2016年09月08日

ソンなタクらみにはのらない。

映画 生前退位に限定=特別立法で対応−政府

メモ  政府は8日、生前退位の意向を強くにじませた天皇陛下のお気持ち表明を受け設置する有識者による諮問会議について、論点を生前退位に絞り、女性・女系天皇や女性宮家創設は扱わない方針を固めた。生前退位を可能にする法整備では、いまの天皇陛下に限って対象とする特別立法を制定する方向だ。
 安倍晋三首相は8日、訪問先のラオスで同行記者団に対し、「今回は天皇陛下が国民にご発言されたことを重く受け止め、国民からこの問題に対応すべきだという意見が多数ある中、われわれも検討しなければならない」と述べ、女性・女系天皇を認めるかどうかなどは検討の対象から外す意向をにじませた。 
 論点を限定するのは、陛下が82歳とご高齢であることを踏まえ、「いつまでも議論を続けるわけにはいかない」(政府関係者)との考えが背景にある。首相もラオスで「陛下の年齢やご公務の負担の現状に鑑みつつ、陛下のご心労に思いを致し、どのようなことができるか考えたい」と表明した。
 特別立法制定も、迅速な対応を可能にするためだ。皇室典範を改正して生前退位を恒久的な制度にする場合、退位をどのような条件で認めるかや、政治的圧力による強制退位をどう防ぐかなど複雑な制度設計が必要とされ、短期間に結論を出すのは難しいとみられる。
 政府は当初、今月後半をめどに有識者会議を設置する考えだった。しかし、臨時国会の召集時期が想定より遅い今月26日となり、与野党論議に備え早急に意見聴取を始める必要性が薄れた。世論の動向を慎重に見極める観点からも、有識者会議の設置は10月以降となる見通しだ。(2016/09/08-19:10)




殿、ご乱心扱いw 


おおかたの国民は天皇制に理解ないし、どうでもいいと思っているけんねw

「陛下おかわいそう」「お疲れさま」程度の認識なのだから、特別立法でよか。



大御心を忖度してなどというアナクロは国民主権の現代には不要。

マスコミは、時計の針を戻したいのかぁ?

国民主権の民主主義なら総理大臣が国家の最高指導者のはず。



ほんと、あ奴らの主張には一貫性がない・・・・・トンチキですな。


おこころを忖度してなどと言いながら、国体を変容させようなどというソンなタクらみはいかんよ。



決まり手は、肩透かしか出し投げか・・・。

いや、先送りかw



もうひとつ、


天皇制、皇室、皇族は、法の埒外だよね。


そりゃー、ケンポーをはじめとして法で規定しなけりゃならないのだろうけれども。

義務や権利など言うのはトンチキ。


そんなもので縛りたいなら、大統領制にしろっつうの。



ある時は存在自体が尊いと言っときながら、またある時は税金で維持しているのだから祭祀と公務を義務付けよと言うのは、大きな矛盾でしょうに。


職業選択の自由を奪っておきながら、生活費を税金で賄ってやっているのだと、ああせいこうせいと文句つけるのは、卑怯千万。


あんまり非道なこと言ってると、そのうち全皇族がやーめたとなっちまいますよ。   

・・・・・オイラはそのほうがお幸せになれると思うけどね。
 

国民に無視されたなかで皇統を紡いできた歴史のほうが遥かに永いってことをあえて気づかないふりしているのかな。

絶対不可侵の統治権の総攬者の時代も数十年、象徴天皇も数十年の歴史しかないんですよ。


いったいいつの時代の天皇像が正しいものなのでしょうね。





k_line_a.gif

映画 生前退位に限定=特別立法で対応−政府
 政府は8日、生前退位の意向を強くにじませた天皇陛下のお気持ち表明を受け設置する有識者による諮問会議について、論点を生前退位に絞り、女性・女系天皇や女性宮家創設は扱わない方針を固めた。生前退位を可能にする法整備では、いまの天皇陛下に限って対象とする特別立法を制定する方向だ。
 安倍晋三首相は8日、訪問先のラオスで同行記者団に対し、「今回は天皇陛下が国民にご発言されたことを重く受け止め、国民からこの問題に対応すべきだという意見が多数ある中、われわれも検討しなければならない」と述べ、女性・女系天皇を認めるかどうかなどは検討の対象から外す意向をにじませた。 
 論点を限定するのは、陛下が82歳とご高齢であることを踏まえ、「いつまでも議論を続けるわけにはいかない」(政府関係者)との考えが背景にある。首相もラオスで「陛下の年齢やご公務の負担の現状に鑑みつつ、陛下のご心労に思いを致し、どのようなことができるか考えたい」と表明した。
 特別立法制定も、迅速な対応を可能にするためだ。皇室典範を改正して生前退位を恒久的な制度にする場合、退位をどのような条件で認めるかや、政治的圧力による強制退位をどう防ぐかなど複雑な制度設計が必要とされ、短期間に結論を出すのは難しいとみられる。
 政府は当初、今月後半をめどに有識者会議を設置する考えだった。しかし、臨時国会の召集時期が想定より遅い今月26日となり、与野党論議に備え早急に意見聴取を始める必要性が薄れた。世論の動向を慎重に見極める観点からも、有識者会議の設置は10月以降となる見通しだ。(2016/09/08-19:10)
posted by 金魚 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif