2017年02月05日

羊頭狗肉

映画 午後8時までの退社を呼びかけ パナソニック社長、全従業員に

メモ パナソニックは、午後8時までに仕事を終えて退社するよう、国内全グループの従業員約10万人に通知した。仕事の効率を上げ、長時間労働を減らす意識を高める狙いがあるという。同社の広報担当者によると、津賀一宏社長が2017年1月31日、全従業員に向けたメールで呼びかけた。午後8時までの退社のほか、時間外労働を月80時間以内に抑えることも求めたという。
終業時間は部署によりさまざま
パナソニックの就業規則では、1日の所定労働時間は7時間45分と定められているが、始業・終業時間は部署によってさまざま。3交代勤務の工場や、時差のある海外との取引がある部署もある。フレックスタイム制や在宅勤務、半休制度の活用も日常的に呼びかけられている。

パナソニックは旧松下電器産業時代の1965年、創業者の松下幸之助氏が他企業に先駆けて完全週休2日制を導入した。



ん、


>津賀一宏社長が2017年1月31日、全従業員に向けたメールで呼びかけた。


トランプみてーw


ギリギリの人員で仕事をしてて、仕事量が多いまま早く帰れって言ったって、こー様のおっしゃる通り、家に仕事持ちこむだけだよねー。

そして残業代が出ねーw

残業代カットするのが目的じゃないよね。



>パナソニックの就業規則では、1日の所定労働時間は7時間45分と定められているが、始業・終業時間は部署によってさまざま。3交代勤務の工場や、時差のある海外との取引がある部署もある。フレックスタイム制や在宅勤務、半休制度の活用も日常的に呼びかけられている。

パナソニックは旧松下電器産業時代の1965年、創業者の松下幸之助氏が他企業に先駆けて完全週休2日制を導入した。



いかにも立派な会社のように書いてあるのねー。



他のサイトの記事でも、

『ニュースのコメントなどで「こういう行動を起こす会社が残るんだよね」「他の会社や官公庁もつづけ!」「サラリーマンやるならパナのような会社が一番。高給にひかれて金融なんかに行くと心身を疲弊させるだけだよ」という意見が上がり、好評のようだ。』


なんてヨイショしているけれど・・・


偽装請負の前科のある企業なもんだから、どうも色眼鏡で見てしまうのよねー。

クリックすると過去記事に行きまーす。


             
       dojos.gif



k_line_a.gif


映画 午後8時までの退社を呼びかけ パナソニック社長、全従業員に
パナソニックは、午後8時までに仕事を終えて退社するよう、国内全グループの従業員約10万人に通知した。仕事の効率を上げ、長時間労働を減らす意識を高める狙いがあるという。同社の広報担当者によると、津賀一宏社長が2017年1月31日、全従業員に向けたメールで呼びかけた。午後8時までの退社のほか、時間外労働を月80時間以内に抑えることも求めたという。
終業時間は部署によりさまざま
パナソニックの就業規則では、1日の所定労働時間は7時間45分と定められているが、始業・終業時間は部署によってさまざま。3交代勤務の工場や、時差のある海外との取引がある部署もある。フレックスタイム制や在宅勤務、半休制度の活用も日常的に呼びかけられている。

パナソニックは旧松下電器産業時代の1965年、創業者の松下幸之助氏が他企業に先駆けて完全週休2日制を導入した。
posted by 金魚 at 23:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パナソニックの仰天偽装詐欺を考え出したのはどんな部署の人間なんでしょうね?
民主党政権の閣僚にも松下労組幹部出身が居た様な覚えですが、こういう労働搾取に対処していた感じはないです。

どんなに繁忙期でも「過労死ライン」範囲内の残業を公的に認めるのは、いくら何でもマズイでしょう!?
「死んでも仕方がない」と言って居る様なものですよね。ただ、コレでも年間残業時間で規制はされる様ですが、厳守できるか?という疑問は今までの実態を思うとしっかり残ります。

職業に依って繁忙期の違う業態の企業同士が連携して、季節によってお互いの足りない人手を補う方法などは取れないものなのかしら?
といっても、大抵は暮れは多忙でしょうけれど。

有名企業トップで名前を売っても、その人が政府の審議会委員など公的な場に出られる過去実績かどうか、は確実に検証してからにして戴きたいですね。
Posted by こーでりあ at 2017年02月07日 23:52
過労死や過剰労働が原因で自殺された方々については痛ましいことです。
それでも派遣社員からみた正社員はうらやましい限りです。正社員っていざとなったら、「私がやりますから大丈夫です」と言って派遣社員を帰して上げるだけの実力がなければ、待遇の差の理由がないでしょう?

ある金曜日の午後に私がその日に必要な翻訳を終えて「今日は定時の5時30分で帰れるかしらん?」と思っていました。そうしたら電車で一時間以上かかる本社のXさんから電話があって、「月曜日の朝10時の会議に必要な二つの文書の翻訳を頼みたい。原稿は6時までにメールするから」とのことでした。

その日は勤務後に約束がなく、「急に翻訳が必要になって助けを求めて来たのね」と思って「はい、分かりました」と返事をしたのですが、その原稿が6時どころか7時になってもこないのです。で、連絡しましたら、「もうちょっとまって」。結果、第一の原稿が7時半、第二の原稿は8時過ぎに来て、メールには「私はこれで帰るから何かあったら連絡して」と携帯の番号がありました。

その時間まではまだ締切の近くない翻訳がありましたので、その作業をしていましたが、原稿が着いた時から問題の翻訳を始めました。第一の翻訳は8時30分頃に終わりましたが、第二の文章に??な言葉がありまして、カタカナで「ストリクチャー」と書いてあるのです。

Structure(体制、構造など)ならわかりますが、Strictureには酷評、非難などの意味があり、どう考えても文章の内容にマッチしません。で、頂いた携帯の番号にかけてみても留守電になっています。残業をしているのは私一人で誰にも確認できないので、「おそらくStructureの間違いであろう」と思って翻訳を完成してメールで送ったときにはすでに10時になっていました。

月曜の朝に「どうも有難う、StrictureはStructureの間違いでした」というメールが来ましたが、夜の10時近い時間に私がどれほどなやんだかはお分かりではないようでした。渡した電話番号は通話可能にして頂かないと困ります。で、この件がそれで終了したかというと、そうではなく、私が激怒する結果が待っていました。(続きます)
Posted by 0007 at 2017年02月08日 15:12
(残業の件の続きです)

私は仕事のことだけを考えて作業していましたが、そんな私が6時過ぎまで働いているのを遠くの席から見ていたマネジャーが居て、その人が「古澤はなんで勝手に残業しているんだ?」と私の直属の上司のSさんにメールで文句を言って来たことをSさんが教えてくれました。直接私に聞けば良いのに陰険なやつです。

私は「本社の人から無理やり頼まれて、自分の選択で残業していたわけではなかったのでマネジャーに説明しなきゃ」と言ったらSさんに「でも貴方が説明すると私が貴方に彼のメールを見せたことがばれるからやめて」と言われました。結果、私の4時間半の残業代は請求できませんでした。

おまけに私は「残業代を稼ぐために勝手に残業する振りをしていた」ことになってしまいましたが、それ以上のお咎めはなく、(当たり前ですが)その数年後に問題のマネジャーは別件でリストラされました。しかし、退職金はがっぽりで、私に残業をさせた本社の人はより良い条件で他社にトラバーユしたとのことです。正社員ってなんだかんだとお得なんですね。

Posted by 0007 at 2017年02月08日 15:33
>パナソニックの仰天偽装詐欺を考え出したのはどんな部署の人間なんでしょうね?

ある意味頭のきれる人なのでしょうが、人間としては・・・。
Posted by 金魚 at 2017年02月08日 21:36
正社員と非正規の差は大きいですね。そして真面目に生きていくのは厳しい。
上手に生きていく奴はいるけれど、人生トータルでいくとほぼ同じと思うようにしています。
何よりお天道様に恥じない生き方がベストだと思っています。
Posted by 金魚 at 2017年02月08日 22:27
自殺された女子社員の方には過剰労働以外にも原因があったのでは?

過酷な職場でも、励ましあえる同僚や理解がある上司がいれば結果は違っていたかもしれませんね。ご本人の性格に問題があったとかではなく、周辺環境に恵まれないことってありますから。
Posted by 0007 at 2017年02月09日 17:27
誰一人彼女を支えたり、かばったりしてくれる人がいなかったのですかね。本当に仕事以上に人間関係の過酷な会社です。彼女の姿を見て、手を差し伸べる人がいないとは。
Posted by 金魚 at 2017年02月10日 00:11
昔知っていた電通は同じく多忙を極める会社でしたが、まだ各人の気持ちに余裕があった様な気がします。
今も存じ寄りの若い知人が在職していますが、自分の仕事に追いまくられて他人には構っていられない心境になってしまう、らしいです。
冷たい気持ちなのではなく、お互い様。関連部署の人同士なら知り合えるのでしょうけどね。

都内に実家があるのに通勤時間が勿体ないから社の近くに一人住まいという人も少なくない。それでもその日の内に帰れれば良し、が殆どだそうで。
こうなると体力勝負でもあります。

とても「ゆとり」「褒めて育てる」式で社会に出てくる子には先ず無理な企業だと思います。
Posted by こーでりあ at 2017年02月10日 00:33
なぜそういう状況なのに社員を増やさないのかということですよね。社員は体や精神をやられて退社しようが過労死しようが構わないということですよね。「俺たちはやれた」ってことなのでしょうか・・・会社案内に「よほどの体力と気力がなければ死にます」と書いておくべきですね。。
Posted by 金魚 at 2017年02月10日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif