2017年02月07日

終局

映画 一代限りの特例法に=天皇退位、幹部協議で一致−自民

メモ   自民党は6日、幹部で構成する「天皇の退位等についての懇談会」(座長・高村正彦副総裁)を開き、今の陛下一代に限って退位を認める特例法による対処で、党内の意見集約を図る方針で一致した。一代限りの特例法を軸に検討を進めている政府と足並みをそろえた形だ。同党は13日の次回会合で、見解の取りまとめを目指す。

 6日の懇談会会合では、出席者全員が特例法による対処に賛成意見を述べた。また、党所属議員から書面で募った意見のうち、特例法を推す意見が7割に上った。座長代理を務める茂木敏充政調会長は会合後、記者団に「党内の意見は収れんされつつある」と強調した。

 一方、公明党の2日の会合でも、一代限りの退位を推す意見が多数を占めており、与党として方向性はおおむね一致している。今後の各党協議では、皇室典範改正による恒久制度化を主張する民進党などとの調整が焦点となる。
 衆参両院の正副議長は、各党協議を踏まえ、3月中旬までに国会としての見解を取りまとめる方針だ。



一代限りの特例法



自民党と公明党の姿勢がほぼ決定したことで、売国政党の民進党がいくら騒いでも効果がないことになった。



むしろ、審議拒否したり不信任案を出して抵抗し法案成立を阻もうとすればするほど天皇の退位が先延ばしにされるわけで、批判を浴びる可能性がある。 

平成が30年という区切りで改元できず、31年、32年となってしまえばなおさら民進党の支持率は低下するだろう(それでもええけどw)。


もう、スケジュールどおり進めないと、きりのいい平成30年で終われないからw



kobito_f.gif



k_line_c.gif

映画 一代限りの特例法に=天皇退位、幹部協議で一致−自民
 自民党は6日、幹部で構成する「天皇の退位等についての懇談会」(座長・高村正彦副総裁)を開き、今の陛下一代に限って退位を認める特例法による対処で、党内の意見集約を図る方針で一致した。一代限りの特例法を軸に検討を進めている政府と足並みをそろえた形だ。同党は13日の次回会合で、見解の取りまとめを目指す。
 6日の懇談会会合では、出席者全員が特例法による対処に賛成意見を述べた。また、党所属議員から書面で募った意見のうち、特例法を推す意見が7割に上った。座長代理を務める茂木敏充政調会長は会合後、記者団に「党内の意見は収れんされつつある」と強調した。
 一方、公明党の2日の会合でも、一代限りの退位を推す意見が多数を占めており、与党として方向性はおおむね一致している。今後の各党協議では、皇室典範改正による恒久制度化を主張する民進党などとの調整が焦点となる。
 衆参両院の正副議長は、各党協議を踏まえ、3月中旬までに国会としての見解を取りまとめる方針だ。(2017/02/06-19:46)
posted by 金魚 at 00:36| Comment(3) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民進、共産他は憲法には手をつけさせまいとしますが、その憲法に深く関わる皇室典範は簡単に変えさせようとしますね。
だったら憲法そのものから改変、建て直ししたら良いのに。

御所からとしか思えない「情報漏らし作戦」も御用達の床屋さんまで動員するようになって、さて、次の手は誰が使われるやら。
同じ違憲行為でも、品も格もありゃしない事ばかりで、本当にこれが皇室なのか、とアンシンジラブルです。
Posted by こーでりあ at 2017年02月09日 17:17
>「情報漏らし作戦」も御用達の床屋さんまで動員するようになって、さて、次の手は誰が使われるやら。

与党の意思統一がされそうなのを知ると、さらなる奇手が繰り出されるかもしれませんねw
Posted by 金魚 at 2017年02月10日 00:05
>与党の意思統一がされそうなのを
知ると
当に、そういうアチラには意のままにならないかも知れない時になると発射されますよね。
ドコゾのミサイルみたいw
陛下の違憲行為を内閣が、国民にそれと知られぬ様に、騒動にならないように、一代切りの特措法でお望みを適えようとしているのに、コレ、一般庶民なら「恩知らず」でしょうが。
Posted by こーでりあ at 2017年02月10日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446731068
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif