2013年11月06日

過ちをクリかえしてはいけない。

🎥 三越伊勢丹でも虚偽表示=中国産クリを「フランス産」

📝 三越伊勢丹ホールディングスは6日、三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店などのレストランで、ケーキに乗せた中国産のクリを「フランス産」とするなど、メニューの表示と異なる食材を提供していたと発表した。表示と異なる食材を使ったメニューは52に上り、約22万食が販売された。各店舗で、利用者に代金を返金する方針。


表示と異なる食材


まわりくどいのー。


偽表示って言わねーのかw・・・

          欺表示だよね。


📝 赤松憲常務は記者会見し、「原材料の確認が不十分だった。お客さまに大変なご迷惑を掛け、申し訳ない」と謝罪した。今後はレストランでも産地証明書の確認などを徹底し、再発防止を図る。



「原材料の確認が不十分だった。」


ハァ?😞


     そういう問題じゃないんじゃないの・・・・・





それにしても、中国産を「フランス産」ってのは、いくらなんでもなぁ。



imag.jpg
くだらない。コメントは、もっと栗エィティブであるべき。



imagesCAUPRS3P.jpg
栗問題は、わがクリの核心的利益である。


      そんなダジャレ言っちゃっていいんですか? 🐶



images.jpg
こんなつクリ話は棚上げして 先お栗してよい。



images.jpg
こんな瑣末なことを、いマロンじている場合ではない。




             dojos.gif
       もう偽装は、いいかげんにしちクリ。


k_line_c.gif

🎥 三越伊勢丹でも虚偽表示=中国産クリを「フランス産」
 三越伊勢丹ホールディングスは6日、三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店などのレストランで、ケーキに乗せた中国産のクリを「フランス産」とするなど、メニューの表示と異なる食材を提供していたと発表した。表示と異なる食材を使ったメニューは52に上り、約22万食が販売された。各店舗で、利用者に代金を返金する方針。

 虚偽表示が行われていたのは、両本店のほか、三越が札幌、仙台、高松、伊勢丹が府中、浦和、相模原の各店舗と、伊勢丹会館(東京都)にある計14レストラン。1996年から今月初めまでの間に3億円以上を販売していた。

 レストランは各店舗にテナントとして入居しており、運営は百貨店とは別。食材の仕入れなどはレストラン側が行っている。中華料理の店舗では「バナメイエビ」を「芝エビ」や「大正エビ」として、岩手県産の豚肉を「宮崎県産」として提供していた。

 赤松憲常務は記者会見し、「原材料の確認が不十分だった。お客さまに大変なご迷惑を掛け、申し訳ない」と謝罪した。今後はレストランでも産地証明書の確認などを徹底し、再発防止を図る。

 小田急百貨店も、おせち料理やレストランのメニューで虚偽表示があったと発表した。新宿店のレストランでは2006年から今年10月までの間、加工肉と表示せずに牛肉のステーキなど1万8000食を販売していた。

 百貨店では、高島屋や大丸松坂屋でも虚偽表示が明らかになっている。 

[時事通信社]
posted by 金魚 at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
直営店ではない貸店舗での偽装は貸し主には少しだけ(爪の先の先程ネ)ご愁傷様、とも思うのですが、オークラの桃花林まで、とは驚きました。

連日ゾロゾロ出して「みんなで渡れば怖くない」現象を期待している部署があるのかしら?と疑っちゃいます。

芝エビ・大正エビ・車エビなどの日本古来のエビが減少しているのか、単に安価なエビで誤魔化したのか、本当の理由が知りたいです。
捕りすぎて減少なら保護策が必要ですし、商業モラルの崩壊なら日本人そのものの問題です。
Posted by こーでりあ at 2013年11月08日 16:43
客を欺いてまで利益を上げる、しかも一流企業が・・・世も末ではないでしょうか。

こんな連中がとても本当のことを言うとは思えず・・・

まっとうに商売をしていたところは、経営が苦しく撤退してしまい、今現在ウソツキだけが残ってしまっている? ・・・こわいです。
Posted by 金魚 at 2013年11月09日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379544649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif