2016年10月11日

朝日、毎日のおバカが発覚

映画 飛行機に立ち乗り客? 全日空機、離陸直前に発覚

メモ  国土交通省は11日、全日空機が定員より多い客を誤って搭乗させ、1人が立ったまま離陸しようとするトラブルがあったと発表した。国交省は同日午後、同社を厳重注意する。

 トラブルは9月30日、福岡発羽田行きの便で起きた。国交省によると、父と一緒に搭乗予定だった息子が、間違って父親のチケットのバーコードを予約・発券サイトからダウンロードし、スマートフォンに表示させて保安検査場や搭乗口を通過した。父と同じバーコードが使われたため、「再通過」などのエラーメッセージが出たが、保安検査員らは読み取り機に複数回かざしたことが原因と考え、通過させたという。

 予約システム上では息子は「未搭乗」のまま。全日空はその席にキャンセル待ちの客1人を搭乗させた。当時は満席で、結果的に定員より1人多く搭乗してしまったという。

 駐機場を離れた後、立っている客がいることに乗務員が気づき発覚。飛行機はすぐに駐機場に戻ったという。(伊藤嘉孝)




だいぶ前から気になっていたんだけれど、

テレビのワイドショーなどで、発覚 って言葉をいいかげんに使っていて・・・

正式に結婚しているのに『誰それの妊娠が発覚』とかね・・・妊娠するのは悪事かw


最近は新聞記事にまで及んできたのかぁ。



はっ‐かく【発覚】

[名](スル)隠していた悪事・陰謀などが明るみに出ること。「不正が―する」


「発覚」を書いているのは、朝日、毎日、サンケイスポーツ


え? お前のブログ記事タイトルも誤用だろうですって?



朝日や毎日は、いつも自分たちのおバカや不正を隠し通そうとしているもの。

     バレバレだけどねw 



k_line_a.gif

映画 飛行機に立ち乗り客? 全日空機、離陸直前に発覚
 国土交通省は11日、全日空機が定員より多い客を誤って搭乗させ、1人が立ったまま離陸しようとするトラブルがあったと発表した。国交省は同日午後、同社を厳重注意する。

 トラブルは9月30日、福岡発羽田行きの便で起きた。国交省によると、父と一緒に搭乗予定だった息子が、間違って父親のチケットのバーコードを予約・発券サイトからダウンロードし、スマートフォンに表示させて保安検査場や搭乗口を通過した。父と同じバーコードが使われたため、「再通過」などのエラーメッセージが出たが、保安検査員らは読み取り機に複数回かざしたことが原因と考え、通過させたという。

 予約システム上では息子は「未搭乗」のまま。全日空はその席にキャンセル待ちの客1人を搭乗させた。当時は満席で、結果的に定員より1人多く搭乗してしまったという。

 駐機場を離れた後、立っている客がいることに乗務員が気づき発覚。飛行機はすぐに駐機場に戻ったという。(伊藤嘉孝)
posted by 金魚 at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天井からつり革下げておけば〜w

そういうことが出来るんだ!と驚きますが、悪用されかねないですね。勿論(と思いたいですが)チェック機能を向上させるでしょうけれど。

Posted by こーでりあ at 2016年10月12日 01:25
>「再通過」などのエラーメッセージが出たが、保安検査員らは読み取り機に複数回かざしたことが原因と考え、通過させたという。

こういう判断になってしまうから、チェック・システムがあっても機能しないんですね。
Posted by 金魚 at 2016年10月12日 23:18
原因は人間の思い込みですか。
最近国内航空機関係の緩みがまたぞろ報道されてきましたが、大ごとになりませんように。
Posted by こーでりあ at 2016年10月12日 23:59
結局、気の緩みが最大の要因なんですね。
Posted by 金魚 at 2016年10月14日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif