2017年05月19日

白ヤギさんたら読まずに売った。

映画 値上げした往復はがきに1400万枚誤表記…「往復」の文言漏れる

メモ  日本郵便は19日、6月の料金値上げを反映して新たに発売した124円の往復はがきに、誤表記があったと発表した。総務省の認可を得た約款上は「郵便往復はがき」とすべきなのに、往復の文言が漏れ、単に「郵便はがき」と記載していた。既に購入した誤表記のはがきはそのまま使える。 

 印刷会社がデータを正しいものと取り違え、日本郵便も今月15日の発売まではミスに気付かなかったという。16日になって中国エリアの郵便局員が誤りを指摘した。

 新料金のはがきは6月1日以降に使う利用者向けに販売しており、誤った往復はがきは1400万枚を印刷済み。当分は販売を続け、準備が整い次第、正しい表記に切り替えるという。値上げに伴うミスに関し、日本郵便は「大変ご迷惑を掛け、深くおわびする」としている。



ん!?


値上げした往復はがきに1400万枚誤表記

そこは『新しい』でいいんじゃないの。 記事タイトルに悪意がw


さすがに往復はがきの体裁しているのだから、それ以外に使うはずないよね。

回収しないのは無駄にせずに済むからよかった。



ん!?


>当分は販売を続け、準備が整い次第、正しい表記に切り替えるという。

へんな表現だなー。

すでに印刷したはがきは販売を続け、その後正しく印刷したはがきに切り替える ってことでいいすか。


  

k_line_c.gif


映画 値上げした往復はがきに1400万枚誤表記…「往復」の文言漏れる
日本郵便は19日、6月の料金値上げを反映して新たに発売した124円の往復はがきに、誤表記があったと発表した。総務省の認可を得た約款上は「郵便往復はがき」とすべきなのに、往復の文言が漏れ、単に「郵便はがき」と記載していた。既に購入した誤表記のはがきはそのまま使える。

 印刷会社がデータを正しいものと取り違え、日本郵便も今月15日の発売まではミスに気付かなかったという。16日になって中国エリアの郵便局員が誤りを指摘した。

 新料金のはがきは6月1日以降に使う利用者向けに販売しており、誤った往復はがきは1400万枚を印刷済み。当分は販売を続け、準備が整い次第、正しい表記に切り替えるという。値上げに伴うミスに関し、日本郵便は「大変ご迷惑を掛け、深くおわびする」としている。
posted by 金魚 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450041935
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif