2017年03月27日

ジョークでござる

映画 天皇陛下退位の場合 皇太子さまと住まい入れ代わる方向で検討

メモ 天皇陛下が退位され、皇太子さまが新しい天皇として即位された場合、それぞれのお住まいが入れ代わる方向で検討が進められていることがわかりました。天皇皇后両陛下は、結婚後30年余りを過ごした「東宮御所」に戻られることになります。

関係者によりますと、宮内庁は、天皇陛下が退位され、皇太子さまが新しい天皇として即位された場合、天皇陛下は、皇后さまとともに東京・港区の赤坂御用地にある皇太子ご一家のお住まいの「東宮御所」に移られ、皇太子ご一家は、皇居にある両陛下のお住まいの「御所」に移られる方向で検討を進めているということです。

お住まいの入れ代わりによって新たな住まいを建設する必要はなくなり、皇位継承に伴う支出の抑制につながるということで、こうした方針を両陛下や皇太子ご夫妻も受け入れられているということです。



はぁぁ?


東宮御所には、次の皇太子(皇太弟)となられる秋篠宮殿下が入られるんじゃないのかぁ?

どうして引退されるお方が使うんじゃい。隠居所でしょ? 

延べ床面積約5500平方メートルの御所にご隠居お二人がお住まいすんのかい。


>お住まいの入れ代わりによって新たな住まいを建設する必要はなくなり、皇位継承に伴う支出の抑制につながるということで、こうした方針を両陛下や皇太子ご夫妻も受け入れられているということです。

これからますますご活躍される秋篠宮ご一家にお譲りしようとするご配慮はないのんか。




k_line_a.gif


映画 天皇陛下退位の場合 皇太子さまと住まい入れ代わる方向で検討
天皇陛下が退位され、皇太子さまが新しい天皇として即位された場合、それぞれのお住まいが入れ代わる方向で検討が進められていることがわかりました。天皇皇后両陛下は、結婚後30年余りを過ごした「東宮御所」に戻られることになります。

関係者によりますと、宮内庁は、天皇陛下が退位され、皇太子さまが新しい天皇として即位された場合、天皇陛下は、皇后さまとともに東京・港区の赤坂御用地にある皇太子ご一家のお住まいの「東宮御所」に移られ、皇太子ご一家は、皇居にある両陛下のお住まいの「御所」に移られる方向で検討を進めているということです。

お住まいの入れ代わりによって新たな住まいを建設する必要はなくなり、皇位継承に伴う支出の抑制につながるということで、こうした方針を両陛下や皇太子ご夫妻も受け入れられているということです。

住まいの名称は、今の「御所」は天皇の住まいとして「御所」のまま変わらず、退位した天皇陛下と皇后さまが暮らされる「東宮御所」は、かつて皇位を譲ったあとの天皇の住まいの呼び名に使われた「仙洞御所」となる見込みだということです。

お住まいの入れ代わりには、一時的な仮住まいを設けるなどの必要があり、移転が終わるまでには時間がかかる見通しです。

「東宮御所」は、両陛下が結婚後30年余りを過ごし、自分たちの手で3人のお子さまを育てられた建物で、天皇陛下が退位されれば、皇后さまと思い出の住まいに戻り、新たな生活を始められることになります。天皇陛下の退位をめぐっては特例法の制定で退位を可能とするなどとした国会の考え方がまとまり、政府の有識者会議が天皇陛下の退位後の称号やお立場など詳細な制度設計の検討を進める方針です。

譲位後の天皇の住まい

歴史上、譲位した天皇は「上皇」という略称で呼ばれ、譲位後に移り住んだ住居は、俗世を離れた仙人の住まいを意味する「仙洞御所」のほか、「後院」や「仙院」などと呼ばれました。

今もその名が残る京都市上京区の京都御苑の「仙洞御所」は、江戸時代初めの1629年に明正天皇に位を譲って上皇となった後水尾天皇以降、歴代の天皇の譲位後の住まいがあった場所ですが、住居だった建物は火災で消失し、現在は庭園や茶室が残るだけになっています。

「御所」 両陛下の住まいとして平成5年に完成

皇居の吹上地区にある「御所」は、昭和天皇の崩御に伴って即位された天皇陛下と皇后さまの新たなお住まいとして、平成5年の春に完成し、その年の12月から、両陛下が長女の紀宮さまとともに暮らし始められました。

総工費は56億円で、総面積は4940平方メートル。地上2階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、両陛下の私室のほか、職員の事務室、応接室など、合わせて62の部屋があり、外国から賓客が訪れた際などの接遇の場としても使われています。
一方、平成の代替わりによって、昭和天皇ときさきの香淳皇后の住まいだったそれまでの御所は、「吹上大宮御所」と名称が変わり、香淳皇后が、皇太后として、平成12年に亡くなるまで暮らしました。

「東宮御所」 昭和35年に両陛下の新居として完成

東京・港区の赤坂御用地にある「東宮御所」は、昭和35年の春、前の年に結婚した皇太子夫妻、今の天皇皇后両陛下の新居として完成しました。「東宮御所」の「東宮」は、奈良時代以降、皇太子や皇太子の住まいの意味で使われてきた用語です。

建物は地上2階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、のちに増改築が行われ、総面積は5500平方メートル余りあります。皇太子ご一家の私室のほか、賓客の接遇などに使われる応接室や広間、宮内庁の職員の事務室などがあり、そばにはテニスコートもあります。

天皇陛下が即位し、両陛下が皇居の「御所」に移られた翌年の平成6年7月から皇太子ご夫妻が暮らし始め、現在、長女の愛子さまと一家3人で生活されています。

両陛下「東宮御所」への思い

天皇皇后両陛下は、結婚翌年の昭和35年6月、誕生されてまもない長男の浩宮さま、今の皇太子さまとともに「東宮御所」での生活を始められました。

親子が離れて暮らす天皇家の慣習を見直し、自分たちの手で皇太子さまを育てられました。皇后さまが側近に示された育児方針のメモは、皇太子さまの名前の「徳仁(なるひと)」にちなんで、「ナルちゃん憲法」と呼ばれ、話題になりました。

その後、次男の礼宮さま、今の秋篠宮さま、そして長女の紀宮さま、黒田清子さんも誕生。両陛下は、忙しい公務の合間に、お住まいで家族と過ごす時間も大切にし、そばにあるテニスコートで、たびたび家族で汗を流されました。「東宮御所」で3人のお子さまを育てながら、親しみやすい新たな皇室像を築かれました。

両陛下は、天皇陛下の即位後も平成5年12月に皇居の「御所」に移るまで「東宮御所」で生活されました。この間、「東宮御所」は「赤坂御所」に名称が変わり、天皇陛下は皇居まで車で通って公務にあたられました。

両陛下は、折に触れて「東宮御所」での暮らしを振り返られています。天皇陛下は、「御所」の完成を前にした平成4年の記者会見で、「東宮御所」での生活について触れ、「30年以上も住んでいましたから、移るときには、さまざまなことが思い出され、感慨深いものがあると思います」と述べられました。

皇后さまは、黒田清子さんの結婚式を間近に控えた平成17年の誕生日にあたり、「自然のお好きな陛下のお傍(そば)で、二人の兄同様、清子も東宮御所の庭で自然に親しみ、その恵みの中で育ちました」と文書で述べられました。そして、「子どもたちでにぎやかだった東宮御所の過去の日々が、さまざまに思い起こされます」と振り返られています。
posted by 金魚 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これって、又もや「飛ばし記事」で政府はこのようなことは全く知らなかったそうです。拡散して事実にしてしまおうという魂胆でしょうか?

引退される両陛下には、大きなお住まいは必要ありません。お出ましは全く必要ないので、ひっそりとお暮しになれば宜しいのでは?お疲れなのですよね?お召し物も新調なさる必要もありませんし、ご予算の大幅カットは自然の流れでしょう。

東宮御所は一体どうなっているのやら、ですが、ご名称はともかく、皇太子となられる秋篠宮様がこの御所にお住まいになるのは当然のことでしょう。スタッフの増員も必須で、特に警護を万全にして頂きたいものです。
Posted by 0007 at 2017年03月28日 19:12
>これって、又もや「飛ばし記事」で政府はこのようなことは全く知らなかったそうです。拡散して事実にしてしまおうという魂胆でしょうか?

ええっ そうなんですか!
うーむ。また犬HKなどを利用して国民の支持を得ようってのかぁ。
「思い出の住まい」ってことで共感を呼ぼうってw
Posted by 金魚 at 2017年03月28日 23:51
「生前退位」第一報のNHKと全く同じですね。
「宮内庁」を牛耳るドナタか様の御意向でしょう。
”順番が違わ”なければ金魚さんと0007さんの仰る通りの秋篠宮家が東宮御所にお入りになるのが当然なのですが、・・・ねえ、あの建物・・・「チッソ関係者」で汚されているでしょう。

秋篠宮家の方々には是非清浄なお住まいでお過ごし戴きたいです。
今上様方が何故か(ココ強調!)お避けの、昭和様のお住まいだった吹上御所を手入れして秋篠宮家にお入り戴けないモノでしょうかね。
今の元秩父宮妃殿下のお住まいは両殿下の他に御公務が多くなった姫宮様方も居られるご家族にはチト狭いのではないでしょうか。
Posted by こーでりあ at 2017年03月29日 00:34
<ねえ、あの建物・・・「チッソ関係者」で汚されているでしょう。

秋篠宮家の方々には是非清浄なお住まいでお過ごし戴きたいです。>

こーでりあさん、
おっしゃる通りです。しかし、皇后さんの無茶な要求が通ってしまうのは許せません。

あの「お気持ち」についての放送が内閣を動かすものであれば、憲法違反であるのにもかかわらず、「退位したい」、「ナルさんに攘夷したい」などという決定的な言葉の表明をせずに、政府が動かざるを得ないような姑息なやり方で今上さん(実は皇后さん)は思い通りに無理を通して道理を引っ込めさせましたね。

国民の大半はこの目論見が憲法違反であるか否かを問うこともなく、「お疲れでしょう。どうぞごゆっくり」の大合唱で、このことが憲法違反であることが赤裸々にならないように努力を重ねてきた安倍首相を「恒久制度にせよという陛下のお心に背く逆賊」と罵る声がけっこうありました。憲法学者達は何をしていたのでしょう?

多くのお花畑さん達のレベルってこの程度ですから、今回の無茶な「お住まい取り換えごっこ案」も支持され、飛ばし記事で既成事実として拡散しようという目論見も成功するかもしれません。

しかし、ヘリコプターの事故や雪崩によって多くの犠牲者が出た痛ましい事実があるのにも関わらず、へらへらとお手ふりをしてゴセイヨーに行ってしまった東宮さんご一家と、それを諌めることもしない親御様の姿勢を見て覚醒する人々が増えることを願っています。


Posted by 0007 at 2017年03月29日 20:05
「吹上大宮御所」は規模的にはよいのでしょうが、皇居内にありますからねー。難しいかもしれません。
東宮御所を大改装して秋篠宮ご一家にお移り戴きたいです。

あのお二人は京都へお住まいいただけばいいでしょう。
Posted by 金魚 at 2017年03月29日 22:06
京都近郊に住む知人は「来んでいい」とひと言でした。
お出まし頻繁なお元気な方が動かれる度に京都の広くもない道が大迷惑と。よ〜〜〜く分りまする。

確かに軌道を自ら破る方々の思い通りになるのは気分よろしくないです。
政府の苦慮もあの方には小気味良いのでしょう。あの方は闘争のつもりかも知れません。
ただ、聖少年の安全はどちらの方が確保できるかな?と。どっちもどっちナンですけどネ。
婆が近くても般若冷蔵庫が近くても、菩薩の身が細る心配の種は消えませんし。

紙のお告げですw
上空写真見るだけでも、あ〜んなに広くて部屋数も矢鱈多いだろう、しかし国民に見せる撮影では狭ま狭ましい一部屋の御所。
ナンなら偏愛ご隠居さんもそのまま同居で、充分な空間はあるでしょう。
国民のお手本の為にも仲良く同居でイイんじゃござんせんか?

ごせいよー先は長野でも、あのご一家なら毎夏の御用邸の近くの事故に、何で気遣いする気にもなれないのか?
御体調の波は器用なものです。」
まあ、最初から阪神淡路大震災でも中東へ、でしたからね。
でも、あの方々の立場を考えると、申し訳ないですが、これだけオカシイのは何か必然性があってオカシイのだろう。いずれ、総決算の事態が有る!と思いたいです。
それがどういう形になるのかは分りませんが。
Posted by こーでりあ at 2017年03月30日 00:37
「来んでいい」・・・ぷっ。

超高齢者時代に突入する日本、国民に範を垂れるためにも、上皇、天皇同居して戴きたいものですね。大いに支出の抑制につながりますものw 皇太后(予定)様もそのほうが嬉しいのでは。
Posted by 金魚 at 2017年03月30日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448411999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif