2008年06月17日

六甲の水

映画 <六甲の水>ラベルに事実と異なる表示 公取委が排除命令



メモ 公取委によると、同社は83年から神戸市灘区の六甲山地南側で採水しているが、2リットル用は05年1月から、同市西区に新設した六甲工場の地下約150メートルで採水する。工場は山地の花崗岩層から西に約7キロ離れている

 公取委は地質学者らに聞いて調べた結果、花崗岩層との間に水を通しにくい層があることから「花崗岩が溶け込んだ水とは言えない」と判断した。同社は「地下水が多く流れてきているとの学説がある」などと主張したが、1月、表記を削除した。




公取って、細けぇー、うるせぇー がく〜(落胆した顔)
           誉めてんのよ。




メモ 公取委は、商品名は「六甲山系地域の明確な定義がない」として不当としなかった。



公取って、おおざっぱー がく〜(落胆した顔)





        どっちやねん?kurage_2.gif






メモ 同社は「消費者にご迷惑、ご心配をかけ申し訳ない」と謝罪し、命令に従う方針。2リットルボトルは今後も販売する。




            『 六甲のみす 』
 
 
                 dojos.gif




y_line_r.gif




映画 <六甲の水>ラベルに事実と異なる表示 公取委が排除命令

 大手食品メーカー「ハウス食品」(東大阪市)が製造、販売するミネラルウオーター「六甲のおいしい水」2リットルボトルのラベル表示に、事実と異なる表示があったとして、公正取引委員会は17日、景品表示法違反(優良誤認)で同社に排除命令を出した。同社は1月から表示を改めたが、05年4月以降の売り上げは約367億円に上り、不当表示期間中の商品販売額としては過去最高という。

 「おいしい水」は国産家庭用ミネラルウオーター第1号で、0.5リットル、1.5リットル、2リットルのボトル3種を販売。

 問題になったのは「花崗岩(かこうがん)に磨かれたおいしい水 六甲山系に降った雨は、花崗岩内のミネラル分を溶かし込み、良質の水になる」などの表記。

 公取委によると、同社は83年から神戸市灘区の六甲山地南側で採水しているが、2リットル用は05年1月から、同市西区に新設した六甲工場の地下約150メートルで採水する。工場は山地の花崗岩層から西に約7キロ離れている。

 公取委は地質学者らに聞いて調べた結果、花崗岩層との間に水を通しにくい層があることから「花崗岩が溶け込んだ水とは言えない」と判断した。同社は「地下水が多く流れてきているとの学説がある」などと主張したが、1月、表記を削除した。公取委は、商品名は「六甲山系地域の明確な定義がない」として不当としなかった。

 同社は「消費者にご迷惑、ご心配をかけ申し訳ない」と謝罪し、命令に従う方針。2リットルボトルは今後も販売する。【井上直樹】
posted by 金魚 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif