2017年01月14日

手札はいっぱい?

映画  「一つの中国」見直しも トランプ氏、中国反発必至

メモ 【ワシントン共同=丹羽祐二】トランプ次期米大統領は米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで、中国と台湾は不可分とする「一つの中国」原則を含め「全てが協議される」と述べ、同原則の見直しもあり得るとの考えを示した。ロシアに科されている制裁解除の可能性にも触れた。同紙電子版が13日伝えた。

 「一つの中国」原則の尊重を米中の「政治的基礎」と位置付ける中国の習近平指導部の反発は必至だ。

 トランプ氏は昨年12月、米歴代政権の慣例を破って台湾の蔡英文総統と電話会談し、「為替操作国」と批判する中国に揺さぶりを掛けた。



出た!



トランプ最強!


o0800053313570651385.jpg
 一つじゃないのは素敵なことなのさ



不快感.jpg
それは「ひとつ」じゃなくて「ひとり」でしょ。




o0800053313570651385.jpg
これは、天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時からの真理(しんり)なんだな。


images.jpg
天地真理から離れろー。




    b_shibas.gif
50代以上にしか分からんネタか。







k_line_c.gif

映画  「一つの中国」見直しも トランプ氏、中国反発必至
 【ワシントン共同=丹羽祐二】トランプ次期米大統領は米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで、中国と台湾は不可分とする「一つの中国」原則を含め「全てが協議される」と述べ、同原則の見直しもあり得るとの考えを示した。ロシアに科されている制裁解除の可能性にも触れた。同紙電子版が13日伝えた。

 「一つの中国」原則の尊重を米中の「政治的基礎」と位置付ける中国の習近平指導部の反発は必至だ。

 トランプ氏は昨年12月、米歴代政権の慣例を破って台湾の蔡英文総統と電話会談し、「為替操作国」と批判する中国に揺さぶりを掛けた。

posted by 金魚 at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | とつくに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天地の真理から離れたから今の中共になっちゃうのよ、と言ってやろうw

トランプがモノを言う度に米国大手メディアそのままの日本報道者も非難批判の嵐ですが、この「台湾」だけはGJでしょう。

逃げ込まれて迫害されて、都合次第で「我が領土」じゃあ元々の台湾人はやってられんでしょう。
Posted by こーでりあ at 2017年01月16日 08:49
トランプさんは、どこまでが本気なのか、手腕があるのか、全く不明なので、コメントに困りますw
Posted by 金魚 at 2017年01月17日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif