2016年07月30日

しつこいようですが、それはイケンね。

映画天皇陛下、8月上旬に「お気持ち」表明へ テレビ中継も検討、内容は?

メモ 「生前退位」の意向を示している天皇陛下が、自らの考えを「お気持ち」として国民に表明される機会を、8月上旬にも設ける方向で宮内庁が検討していることがわかった。同庁は8月8日などを候補に、日程の検討を進めているという。7月29日、NHKニュースなどが報じた。

天皇陛下は82歳と高齢になった現在も精力的に公務を続ける一方で、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、天皇の位を数年内に皇太子さまに譲る意向を、宮内庁の関係者に示されているという。




憲法での国事行為についての条文は、これをすべきということではなく、天皇に政治的権力を持たせぬためのむしろ制限であろう。


第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。



『憲法に定められた象徴としての務め』 という解釈は誤りではないか。



『憲法に定められた象徴としての務め』とは、第六条、第七条しかない。


第六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
○2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

第七条  天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
一  憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
二  国会を召集すること。
三  衆議院を解散すること。
四  国会議員の総選挙の施行を公示すること。
五  国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六  大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七  栄典を授与すること。
八  批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九  外国の大使及び公使を接受すること。
十  儀式を行ふこと。

この中で、九、十以外はデスクワークで済む。書類に署名して印を押せばいい実務である。

組閣が深夜にまで及び、その後閣僚の任免を陛下に願うなど不遜極まる。こんなものは代理で済ませればよい。


公務を必要以上に拡大して手に余る状況にしたのは誰か。

退位の規定がないのであるから、むしろ可能な限り公務を削ぎ落し、高齢になっても続けられるようにするべきであった。





メモ 「■お気持ちの表明、どのような内容に?

「生前退位」には、皇室典範の改正など、国会での法律的な措置が必要になる。日本国憲法で天皇は「憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」と定められているが、仮に天皇陛下が退位の意向を公式表明すれば、政治的な発言と受け取られかねない。制度の改正に直結すれば、天皇の国政関与を禁じた憲法との整合性を問われかねない可能性がある。

そのため、お気持ちの表明にあたっては、「退位」という言葉や直接的な意向の表明を避けられるものとみられる。NHKニュースは関係者の話として、「(お気持ちは)ご自身の思いがにじみ出るものになるだろう」と伝えた。



退位は制度の改正が前提なのであるから、それを望み制度改正を促す会見は、憲法に抵触する。

それを回避するため不明瞭な内容のお言葉で、「忖度してよきにはからえ。」というのは、政治的発言以上に問題ではないのか。

まさに象徴天皇としての存在の否定である。


この国の政治家も役人も、常に責任を回避し玉虫色の内容で保身を図るクズばかり・・・




いいかげんによ、



 宮内庁長官、侍従長、出てこいや!



マスコミのクズ野郎どもよ、


『説明責任を果たせ』と、言ってみろや!



k_line_c.gif


映画 天皇陛下、8月上旬に「お気持ち」表明へ テレビ中継も検討、内容は?
「生前退位」の意向を示している天皇陛下が、自らの考えを「お気持ち」として国民に表明される機会を、8月上旬にも設ける方向で宮内庁が検討していることがわかった。同庁は8月8日などを候補に、日程の検討を進めているという。7月29日、NHKニュースなどが報じた。

天皇陛下は82歳と高齢になった現在も精力的に公務を続ける一方で、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、天皇の位を数年内に皇太子さまに譲る意向を、宮内庁の関係者に示されているという。

時事ドットコムによると、宮内庁は天皇の国政への関与を禁じた憲法との関係から、「生前退位」の意向が示されたことを公式には否定しているが、国内外に陛下の考えが広く伝わった方が望ましいと判断。政府と協議した上で、終戦記念日(8月15日)前にお気持ちの表明機会を設ける方針だという。

■お気持ちの表明、どのような内容に?

「生前退位」には、皇室典範の改正など、国会での法律的な措置が必要になる。日本国憲法で天皇は「憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」と定められているが、仮に天皇陛下が退位の意向を公式表明すれば、政治的な発言と受け取られかねない。制度の改正に直結すれば、天皇の国政関与を禁じた憲法との整合性を問われかねない可能性がある。

そのため、お気持ちの表明にあたっては、「退位」という言葉や直接的な意向の表明を避けられるものとみられる。NHKニュースは関係者の話として、「(お気持ちは)ご自身の思いがにじみ出るものになるだろう」と伝えた。

お気持ちの表明方法は、東日本大震災直後の時と同じく、収録した映像でのビデオメッセージのほか、テレビ中継などが検討されているという。テレビ中継を通じてのお気持ちの表明は、実現すれば初めてとなる。
posted by 金魚 at 22:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「開かれた新しい皇室」の末が結局この事態。
内廷様方が何をされても「宮内庁が悪い」とマスコミは報じるので、本当の事の責任の在り場所が国民には知らせれません。
宮内庁も宮内庁でしょうし、関係者も関係者でしょうが、内廷本体を論じる事が今の世の中でも忌避されるのが本当の解決を封じている様に思います。

お好きなようにしかなさらない方々には何も期待致しません。

Posted by こーでりあ at 2016年07月31日 00:23
一般人ならともかく、天皇陛下がお気持ちなんて表明なさちゃって良いものでしょうか?
当然政治的影響がありますよね? ミテコさんの狂乱もここまで来たかという感じです。

いくら生前退位のクーデターが不成功に終わったからといって、なんですか?これは!
現東宮への委譲はともかく、愛子さんが秋篠宮殿下を差し置いて皇太子となるようにとのお言葉であれば、私は強烈な皇室廃止派の一員となります。

安部さん、頑張って下さい!

Posted by 0007 at 2016年07月31日 05:13
>内廷様方が何をされても「宮内庁が悪い」とマスコミは報じる

マスコミのほうが閉じられているんですからねw 情けない。


>いくら生前退位のクーデターが不成功に終わったからといって

いやいや、これからでしょう。『お言葉』がいかに精緻に組み立てられるかにかかっていると思います。誰が考えるのやら・・・
そういうところを報道することこそが真のマスメディアの使命なんですが。君側の奸許すまじ。
Posted by 金魚 at 2016年07月31日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif