2016年08月08日

玉音放送

映画象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)

メモ 戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。

私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行なって来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。



・・・・・・・・・・

はぁ・・・・・なんで? 

これって、公的なようで、私事でしょ。

もう、年取ったから仕事できまへんって、愚痴でしょ。(言っちまったー)


・・・・・・・・・・

と、書いたのは先週だった。



天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。


赤字の部分には同意できない。

天皇としての公務、あるいは仕事がどこまでの範囲であるかの定義はない。法律の条文もない。

つまりは、今上の公務が天皇として正しいものであるかどうかは検証されていない。

昭和天皇御在位のときより遥かに増大したことはこれまでも指摘されている。

これまで今上が行っていた公務をそのまま次代が受け継ぐ必要があるのか。



ここまで踏み込んだ発言なのに・・・

『天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら』

イヤイヤイヤイヤイヤw もろ言及してるっしょ。



天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。


国民統合の象徴が揺らいだ時に、国民が動揺し社会に大きな影響があるのは当然のことである。

それが嫌ならば、憲法から天皇条項を削除すべきである。


下々の世界でも、身内に不幸があれば、闘病中に生活に大きな支障を生じるし、死亡すれば、葬儀、初七日、四十九日、初盆、初彼岸、一周忌と、一年間は行事に明け暮れるのである。残された家族は非常に厳しい状況下となるがそれを避けるのは困難である。ご存知ないのであろうか。

オイラの経験から言えば、一年間立て続けに行事があるために悲嘆にくれている暇がないw それが先人の知恵なんだろか。



始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。





はい、憲法違反!w



ここまで言われたら、政府は動かざるをえんでしょw



国民のみならず外国にも発信して内閣を動かす、それは政治的発言を超えた政治行動ではないか。


憲法を遵守し象徴天皇として歩んでこられたが、ここで大きく踏み外した感がある。




大前提である『象徴天皇』というあり方が天皇の正しい姿である保証はない。

さらにこれまで模索されたという天皇像が『象徴天皇』として正しいのかも検証されていない。

そもそも憲法の国事行為の条文は天皇の義務というより天皇の権能を制限するものである。




マスコミ、そしてマスコミの報道に踊らされて共感・感動している国民も多いようだが・・・


個人的見解・心情の発露を『大御心』ととらえてその意を汲んで政治に及ぼすのは、憲法違反じゃないすか。

  
   あ、軍靴の足音が聞こえる・・・・・w



k_line_c.gif


映画 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)
戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。

私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。

本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。


即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。


そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。


私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行なって来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。


天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。


始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。


posted by 金魚 at 19:42| Comment(7) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一体何の為の「お気持ち」発表だったのか?ここまでに掛けた事前予告時間の大きさと比べて、はあ?で御座います。
しかも英語版も作成して世界にお披露目?

中身の無さに、何の騒ぎかしら?と思うばかりでした。
御皇室ご家族内で話合い、心得違いを厳しくされるだけで解決する事を、国民の為風にお考えなら、ちとお考え違いと存じます。
Posted by こーでりあ at 2016年08月09日 01:26
オイラもメッセージに心を寄せる気にはなれません。

べったりと寄り添うマスコミ報道の気持ち悪いこと・・・。
Posted by 金魚 at 2016年08月09日 01:33
一般庶民語にすると、要するに、摂政は理由は理解されないだろうけど、とにかくイヤよ。
葬儀一連の行事は私の遺族になる者達にはとても我慢出来ない事だからもっと簡略にして欲しいモノだ。
天皇は政治的権能者では無いけど、言いたい事は言いたいわ、でしょうかね。
ま、象徴ではあらしゃらない御方ということでしょうか。
安倍総理も言いようがないでしょう。
Posted by こーでりあ at 2016年08月09日 01:57
金魚さん、

<あ、軍靴の足音が聞こえる・・・・・w>
って、意味がわかりません。何故そのように思われるのですか?

殆どの人々が願っているのは、平和より「身の安全」でしょう?本当に平和を願っているのであれば、あちこちで惨たらしいことが起こっている状況にいてもたってもいられない筈です。

で、「お気持ちの表明」につきましては、「皇族と一般人のいいとこどりはできませんよ」ってことです。
大葬の礼って周りのものが全て行うのに「家族への負担が〜」って何ですか!一般人が家長を失えば露頭に迷うこともあるのです。
このメッセージの意義が何なのかさっぱりわかりません。お望みの方向へ国民を誘導するため?そんなものに騙されないわよ、と思ったら「お疲れでしょうからゆっくりお休みを」の意見の山盛りでびっくりしました。ダッカで日本人が殺害された翌日にコンサートだか美術鑑賞だかにイソイソとお出ましになって、「行事が多くて、年だから疲れて〜」とおっしゃられても、なんともはや。
Posted by 0007 at 2016年08月09日 03:38
横から失礼します。
0007さま、「軍靴の音」が聞こえるのは陛下が昨日民主主義を破壊されたからです。

どんな法律も、議員が国会でやっさもっさ審議してから生まれるというコストのかかる民主主義的な手続きを蹴飛ばして

鶴の一声で立法されようとしています。

それが国体を危うくするものであっても
国民は抗う術を持っているのでしょうか?

ご自分は「憲法を尊重する」とおっしゃっておきながらの言行不一致。
その源の全てが「家族を思う個人的感情」です。



Posted by 苔玉 at 2016年08月09日 09:42
苔玉さん、いらっしゃいませ。
コメありがとうございます。


0007さん、苔玉さんの天皇側の要素もひとつですが。

マスゴミはですね・・・
日本が普通の国への道を歩もうとすれば、いつも「軍靴の足音ガー」ちょっとのことでも「軍靴の足音ガー」
それでいて、今回の今上の象徴天皇の矩をこえての行動に疑念をはさむどころか、まるごと受け止めるとは。

これでは民主主義の象徴天皇ではなく、絶対不可侵の天皇・大御心。戦前と変わらないではありませんか。

マス・メディアの奴らは、権力に媚びを売る大バカ野郎なんですね。共産党の志位の発言にもあきれました。

民主主義の砦のような顔をして、平気で権力にへつらう、こんなやつらに報道をまかせていたら、あっという間に振り子は右に振れてしまうでしょう。だから、彼らの常とう句でマス・メディアを揶揄したのです。

この度のマスメディアと国民の反応を見て、ああ、未だに『玉音放送』なんだなぁと思いましたね。
『玉音放送』は、自己のためでなく、国難に際して国民のために発して欲しい。
Posted by 金魚 at 2016年08月09日 21:11
苔玉さん、
私の疑問へのお答えをありがとうございました。ただ、それでも分からなかったのは、今上天皇は自衛隊すらお嫌いなのに、その天皇さんが民主主義を破壊すると何がどうなって軍国主義に繋がるのでしょう?ということです。天皇さんが安部政権に対して、「あれも、これも軍国主義に繋がる〜」といちゃもんをつけられる、というのであれば、「あ、そういう風に持っていくのですね」と解釈できますが。

金魚さん、
「彼らの常とう句でマス・メディアを揶揄したのです。」
そうだったのですか。そこまで深読み出来ませんでした。反省!

私が仕事で翻訳をしました文書に「刀や銃など兵器の後に第二段として科学兵器が登場し、その後に現れた第三の兵器がある。それはメディアであり、近代戦にはかかせないものとなった」ということが書いてありました。
ですから、メディアを手中に収めることは有力な武器を持つのと同じです。
前回と今回のインペリアル・クーデターはまさにその戦略を使っていますね。
「お気持ち」の中に「生前譲位」という言葉はメッセージには入っていなかったのに、メディアが一斉に譲位、譲位と合唱し始めたのが気持ち悪いです。
Posted by 0007 at 2016年08月10日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440867630
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif