2017年06月03日

なんで吉祥寺?

映画 吉祥寺で「反天皇制」デモ 激怒した右翼団体も続々と集結 街は一時騒然となり・・・

メモ 「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)を主な母体とする「6・3天皇制いらないデモ実行委員会」が3日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅周辺で「帰ってきた天皇制いらないデモ」を行い、反天連が動員した百数十人のほかに、数百人の機動隊、警備、公安関係者、デモに抗議する右派団体の関係者らで街は騒然となった。


反天連って、伴天連の手先すか?



反天連が動員した百数十人・・・

『主催者発表で一万人』とか書かないのかと思ったら産経記事でしたね。

つか、

メモ 数百人の機動隊、警備、公安関係者、デモに抗議する右派団体の関係者らで街は騒然となった。


この数百人って、機動隊だけを指すのか、機動隊、警備、公安関係者、デモに抗議する右派団体の関係者ら全部を含めるのか、わかりませんが。

百数十人のデモに数百人なんてもったいないねw



メモ 3日のデモでは、デモ隊が通行する前後をシャットアウトするなどして右派団体の関係者が近づけないようにした。デモ隊は「公安警察は弾圧をやめろ」などとシュプレヒコールを上げて解散した。大きなトラブルはなかったが、右派団体のメンバーが「あんな連中を守るのか」などとかみつく姿が見られた。
 

なんだ、デモ隊守るために機動隊出たのか?


守ってもらって、「公安警察は弾圧をやめろ」はねーよね ( ̄▽ ̄)


メモ 天皇陛下が退位される意向を示されたことを「憲法違反だ」として、激しく非難している。


なんだ、正しいこと言ってるじゃないの。


つーか、

天皇制反対してて、そんな細かいことに食いつくなよw



k_line_c.gif


映画 吉祥寺で「反天皇制」デモ 激怒した右翼団体も続々と集結 街は一時騒然となり・・・
「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)を主な母体とする「6・3天皇制いらないデモ実行委員会」が3日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅周辺で「帰ってきた天皇制いらないデモ」を行い、反天連が動員した百数十人のほかに、数百人の機動隊、警備、公安関係者、デモに抗議する右派団体の関係者らで街は騒然となった。

 午後2時半ごろ、武蔵野市の井の頭公園・三角広場を出た反天連が「天皇制いらない」「天皇制は差別の根源だ」などとシュプレヒコールを上げて姿を現すと、右派団体が「日本から出て行け」「反天連つぶせ」と隊列に怒声を浴びせた。

 東京都中央区の会社員の女性(48)は「言論の自由はあるが、デモの趣旨には賛成できない」と話し、近くに住む家族連れの男性会社員(41)は「先日も大きなデモがあって街が騒然とした。正直言うと、吉祥寺でやるのは勘弁してほしい」と話した。

 昨年11月にも反天連はJR吉祥寺駅周辺でデモを行ったが、このときは激高した右翼団体関係者らが反天連の街宣車のフロントガラスを壊すなどし、警視庁は関係者11人を器物損壊容疑で書類送検するなどしている。

 3日のデモでは、デモ隊が通行する前後をシャットアウトするなどして右派団体の関係者が近づけないようにした。デモ隊は「公安警察は弾圧をやめろ」などとシュプレヒコールを上げて解散した。大きなトラブルはなかったが、右派団体のメンバーが「あんな連中を守るのか」などとかみつく姿が見られた。

 反天連は昭和59年、新左翼系の評論家、菅孝行氏を中心に設立され、天皇制廃止を訴えているとされる。天皇陛下が退位される意向を示されたことを「憲法違反だ」として、激しく非難している。

posted by 金魚 at 23:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリは燃えているか

映画 米、パリ協定離脱表明=トランプ氏「不公平」−地球温暖化対策で国際的な信頼喪失

メモ  【ワシントン時事】トランプ米大統領は1日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると表明した。自国にとって「不公平な」協定の否定は主権回復に当たると主張した。世界2位の温室効果ガス排出国である米国が協定から離れることで、対策が形骸化する恐れがある。
 地球規模の課題でリーダーシップを発揮してきた米国が国際的な信頼を失うのは避けられない。

 離脱表明を受け、ドイツ、フランス、イタリアは共同声明で遺憾の意を表したほか、日本政府も「人類の英知に背を向けた」(山本公一環境相)と失望感をあらわにした。米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は強く抗議し、政権の政策助言機関メンバー辞任を明言。トランプ政権が国内外で孤立を深める事態が現実味を帯び始めている。

 トランプ氏はホワイトハウスでの演説で、パリ協定は「極めて不公平」と批判。中国やインドなどに比べ米国が順守すべき条件が不利だとして「米国第一」の姿勢を前面に押し出した。他国が米国を出し抜いて雇用や産業に打撃を与えていると不満を表し、「米国を懲らしめる協定を支持できない」と訴えた。 
 さらに、オバマ前政権が打ち出した「2025年のガス排出量を05年比で最大28%削減する」との目標を撤回。途上国の温暖化対策を支援する基金への拠出停止も表明した。
 
詳細は下部参照。


トランプ、パリ協定やめるってよ。



TPPに続き、パリ協定の手札も捨てちゃうのかー。


もっとも、大統領選の公約なんだから、有権者との約束守ったわけですねw 


chart03_01_img01.jpg
出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/chart/chart03_01.html
)より




k_line_c.gif

映画  米、パリ協定離脱表明=トランプ氏「不公平」−地球温暖化対策で国際的な信頼喪失
【ワシントン時事】トランプ米大統領は1日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると表明した。自国にとって「不公平な」協定の否定は主権回復に当たると主張した。世界2位の温室効果ガス排出国である米国が協定から離れることで、対策が形骸化する恐れがある。
 地球規模の課題でリーダーシップを発揮してきた米国が国際的な信頼を失うのは避けられない。

 離脱表明を受け、ドイツ、フランス、イタリアは共同声明で遺憾の意を表したほか、日本政府も「人類の英知に背を向けた」(山本公一環境相)と失望感をあらわにした。米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は強く抗議し、政権の政策助言機関メンバー辞任を明言。トランプ政権が国内外で孤立を深める事態が現実味を帯び始めている。

 トランプ氏はホワイトハウスでの演説で、パリ協定は「極めて不公平」と批判。中国やインドなどに比べ米国が順守すべき条件が不利だとして「米国第一」の姿勢を前面に押し出した。他国が米国を出し抜いて雇用や産業に打撃を与えていると不満を表し、「米国を懲らしめる協定を支持できない」と訴えた。 
 さらに、オバマ前政権が打ち出した「2025年のガス排出量を05年比で最大28%削減する」との目標を撤回。途上国の温暖化対策を支援する基金への拠出停止も表明した。

 トランプ政権は「公平」な条件や新協定を求めて再交渉に乗り出す構えを示した。だが、国連気候変動枠組み条約事務局は2日声明を発表し、政権と対話する姿勢を示しながらも、「一国の要請で再交渉はできない」と指摘。政権が得意とする一方的に圧力をかける「取引」にクギを刺した。

 政府の方針に対し、カリフォルニア、ニューヨーク、ワシントン3州は、独自に温暖化対策の強化を目指す連合を組むと表明。「闘う用意はできている」(カリフォルニア州のブラウン知事)と、トランプ氏に反旗を翻し、他の州に参加を呼び掛けた。

 トランプ氏は大統領選公約でパリ協定からの離脱を掲げていたが、長女のイバンカさんやティラーソン国務長官が国際的な信用に傷が付くことを懸念して、協定残留へ説得を続けていたとされる。しかし最終的に、離脱を後押ししていたバノン首席戦略官・上級顧問ら保守強硬派の意向が通った形だ。
 トランプ氏は、政権とロシアをめぐる疑惑で連日、メディアの厳しい追及を受けている。離脱公約を実現することで、政策実行能力をアピールするとともに、支持層である保守層の基盤を固める狙いがあったとみられている。しかし、政権内部にしこりが残った可能性が高く、今後は権力争いが政策決定に影響する恐れもある。

 パリ協定は、発効から4年後に締結国が離脱できると規定。米国は早くて20年11月4日に手続きが完了する。ただ次回大統領選の翌日となるため、協定離脱の是非が選挙の争点になれば、実際の離脱完了が遅れたり、新政権によって覆されたりすることもあり得る。
posted by 金魚 at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif