2017年06月15日

ごまめの歯ぎしり

映画 徹夜、最後は数の力 与党議員にヤジ「後世に残る汚点」

メモ  「共謀罪」法案をめぐる国会での与野党攻防は15日朝まで続いた。民進党など野党4党は14日夜、衆院に安倍内閣への不信任決議案を提出して対抗。しかし、衆参で圧倒的多数を握る自民、公明の両与党が数の力で押し切り、参院本会議で異例の「中間報告」による決着になだれ込んだ。

「共謀罪」法が成立 与党が参院本会議で採決強行
【タイムライン】賛成165票、反対70票 夜通し攻防「共謀罪」法成立

詳細は下部



『 最後は数の力 』



多数決の原理は民主主義の構成原理です。


最後は採決で数の力がものを言います。

      悔しかったら選挙で勝てよな。



むしろ、退位特例法のように、主張が異なるにもかかわらず、国会で審議せずにわずかの人数で談合を行い、合意してから形だけの採決をしたことのほうが国会の歴史の大きな汚点になるのではないかいな。


ああいう最も重大な懸案こそ、徹底的に意見を戦わすべきだと思う。


もうひとつ、


海外でテロが頻発しているのにそれを心配せずに、国家の取り締まりの方ばかりを心配するってのがよくわかりませんな。


 憲法九条もしかり。





k_line_a.gif


映画 徹夜、最後は数の力 与党議員にヤジ「後世に残る汚点」
 「共謀罪」法案をめぐる国会での与野党攻防は15日朝まで続いた。民進党など野党4党は14日夜、衆院に安倍内閣への不信任決議案を提出して対抗。しかし、衆参で圧倒的多数を握る自民、公明の両与党が数の力で押し切り、参院本会議で異例の「中間報告」による決着になだれ込んだ。

「共謀罪」法が成立 与党が参院本会議で採決強行
【タイムライン】賛成165票、反対70票 夜通し攻防「共謀罪」法成立

 「民主主義を否定するまれにみる暴挙だ。看過することはできない」。日付をまたいだ15日午前0時すぎ。拍手とヤジで騒然とする衆院本会議で、民進の安住淳・代表代行は、不信任決議案の提案理由を30分間にわたって述べた。「共謀罪」法案の採決強行に加え、「森友学園」への国有地売却問題や「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐる疑惑を挙げ、安倍政権への批判を展開した。

 自民の西村康稔・総裁特別補佐は「与党が十分な審議を積み重ねていこうとしていた矢先、野党自らが委員会の審議を止めた」と「否決」を呼びかけた。記名投票が続く中、国会の外では、市民団体が「共謀罪は絶対いらない」などと訴える声が響いた。

 午前2時前、不信任決議案は与党や日本維新の会などの反対多数で否決。安倍晋三首相が壇上で立ち上がり一礼すると、与党席から拍手がわいた。

 自民の二階俊博幹事長は決議案の否決後、参院幹部のもとを訪れ「最後まで自民党らしく頑張っていただきたい」と激励。一方、民進の山井和則・国対委員長は「安倍政権は国会の歴史に大きな大きな汚点を残した」と断じた。

 午前2時半から、共謀罪法案をめぐる参院本会議が断続的に開会。民進党の蓮舫代表は反対討論で「この法案は、まだ犯罪に着手していない国民を刑務所に入れることができる。審議は全く不十分だ」と指摘した。

 午前4時に空が白み始めた。すぐに法案の審議に入るよう求める動議への投票が始まると、与党議員に「後世に残る汚点だ」とのヤジが浴びせかけられる。議場後方に座るベテランたちはうなだれたように座っていた。

 午前7時10分過ぎからの採決では、自由、社民の青木愛▽木戸口英司▽福島瑞穂▽又市征治▽森ゆうこ▽山本太郎の6氏と、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子氏の計7議員が「牛歩」で臨んだ。伊達忠一議長が投票時間を制限し、「速やかに投票を願います」と要請。約30分後、開票結果が発表され、賛成165票、反対70票で共謀罪法が可決、成立した。牛歩の7議員のうち、3議員は制限時間を超えたとして「投票せず」の扱いとされた。投票箱に自ら積んだ反対票は、結果に加えられなかった。

posted by 金魚 at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif