2017年01月04日

恣意でなく思惟しましょうねw

映画 特例法に「陛下特有の事情」=天皇退位で明記検討−「意思」は盛り込まず・政府

メモ  天皇陛下の退位に関する特例法案について、政府が退位を認めるに至る一連の状況を条文に盛り込む方向で検討していることが分かった。「今の陛下特有の事情」を明記することで、退位が一代限りであることを明確にし、先例化するのを避ける狙いがある。政府関係者が3日までに明らかにした。

 具体的には、特例法案の目的を規定する第1条か前文に、陛下が高齢により公務を行うことが難しくなり、国民も退位に理解を示していることなどを明記する。
 政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)では、退位の先例ができれば、将来、強制的な退位や恣意(しい)的な退位を誘発しかねないとの意見が出されていた。政府は、「陛下に特有の事情」を法案に書き込むことで、こうした懸念の払拭(ふっしょく)に努める考え。

 また、退位の要件に関し、「天皇の意思」は盛り込まない方向。専門家の中には、強制退位を防ぐため、意思の要件化を求める意見もあるが、政府は恣意(しい)的な退位につながりかねないと判断。年齢に関しても、一律に区切るのは現実的でないとの理由から要件としない。

 特例法案では、皇室典範と宮内庁法、皇室経済法など関連法の改正を併せて行う。退位した陛下の呼称は「上皇」とし、お世話をする宮内庁組織の新設や皇位継承順位が1位となる秋篠宮さまの待遇なども決める。秋篠宮さまは予算支出で現在の皇太子と同等の待遇とする方向だ。
 退位時期については、陛下が昨年8月のお言葉で言及した「平成30(2018)年」末の実現を目指す。(2017/01/03-17:13)



うーむ。


>「今の陛下特有の事情」を明記することで、退位が一代限りであることを明確にし、先例化するのを避ける狙いがある。


もう、完全に政争化しとるのかなw


明治憲法制定時に配慮した『天皇の退位を政争の具としない制度』を堅持しようとする政府と。

自己の我儘ととられぬよう明確な制度化を欲する天皇と。

それを盾に自民党政権に揺さぶりをかけようとする民進党と。


皇室典範に明記することは改正するということ。それにより、様々な要求が出される可能性があり、女性皇族の皇位継承が俎上に載せられることもありうる。


男系の女性天皇であればよいが、女系天皇まで認めよというトンチキが相当数存在することを考慮すれば、典範の改正で根幹に踏み込むことは避けたいというのが安倍政権の考えであろう。


ところで、

天皇退位となれば、現在皇位継承順位2位の秋篠宮殿下は自動的に1位となるのであるが、現在皇太弟という制度がないためその文言を入れて確固とした地位に明記するべきという主張もあるが・・・・・

『皇太子待遇』という中途半端な定義が不満なようであるが、よく考えてもらいたい。

前述したように、典範の改正で主要な部分に踏み込めば様々な問題が生じ、収拾がつかなくなる恐れがある。

男女同権、ジェンダーフリーとかを御旗に、女系天皇まで認めさせようとする悪意の徒がいるのである。

歴史・伝統よりも現在の価値観を重視する頭のおかしい連中が跋扈している。



大日本帝国憲法を『不磨の大典』と賛美したように、現憲法も『平和憲法』として不磨の大典化されている。憲法といえど国民のための法なのであるから、不備があれば時代に即して改正すべきであるはずなのであるが、どうも日本人は硬直した考え方を好むようである。
ひとたび改正という前例をつくれば歯止めが利かなくなるのを恐れているのか。


そういう論理であれば、皇室典範も改正せず、永久に手を触れずにおくがよい。

古を振り返れば『令外官』があるように、官僚は法の改正を嫌うのであるから、適当に法を積み上げたり解釈を変えたりしてその場しのぎで柔軟に対応すればよい。


『皇太子待遇』で結構ではないか。

予算も大幅に増加するし、皇位継承順位は第1位すなわち次期天皇は法的に確立するのであるから、その存在は揺るぎない。外国の対応もそのまま皇太子待遇となることは間違いない。

あえて政治的混乱を招かぬことが上策であると思う。


おそらく政府もそういう視点から、可能な限り最小限の介入で対処する方針であろう。



それを阻止しようとする勢力と、これから政争が激しくなるのかw 






k_line_c.gif

映画 特例法に「陛下特有の事情」=天皇退位で明記検討−「意思」は盛り込まず・政府
 天皇陛下の退位に関する特例法案について、政府が退位を認めるに至る一連の状況を条文に盛り込む方向で検討していることが分かった。「今の陛下特有の事情」を明記することで、退位が一代限りであることを明確にし、先例化するのを避ける狙いがある。政府関係者が3日までに明らかにした。
 具体的には、特例法案の目的を規定する第1条か前文に、陛下が高齢により公務を行うことが難しくなり、国民も退位に理解を示していることなどを明記する。
 政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)では、退位の先例ができれば、将来、強制的な退位や恣意(しい)的な退位を誘発しかねないとの意見が出されていた。政府は、「陛下に特有の事情」を法案に書き込むことで、こうした懸念の払拭(ふっしょく)に努める考え。
 また、退位の要件に関し、「天皇の意思」は盛り込まない方向。専門家の中には、強制退位を防ぐため、意思の要件化を求める意見もあるが、政府は恣意(しい)的な退位につながりかねないと判断。年齢に関しても、一律に区切るのは現実的でないとの理由から要件としない。
 特例法案では、皇室典範と宮内庁法、皇室経済法など関連法の改正を併せて行う。退位した陛下の呼称は「上皇」とし、お世話をする宮内庁組織の新設や皇位継承順位が1位となる秋篠宮さまの待遇なども決める。秋篠宮さまは予算支出で現在の皇太子と同等の待遇とする方向だ。
 退位時期については、陛下が昨年8月のお言葉で言及した「平成30(2018)年」末の実現を目指す。(2017/01/03-17:13)
posted by 金魚 at 23:14| Comment(5) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例えば皇室典範に無い「上皇」というお立場になるとしても、一切の公的ご発言はお慎み戴きたいですし、ご旅行などは内外共に私的なものであって戴きたい。
昭和天皇がお住まいだった吹上げ御所は嫌って、先代様が「何かの時に国民が利用できる為に」と大事に保ってこられた雑木森林を切り倒し56億の広大な新御所を建てさせた今上ご夫妻が退位して、お住まいはどうなさるのでしょうね。
現皇太子の住まいは何故か新築後も何度も工事が入って総計何億の建物になるのか?
それら一切がまた振り出しから、なんてバカなことにはならない様にお願いしたいです。

秋篠宮殿下が「待遇」であれ「お扱い」であれ、皇太子位の絶対的確約とその警護と人事配置ならば納得致します。

しかし、摂政が何故駄目なのか?未だに天皇のお言葉は理解に苦しみます。
摂政であればこの様な無駄な出費は避けられる筈でしょうに。
この度の政府の原案の中で納得出来るのは、唯一秋篠宮家への待遇変更だけです。
Posted by こーでりあ at 2017年01月05日 11:51
>しかし、摂政が何故駄目なのか?未だに天皇のお言葉は理解に苦しみます。
摂政であればこの様な無駄な出費は避けられる筈でしょうに。

結局、いや、初めから、そこなんですよね。

多くの時間と国費を費やしてしまいそうです。晩節を穢してしまうなぁ・・・。
Posted by 金魚 at 2017年01月05日 20:30
年初から産経で「平成30年史」特集をしているのですが、4日は「批判報道 倒れられた皇后さま」。
<平成五年のご自分のお誕生日の祝賀行事前、天皇陛下と紀宮さまとの懇談中に突然倒れた>
という一件ですが 心因性失声症という事でしばらくお声が出なかった。

がその期間中、庶民の何人かがお話になっていた現場を拝見した「証言」もチラチラあって真相は分りません。
ただ、その件以降、
<それは両陛下のスタイルが受け入れられる契機にもなった>そして<皇后様は後年周囲に「今の自分だったら、あのくらいのことで声が出なくなったりすることはないと思う」と振り返られている>(<>はby産経)
その後の批判封じにはなった、ということでしょうか。
その延長にある皇室の感があります。
Posted by こーでりあ at 2017年01月06日 00:38
こーでりあさん、

<例えば皇室典範に無い「上皇」というお立場になるとしても、一切の公的ご発言はお慎み戴きたいですし・・・・>

そうです!その通り!お疲れなのですから、お住まいでどうぞごゆっくりお休み下さい。上皇など、ご無理なさらずに。

金魚さん、

<晩節を穢してしまうなぁ・・・>

もうとっくに穢されています。

この際、国民の皆様も天皇と憲法についてお考え頂きたいです。お気持ちの発表はまだしも、それで政府が動かざるを得ないようにされるのでは憲法違反です。
Posted by 0007 at 2017年01月06日 02:35
>この際、国民の皆様も天皇と憲法についてお考え頂きたいです。
>お気持ちの発表はまだしも、それで政府が動かざるを得ないようにされるのでは憲法違反です。

過去の様々な問題、ほとんどの国民は深く考えず、マスコミ報道に流されますからねー。
有識者も、憲法に抵触する『恐れがある』『疑いがある』と逃げ腰だしーw
Posted by 金魚 at 2017年01月06日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445515849
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif