2017年03月22日

ヘリ空母でなく、ヘリ搭載型護衛艦

映画 海自最大の護衛艦「かが」就役 248mのヘリ空母型

メモ  全長248メートルで海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が22日、就役した。2015年に就役した「いずも」と同型の2隻目で、ヘリコプターの発着スポット5カ所を持つ「ヘリ空母」型。横浜市の造船所で同日、防衛省への引き渡し式と自衛艦旗授与式があった。

 海自によると、「かが」の建造費は約1200億円。広島・呉の第4護衛隊群に配備される。潜水艦を探す哨戒ヘリを中心に14機以上のヘリを搭載でき、性能の向上で探知が難しくなりつつある中国潜水艦への対応を念頭に置いている。陸上自衛隊が導入予定のオスプレイも発着艦できる。

 海自の護衛艦の多くは旧海軍の艦名を引き継いでいて、海軍の「加賀」は1942年のミッドウェー海戦で沈没した空母。今回の就役で、海自のヘリ空母型護衛艦は、「かが」より51メートル短い2隻とあわせて計4隻になる。(福井悠介)




うーむ。


いつのまにか、もう4隻になるのかぁ。


 ヘリ搭載型護衛艦 「かが」「いずも」「ひゅうが」「いせ」


建造費は約1200億円って意外とお安いのね。

え、オイラの金銭感覚おかしいすか?




もうちょっとだな・・・。


え、何が「もうちょっと」なんだですって?


イヤイヤイヤ、なんとなくw




k_line_a.gif


映画海自最大の護衛艦「かが」就役 248mのヘリ空母型
 全長248メートルで海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が22日、就役した。2015年に就役した「いずも」と同型の2隻目で、ヘリコプターの発着スポット5カ所を持つ「ヘリ空母」型。横浜市の造船所で同日、防衛省への引き渡し式と自衛艦旗授与式があった。

 海自によると、「かが」の建造費は約1200億円。広島・呉の第4護衛隊群に配備される。潜水艦を探す哨戒ヘリを中心に14機以上のヘリを搭載でき、性能の向上で探知が難しくなりつつある中国潜水艦への対応を念頭に置いている。陸上自衛隊が導入予定のオスプレイも発着艦できる。

 海自の護衛艦の多くは旧海軍の艦名を引き継いでいて、海軍の「加賀」は1942年のミッドウェー海戦で沈没した空母。今回の就役で、海自のヘリ空母型護衛艦は、「かが」より51メートル短い2隻とあわせて計4隻になる。(福井悠介)

posted by 金魚 at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フム、もうちょっとですなあ なんとなくw。

中朝の潜水艦もそれぞれ理由は別ですが油断は出来ませんようで、何と言っても中共は何でも数多く持ちたがる国ですから日本にとっては最大の脅威だと思います。
Posted by こーでりあ at 2017年03月23日 00:14
ちゅう禍は巨額の軍事費投入していますからね。こんな国が隣にいるのは不幸です。
Posted by 金魚 at 2017年03月23日 20:48
<こんな国>がコの字に並んで居るっって、何という悲劇なんじゃろか。
Posted by こーでりあ at 2017年03月23日 22:55
これだけ変な国がそろうってのは奇跡的なことですよね。嗚呼。
Posted by 金魚 at 2017年03月26日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif