった。

違憲の陛下を何とかお守りする為に苦慮して居る日本大事の有識者や政府にご不満なら、日本を危うくするご行動はなさらなければよかったのに、と思うだけです。
渡部昇一先生も平川祐弘先生も、敢えて言わねばならない陛下の虞ながらの体たらくだったと私は思います。

ご自分は不可侵?ならば、それこそ根本からの憲法違反ですわね。
国民もこの様な内廷様方には大変不快で御座います。

Posted by こーでりあ at 2017年05月21日 23:47
人間、煙たい存在がいないとだめですよねw

渡部昇一先生は、すぐれぬ身体をおしてご意見を述べられたのですよね。諫言ですね。

最近ときどき訪ねるようになったサイトで、このニュースを取り上げているのを読み驚きました・・・あちらはこちらと大違いの高尚な文章でしたがw
Posted by 金魚 at 2017年05月22日 00:07
俄然腹が立ってきましたw
全身全霊で被災地などを御慰問されても、申し訳ないですが、災害被災地は警察や消防隊がそれこそ体力の限りの全身全霊を以て行方不明者捜索や復旧復興に尽している最中の御慰問はその業務を一旦縮小し、警護に就かなければならない事態を引き起こす筈と想像しております。

聴くところに依ればご訪問地の経費はその県の負担だとか。「どうかいらして下さい」とのお願いならそれは当然ではありますが、大規模被災地の出費までは多分お考えではない?或いはそんなことには無頓着?

十台ぐらいの車列ノンストップや、離京帰京の際の影響で通行止めになる一般人も少なくないんですよね。
感謝されて当然みたいな事仰いますか。

それに、地方ご訪問の全身全霊よりもコンサートや展覧会の回数、物凄いですしねえ。コンサートはその分(護衛含めて)チケットが一般に回らない、っと。
業者おまけ額56億円だかの御所には、映写やミニコンサートも開けるお部屋もあるとか。
金魚さんは「あの御方は特別、比べてはダメ」と仰せでしょうが、やっぱり言いたいワ。
昭和様の頃には皆無だった不都合事が「慈愛」の様に言われるのは、ソレ、違います。と申しあげたいです。
Posted by こーでりあ at 2017年05月22日 00:18
>俄然腹が立ってきましたw

ヘイセイでいられないですよねw
Posted by 金魚 at 2017年05月22日 23:26
<これって、天皇が政治に完璧に介入しようとしたってことでいいすか?>

「天皇を政治利用してはいけない」とのことですが、天皇が政治を利用するのはOKなんですかね〜?

Posted by 0007 at 2017年05月26日 11:16
<これって、天皇が政治に完璧に介入しようとしたってことでいいすか?>

「やんごとなき方を政治利用してはいけない」とのことですが、やんごとなき方が政治を利用するのはあり、なんでしょうか?

Posted by 0007 at 2017年05月26日 11:19
安倍さんにはワーワー言うくせに、こういう時は『憲法違反だー!」と声をあげない共産党や民進党はどうしたんですかねw 天皇親政を期待している共産党ってコワイ。
Posted by 金魚 at 2017年05月26日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450086265
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif