2016年10月04日

ついに5学年閉鎖

映画「小学二年生」が休刊へ 看板雑誌「小学一年生」だけに

メモ  小学館が刊行する「小学二年生」が、部数の低迷などから12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することがわかった。「小学三年生」から「小学六年生」まではすでに休刊しており、かつて同社の看板雑誌だった学年誌は「小学一年生」を残すのみとなる。

 小学館は、同社創立の1922(大正11)年に「小学五年生」と「小学六年生」を創刊。学年別学習雑誌の先駆けで、25年までに「小学一年生」から「小学四年生」までが相次いで刊行された。学年誌は同社の「創業以来の基幹事業」とされ、73年には「小学三年生」が102万部を記録するなどした。

 だが、少子化や小学生のニーズの多様化などから、発行部数は各学年とも数万部程度まで減少。「小学五年生」が2010年3月号で、「小学六年生」が同年2・3月合併号で休刊。12年には「小学三年生」と「小学四年生」も相次いで休刊した。(塩原賢)



もう、つぎつぎと学年閉鎖しちゃって・・・・・



   ついに「小学一年生」だけかぁ。



2009年から始まったのね。

※クリックすると過去記事に行くと思いまぁす。当サイトではクリック詐欺はないと思いまぁす。




いつまで『小学館』って名乗れるのか・・・w 




k_line_c.gif


映画 「小学二年生」が休刊へ 看板雑誌「小学一年生」だけに
 小学館が刊行する「小学二年生」が、部数の低迷などから12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することがわかった。「小学三年生」から「小学六年生」まではすでに休刊しており、かつて同社の看板雑誌だった学年誌は「小学一年生」を残すのみとなる。

 小学館は、同社創立の1922(大正11)年に「小学五年生」と「小学六年生」を創刊。学年別学習雑誌の先駆けで、25年までに「小学一年生」から「小学四年生」までが相次いで刊行された。学年誌は同社の「創業以来の基幹事業」とされ、73年には「小学三年生」が102万部を記録するなどした。

 だが、少子化や小学生のニーズの多様化などから、発行部数は各学年とも数万部程度まで減少。「小学五年生」が2010年3月号で、「小学六年生」が同年2・3月合併号で休刊。12年には「小学三年生」と「小学四年生」も相次いで休刊した。(塩原賢)


2009年10月記事
映画 「小学五年生」「小学六年生」休刊へ

 小学館は26日、87年前の創業以来、刊行してきた学習雑誌「小学五年生」と「小学六年生」を2009年度末で、休刊すると発表した。


 「五年生」は来年3月号、「六年生」は同2・3月合併号が最後になる。

 大手出版社が社名の由来になった基幹誌の一部休刊に踏み切る理由について、同社広報室は、「ゲーム、スポーツなど趣味の多様化が進み、男女の性差も顕著になる中、学習から生活まで幅広く網羅する編集方針が読者のニーズに必ずしも合致しなくなった」と説明している。「小学一年生」など他の学年別学習雑誌の刊行は継続し、高学年向けには来年春、「学習まんが雑誌」を創刊する。

 両誌は、学習雑誌を出そうと出版社を興した相賀武夫が1922年9月に創刊。他の学年誌の先駆けとなった。以来、ほぼ一貫して刊行され、紙製のおもちゃの付録や机に男女が向かう学年誌のシンボルマークも親しまれてきた。「ドラえもん」「ポケットモンスター」などの漫画も掲載された。

 1973年に「五年生」が63万5000部、「六年生」が46万部の最高部数を記録したが、現在は、5、6万部に落ちこんでいた。

 同社の少女漫画誌「ChuChu」も12月28日発売の2月号で休刊する。

posted by 金魚 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに歴史のある雑誌だったんですね。
知人が入社試験を受けに行って係員の対応が酷かったので、怒りに燃えて「今後一冊も買ってやらない!」と受験せずに息巻いていた会社です。ン十年前のお話ですw。

ホント、その雑誌が無くなったら社名の意味無い様な・・・子供が本を読まないのでしょうかね?
Posted by こーでりあ at 2016年10月04日 23:31
>子供が本を読まないのでしょうかね?

やはりゲームにいってしまうのでしょうか。雑誌がつまらないってことですよね。
この程度の雑誌も読まないのでは、本は読めない(読まない)のですね。
Posted by 金魚 at 2016年10月05日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif