2017年01月22日

人の振り見て我が振り直せ

映画 トランプ氏が大統領就任…「米国第一」を宣言

メモ 【ワシントン=尾関航也】米国の実業家ドナルド・トランプ氏(70)は20日、第45代大統領に就任した。

 連邦議会議事堂前での就任演説では「今日この日から米国第一だ」と述べ、外交・経済両面で国益を何よりも優先する姿勢を鮮明にした。トランプ氏は環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱方針などを示した基本政策を発表し、医療保険制度「オバマケア」に関する大統領令に署名した。ワシントン市内では全米からのトランプ氏支持者と抗議デモ参加者が衝突。分断が深まる米社会と国際秩序の先行きに懸念が強まる船出となった。

 トランプ氏は就任演説で「米国を再び強くする」「我々は国境を取り戻す」など、選挙戦で聴衆を熱狂させた言葉をちりばめながら、既定路線からの「変革」を強調した。「ワシントンの権力があなたたち国民に返還される」と、政権交代の意義を語った。




マスメディアはトランプ大統領の『アメリカ第一』を叩いているようだが。

      サンデーモーニングなんかひでーw

いかんの?



一国の最高指導者が自国優先の政治をするというのは真っ当なことだと思うのだが。


むしろ、『世界の警察官』のほうがおかしいでしょw


そもそも、アメリカが世界秩序・世界平和のためにとの建前でやってきたことはほとんど自国のため【権益】でしょうが。

ベトナム戦争、アフガン侵攻、イラク制裁。


ろくなことしてねー。


歴代大統領は、世界のためという口実をつけてアメリカの権益を守るために武力を行使してきた。

トランプ大統領は、建前でなく本音で言っているだけであろう。


日本が憲法9条をたてに自衛隊を海外に出さずにいた、そして現在も野党やマスメディアは『戦争に巻き込まれる』『人殺しをさせるのか』とPKOに反対するが・・・。


一国平和主義ってのも日本第一主義でしょ?


何度も書くけど、『われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、』と憲法前文に謳っているぞ。

憲法9条を奉じて他国の紛争のことなど知らねーよと言っている輩にトランプ大統領を批判する資格はない。


今日のニュースで、諸外国でトランプ大統領就任に反対しているデモを報じていたが、おかしいだろw

内政干渉。


第一、アメリカで正当な選挙で選ばれた人物を否定することは民主主義の否定であろう。


まだ政権発足したばかりなのだから、ちょっとモチつけ。



別にトランプさんが好きなわけではないけれど、
オイラは天邪鬼だから、過去に批判一辺倒だった エリカ様朝青龍国母くんを擁護したように今回もコメントすますた。






k_line_c.gif

映画 トランプ氏が大統領就任…「米国第一」を宣言
【ワシントン=尾関航也】米国の実業家ドナルド・トランプ氏(70)は20日、第45代大統領に就任した。

 連邦議会議事堂前での就任演説では「今日この日から米国第一だ」と述べ、外交・経済両面で国益を何よりも優先する姿勢を鮮明にした。トランプ氏は環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱方針などを示した基本政策を発表し、医療保険制度「オバマケア」に関する大統領令に署名した。ワシントン市内では全米からのトランプ氏支持者と抗議デモ参加者が衝突。分断が深まる米社会と国際秩序の先行きに懸念が強まる船出となった。

 トランプ氏は就任演説で「米国を再び強くする」「我々は国境を取り戻す」など、選挙戦で聴衆を熱狂させた言葉をちりばめながら、既定路線からの「変革」を強調した。「ワシントンの権力があなたたち国民に返還される」と、政権交代の意義を語った。
posted by 金魚 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | とつくに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif