2016年12月14日

有識者、逃げる

映画 天皇退位、一代限りで=恒久制度化は困難−有識者会議

メモ 天皇陛下の退位をめぐる政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は14日、首相官邸で第7回会合を開いた。メンバー6人による討議を行った結果、将来にわたる退位の制度化は困難との認識で一致した。政府の方針を追認し、今の天皇一代限りに退位を認める特例法が望ましいとの方向性を打ち出したものだ。

 御厨貴座長代理は会合後の記者会見で、退位の要件を恒久制度に定めることは困難との意見がメンバーから出たことを紹介。「ほぼ6人の意見が合意をみた。全体としてオーソライズされた感触だ」と述べた。さらに「議論はまとまってきており、整理してさらに深めていく」と語った。

 御厨氏によると、「時代時代で国民の意識や社会情勢は変わり得る。将来にわたって適用する退位を定めることは無理がある」「退位の要件をあらかじめ定めることは困難であり、かえって混乱を招く」などと恒久制度化のデメリットを指摘する声が相次いだ。

 11月に行った専門家ヒアリングでは、退位を容認することで皇位が不安定化する懸念も挙がっていた。これに関し、「(南北朝時代に)院政を敷いて権力をふるった上皇を、現行憲法下の象徴天皇と結び付けるのは歴史解釈として飛躍がある」との反対意見が出た。

 また、一部専門家から出た「高齢」を条件に退位を恒久制度化する案についても、「天皇に能力を求めるべきではない」として、退位に具体的な年齢を設定することに否定的な意見が出された。
 会合では、各種世論調査で退位を容認する声が多い現状が報告され、「世論調査の結果は大きな判断要素だ」との指摘があった。

 有識者会議は次回会合を1月11日に行い、同月中に論点整理を公表する。菅義偉官房長官は14日の記者会見で有識者会議の議論について「政府として国会とも相談する中で有力な内容になる」と述べ、尊重する考えを示した。(2016/12/14-18:58)




大山鳴動して・・・・・


イヤイヤイヤイヤw  それ以上は書けません。 不敬w

コイケさんの言葉を借りれば、「宮内庁周囲に頭の黒いネズミがいっぱいいる」っつうことですか。



「時代時代で国民の意識や社会情勢は変わり得る。将来にわたって適用する退位を定めることは無理がある」

「退位の要件をあらかじめ定めることは困難であり、かえって混乱を招く」

などと恒久制度化のデメリットを指摘する声が相次いだ。


メンバー、びびるw


まー、へたすりゃ『天皇制を破壊した奸物たち』と後世に語り継がれてしまいますもん、コワイよねw



今の天皇一代限りに退位を認める特例法


ジョウイ(上意)はイジョウ(異常)ってことに。
   
ワガママってことにされてまうがなw  


さぁて、この後どうなる。


【ご学友砲】が咆哮するのか、それともあの時こんなことがあったと【エピソード砲】が炸裂するのか。

    御用雑誌・御用新聞の活躍がつづく・・・・・



k_line_c.gif

映画 天皇退位、一代限りで=恒久制度化は困難−有識者会議
天皇陛下の退位をめぐる政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は14日、首相官邸で第7回会合を開いた。メンバー6人による討議を行った結果、将来にわたる退位の制度化は困難との認識で一致した。政府の方針を追認し、今の天皇一代限りに退位を認める特例法が望ましいとの方向性を打ち出したものだ。
 御厨貴座長代理は会合後の記者会見で、退位の要件を恒久制度に定めることは困難との意見がメンバーから出たことを紹介。「ほぼ6人の意見が合意をみた。全体としてオーソライズされた感触だ」と述べた。さらに「議論はまとまってきており、整理してさらに深めていく」と語った。
 御厨氏によると、「時代時代で国民の意識や社会情勢は変わり得る。将来にわたって適用する退位を定めることは無理がある」「退位の要件をあらかじめ定めることは困難であり、かえって混乱を招く」などと恒久制度化のデメリットを指摘する声が相次いだ。
 11月に行った専門家ヒアリングでは、退位を容認することで皇位が不安定化する懸念も挙がっていた。これに関し、「(南北朝時代に)院政を敷いて権力をふるった上皇を、現行憲法下の象徴天皇と結び付けるのは歴史解釈として飛躍がある」との反対意見が出た。
 また、一部専門家から出た「高齢」を条件に退位を恒久制度化する案についても、「天皇に能力を求めるべきではない」として、退位に具体的な年齢を設定することに否定的な意見が出された。
 会合では、各種世論調査で退位を容認する声が多い現状が報告され、「世論調査の結果は大きな判断要素だ」との指摘があった。
 有識者会議は次回会合を1月11日に行い、同月中に論点整理を公表する。菅義偉官房長官は14日の記者会見で有識者会議の議論について「政府として国会とも相談する中で有力な内容になる」と述べ、尊重する考えを示した。(2016/12/14-18:58)
posted by 金魚 at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だってwagamamaですもん。これ、陛下でなければ玄関払いのお話でしょ。
御高齢であることは確かですし、御本人が辞めたいと仰せなんですから、気が折れた方が続行するのは無理と判断されたのではないでしょうか。

ご自分が手探りで作り上げた「象徴天皇」のお役目が出来なくなったので退位したいご主旨だったと思いますが、ならば現在のご長男様がその「お役目」がお出来になるのか?という問題はしっかり残りますね。

上皇法王の院政は院の実権という意味なら南北朝かもしれませんが、外戚の暗躍という意味では平安中期からの方が今現在の問題として有り得る様に思え、どちらにしてもあってはならない権力構造になると思います。
摂政が二つの抗争になる懸念の陛下ですから、院政も否定されるであろうと信じたいです。(かなり無理してしまった!)
Posted by こーでりあ at 2016年12月15日 00:02
天皇の意思表明で政治が動くのを避けるために「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」とせっかく銘打ったのですから、本気で負担軽減して差し上げればいいですねw


院政はいけません、隠棲です。

退位後何もしなくていいように法に明文化して差し上げれば。

上皇でなく、譲皇とか退皇殿下とか・・・

Posted by 金魚 at 2016年12月15日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444895524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif