2017年04月20日

もうすぐゴールデンウイークやぞ。

映画 麻生氏「上げやすい景気状況に」消費増税に意欲

メモ  【ニューヨーク=有光裕】麻生副総理兼財務相は19日、ニューヨーク市内で講演し、2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げについて、「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」と語った。

 10%への引き上げは2度延期されており、「三度目の正直」での実現に意欲を示した。

 麻生氏は「今までとは状況が全然違う。少しずつ消費が伸びており、今年の後半には、そうした姿が出てくると思う」と語った。

 一方、麻生氏は環太平洋経済連携協定(TPP)について「米国なしで11か国でTPPをやろうという話は、5月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で出る」と述べた。米国はTPPからの離脱を通知しており、日本として米国を除く11か国での発効を目指す方針を示したものだ。



はい? 


消費税率の10%への引き上げについて、

「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」

「今までとは状況が全然違う。少しずつ消費が伸びており、今年の後半には、そうした姿が出てくると思う」



はぁあ? 


今日はエープリルフールだっけ? 


いや、20日だよね。




ああ、そうか。ニューヨークとは時差があるのな。


・・・・・



そんなはずあるかいっ







k_line_a.gif


映画 麻生氏「上げやすい景気状況に」消費増税に意欲
 【ニューヨーク=有光裕】麻生副総理兼財務相は19日、ニューヨーク市内で講演し、2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げについて、「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」と語った。

 10%への引き上げは2度延期されており、「三度目の正直」での実現に意欲を示した。

 麻生氏は「今までとは状況が全然違う。少しずつ消費が伸びており、今年の後半には、そうした姿が出てくると思う」と語った。

 一方、麻生氏は環太平洋経済連携協定(TPP)について「米国なしで11か国でTPPをやろうという話は、5月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で出る」と述べた。米国はTPPからの離脱を通知しており、日本として米国を除く11か国での発効を目指す方針を示したものだ。
posted by 金魚 at 23:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大都市だけで判断しないでくだせーまし。
地方は何処も閑古鳥さえ餌がないのに・・・
Posted by こーでりあ at 2017年04月22日 11:53
オイラの地元は悲惨です。
書店や量販店が撤退、銀行も支店閉鎖ですがな(涙)
Posted by 金魚 at 2017年04月22日 21:16
始めてコメントさせて頂きます。いつも読ませて頂いています。麻生氏、とんでもない売国発言ですね。
伏見顕正の政経塾で「吉田茂 疑惑の元勲」シリーズを読むと麻生氏の祖父はどうやら雨の工〇員でマッ〇ーサーの犬だったようですね。

その孫もやっぱり〜な発言ですね。以前からアニメなんかで人気取りして変なやっちゃと思っていましたが伏見氏のブログで納得しました。

消費税上げろと裏からの指令があったのかもしれませんね。こんな人物を政権の中枢に入れなければならないとは、安倍さんも苦労しますね。
Posted by やまと路 at 2017年04月24日 21:47
書店はこちらも一軒残っているだけですが、書棚の内容が・・・です。量販店は毎年噂に上る「危機」で。
銀行支店とは、かなり難ですね。


やまと路さん
こんにちは。
一旦延期した時の約束通りに、消費税上げ可能かも、と云って、「売国発言」呼ばわりされるなんて、閣僚もた〜いへん。
私は、地方はそんな状況じゃあございません、と云っているだけです。
麻生さんの発想には基本的に前から敬服しております。劇画やアニメ論は、言い出した当初は野党やメディアが馬鹿にした言い方ばかりでしたが、国際的に視たら日本の方が何周遅れの情報過疎だった事はあの後から判明してますよ。
それに民主党政権になったら批判ばかりだった麻生政策を真似るけれど、事の本質がわからないので失敗ばかりでしたよね。
私は占い師さんより何倍も麻生さんを評価します。

占い師さんも偶には良いでしょうが、戦後の事を真面目に知る気がお有りでしたら、御本は沢山出ていますが、堤堯氏の「昭和の三傑」もお薦めしたいです。
今でしたら集英社から文庫で出ています。
Posted by こーでりあ at 2017年04月25日 07:35
金魚のこころさんの尊敬しておられる方を悪し様に言ってすみませんでしたね。「売国奴」はちょっと言いすぎでした。
ただ伏見さんの吉田茂に関する内容は占いによって書いているのではなく史料に基づいて書いてあるので信憑性はあると思います。

でも私は基本的には金魚のこころさんと同じ主張です。
Posted by やまと路 at 2017年04月25日 15:56
やまと路さん、拙ブログをお読みいただき、またコメントをいただきありがとうございます。

消費税を8%に引き上げた後の日本経済のどんづまり、安倍総理はあの失敗を後悔しているという記事がありました。

景気が堅調といいますが、給与の上昇分など消し飛ぶように物価が上がっており大方の国民は依然苦しいまま。GDPの6割を個人消費が占めるということですから、消費税のアップは確実に消費低迷を招きGDPが落ち込むことは目に見えていますよね。

資本主義では弱者がいなければ好景気にならないのではないですかねw 儲けるってことは相手は損するのですから。経済的植民地がなければ高度成長などできないでしょう。
低成長でどのようにやっていくのか・・・夢を見ずに地道にやっていくしかないというのはオジサンには耐えられても、若者はかわいそうですね。

オイラは麻生さんのキャラは好きです。財務大臣の資質はわかりません。もともと経済にはうといのです。
常連コメンテーターの こー様は、麻生さん大好きですよw オイラがブログで麻生さんをイジルと怒りますものw
Posted by 金魚 at 2017年04月25日 22:01
ハイ、贔屓でございますw。
他議員に無い発想と実践的で明るいのが良いのです。
政策通と云われる議員は総じて偉そうに意地悪っぽく暗くって言い訳が多いので、能弁でも受け付けられません。

財務官僚は官僚の中の官僚。どんな人が大臣で来ても自分達が牛耳る思い上がりがある様ですので、麻生さんでも大変だろうと思います。
と言って、部下を疎んじる大臣ではやれないし、官僚の言いなりは楽でしょうが、それでは大臣の意味が無いですから、兼ね合いの上手さが政治力なんでしょうね。
Posted by こーでりあ at 2017年04月26日 00:27
上の文章では言葉足らずで誤解を招きますかね。

⇒オイラは麻生さんのキャラは好きです。財務大臣の資質はわかりません。(オイラは)もともと経済にはうといのです。

その経済にうといオイラでも分かることは、「儲ける人がいれば損している人がいる」ということ。2国間で大幅黒字を出したということは相手国は大幅赤字でしょう。高名な経済学者に教わらなくてもこれは分かりますw
低成長を脱して高度成長を目指すのであれば経済的植民地を多数持たなければいけないですよね。できるのかや?
せめて若者が将来に希望を持てる国になってほしいですけれど。もう袋小路ですね。
Posted by 金魚 at 2017年04月26日 21:45
職種を問わなければ一応現在の新卒就職率は98%だそうで、それだけでも以前に比べたら「将来の希望」第一歩にはなると思えますけど。
ちょっと昔の日本人が考える仕事や生き方と、現在の日本の若者の価値観は随分違って、昔なら「遊び人」と呆れた種族wが結構世界に知らず知らずの内に発信している傾向などには、そんなに気落ちしなくていいのじゃないか?と思おうと思えば思えるwww様にも感じます。

私も自慢じゃ無いが経済トンと音痴ですが、ここまで生きて来られたw。
かつて福田赳夫氏、宮沢喜一氏等は経済通で政策通とメディアが書き立てた所為もあって、国民も大いに期待したと思うのですが、総理に就任したら一億総国民仰天の期待外れだったように記憶致します。
大臣が疎くては全く問題外ですが、学問的に知悉していても「生き物」と言われる経済の政策は難しいのだろうと思います。

「儲ける人がいれば損している人がいる」のは確かすぎることでしょうけれど、それだけでは経済植民地云々の必要性になって国際的に「よろしくない」事態になる訳で、今は「互いのウィンウィン」が出来る方策が求められているのではないかしら?
何が相手の「ウィン」になるのか、を見つけ、実行出来る政治家や経済人が二重丸だと思います。
頑張れるならその内、なるように成るのだw
Posted by こーでりあ at 2017年04月27日 13:58
えーと、そういうわけで、地雷の敷設場所は分かった(他なかったかなw)と思いますので、やまと路さんこれからもコメントくださいね。
オイラは今現在これといった好みの政治家も文化人もいません。
Posted by 金魚 at 2017年04月27日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif