2020年02月21日

まだまだ終息のめどは立たず。

映画 中国、新型コロナウイルスの新たな感染者889人 前日から一転増加

メモ  中国国家衛生健康委員会は21日、中国本土の新型コロナウイルスの新たな感染者が20日は889人だったと明らかにした。19日の394人から増加した。

感染者は累計7万5465人となった。

中国本土でのこれまでの死者は20日時点で2236人となり、前日から118人増えた。

湖北省では20日の新たな死者が115人、省都の武漢市では99人となった。


はぁ?

感染者数減らしたいために集計法変えたのに増えちゃったんすか?・・・大丈夫?


映画 中国本土で死亡2236人に…北京の病院で集団感染も

メモ  【北京=比嘉清太】新型コロナウイルスによる肺炎について、中国政府の国家衛生健康委員会は21日、中国本土の死者が前日より118人増えて2236人になったと発表した。感染者は889人増えて7万5465人となった。21日午前0時(日本時間午前1時)時点の集計だとしている。

 新たな死者のうち115人が湖北省だった。中国本土の重症者は1万1633人に上っている。

 北京市当局者は20日の記者会見で、市中心部・西城区の病院で集団感染が起き、医療従事者8人を含む36人が感染したと発表した。



首都北京でまだ感染者出ている状態だからなぁ・・・

    日本は人のこと言えんけど・・・


映画 中国各地の刑務所で新型コロナ集団感染、新たに500人超に陽性反応

メモ  【AFP=時事】中国当局は21日、本土各地の刑務所で合わせて500人以上の新型コロナウイルス感染者が新たに確認されたと発表した。刑務所が集団感染の温床となっている恐れが高まっている。

 昨年12月に新型コロナウイルスが最初に確認され、流行の中心地となっている湖北(Hubei)省では、これまで当局が把握していなかった感染者220人が新たに確認された。刑務所内の感染者数は、21日までに計271人となった。

 地元共産党紙の湖北日報(Hubei Daily)は、このうち230人は武漢(Wuhan)にある女性刑務所1か所で確認され、この刑務所では感染拡大阻止のため収容棟が解体されたと報じた。また、同省では沙洋(Shayang)県の刑務所でも41人の感染が報告されている。

 一方、山東(Shandong)省の衛生健康委員会は、同省東部にある任城(Rencheng)刑務所で看守7人、受刑者200人が、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを記者会見で明らかにした。

 山東省内では別の刑務所でも職員5人の感染が判明しており、同省の司法当局トップと刑務所管理当局者2人が更迭されたという。省刑務所管理当局トップは、「われわれの実施した(感染)予防管理措置が効果的でなかった」結果だと認めた。

 また、浙江(Zhejiang)省の刑務所でも新たに34人の感染者が見つかり、所長と幹部1人の合わせて2人が更迭された。



うーむ。

 >中国当局は21日、本土各地の刑務所で合わせて500人以上の新型コロナウイルス感染者が新たに確認されたと発表した。


こんなのが続々出てくる可能性があるのか。

大本営発表では、 【 感染のピークは2月中旬から下旬 】




k_line_c.gif


映画 中国、新型コロナウイルスの新たな感染者889人 前日から一転増加
中国国家衛生健康委員会は21日、中国本土の新型コロナウイルスの新たな感染者が20日は889人だったと明らかにした。19日の394人から増加した。

感染者は累計7万5465人となった。

中国本土でのこれまでの死者は20日時点で2236人となり、前日から118人増えた。

湖北省では20日の新たな死者が115人、省都の武漢市では99人となった。


映画 中国本土で死亡2236人に…北京の病院で集団感染も
【北京=比嘉清太】新型コロナウイルスによる肺炎について、中国政府の国家衛生健康委員会は21日、中国本土の死者が前日より118人増えて2236人になったと発表した。感染者は889人増えて7万5465人となった。21日午前0時(日本時間午前1時)時点の集計だとしている。

 新たな死者のうち115人が湖北省だった。中国本土の重症者は1万1633人に上っている。

 北京市当局者は20日の記者会見で、市中心部・西城区の病院で集団感染が起き、医療従事者8人を含む36人が感染したと発表した。


映画 中国各地の刑務所で新型コロナ集団感染、新たに500人超に陽性反応
【AFP=時事】中国当局は21日、本土各地の刑務所で合わせて500人以上の新型コロナウイルス感染者が新たに確認されたと発表した。刑務所が集団感染の温床となっている恐れが高まっている。

 昨年12月に新型コロナウイルスが最初に確認され、流行の中心地となっている湖北(Hubei)省では、これまで当局が把握していなかった感染者220人が新たに確認された。刑務所内の感染者数は、21日までに計271人となった。

 地元共産党紙の湖北日報(Hubei Daily)は、このうち230人は武漢(Wuhan)にある女性刑務所1か所で確認され、この刑務所では感染拡大阻止のため収容棟が解体されたと報じた。また、同省では沙洋(Shayang)県の刑務所でも41人の感染が報告されている。

 一方、山東(Shandong)省の衛生健康委員会は、同省東部にある任城(Rencheng)刑務所で看守7人、受刑者200人が、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを記者会見で明らかにした。

 山東省内では別の刑務所でも職員5人の感染が判明しており、同省の司法当局トップと刑務所管理当局者2人が更迭されたという。省刑務所管理当局トップは、「われわれの実施した(感染)予防管理措置が効果的でなかった」結果だと認めた。

 また、浙江(Zhejiang)省の刑務所でも新たに34人の感染者が見つかり、所長と幹部1人の合わせて2人が更迭された。【翻訳編集】 AFPBB News

posted by 金魚 at 20:53| Comment(0) | CHIRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちゅう禍の記事にしてはまともな内容

映画 ダイヤモンド・プリンセス号からの下船は日本の心が大きいからではなくやむを得ずの対応―中国メディア

メモ  2020年2月20日、中国紙・斉魯晩報は、新型コロナウイルスの感染者が出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から乗客を下船させたのは、日本の心が大きいからではなく、やむを得ないことだとする記事を掲載した。

記事は、19日、ダイヤモンド・プリンセス内で隔離されていた乗客のうち、新型コロナウイルスの検査で陰性だった約500人が下船したと紹介。下船後はさらなる隔離が必要ではなく帰宅できるが、一部メディアからは交差感染の可能性を排除しきれないとの心配の声が出ていると伝えた。

例えば、インタビューに応じた専門家は、「ウイルスが船のセントラルエアコンを通して感染した可能性を排除しきれず、感染者と同室の乗客と感染者とは別の部屋にいた乗客に、本質的な違いはない。日本政府がこの両者を分けて扱うという方法は理解に苦しむ」との見解を示したと伝えた。仮に、下船した乗客の中に「偽陰性」の人がいた場合、これまでの隔離措置が無駄になってしまう可能性があるとしている。

以下省略 詳細下部

うむ。

>では、なぜ日本政府はそれでも乗客を下船させることにしたのだろうか。記事は「国際世論の圧力と国内の法律」のため、「やむを得ずの措置だった」と分析。日本の現行の法律では、日本政府に濃厚接触者を必要に応じて無期限で隔離できるという権限がないため、2月5日から14日間の隔離が日本政府に与えられたほぼ最大の法的な権限であると解説した。


>また、「ダイヤモンド・プリンセスの船籍は英国であるため、日本の法律と行政権を適用できないことが対応をさらに複雑にしている」と記事は指摘。新型コロナウイルスの感染拡大は航行期間中に発生したと考えられるため、公海上の船舶は国際法からすると、日本に感染拡大防止のための措置を取る権限と義務がないことになるという。そして、責任を担うべきなのは船が所属する英国であって、現在までのところ、英国は日本政府に隔離する権限を与えていないので、厳密にいえば日本政府が船内の乗務員を隔離することは違法となるリスクがあると論じた。


>その上で記事は、「ダイヤモンド・プリンセスの乗客は56の国や地域から来ており、それぞれの国が自国民の健康や置かれている環境に関心を示していた」と紹介。


それでも、乗客や本国の家族からは不満・批判が出るのは致し方ない。

寄港を拒否するか、やるからにはでき得るだけの対応をとるべきだった。中途半端だったな。

ハイジャックに対しては、「人命は地球より重い」なんて抜かしていたくせに、今回はどうした?

要は、厚労省の役人と日本の感染症の学者が役立たずだったということ。本当に有為の研究者であったのなら、もっと当初から提言し関わるべきだろう。終わってからうだうだ言うな。




y_line_r.gif


映画 ダイヤモンド・プリンセス号からの下船は日本の心が大きいからではなくやむを得ずの対応―中国メディア
2020年2月20日、中国紙・斉魯晩報は、新型コロナウイルスの感染者が出たクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から乗客を下船させたのは、日本の心が大きいからではなく、やむを得ないことだとする記事を掲載した。

記事は、19日、ダイヤモンド・プリンセス内で隔離されていた乗客のうち、新型コロナウイルスの検査で陰性だった約500人が下船したと紹介。下船後はさらなる隔離が必要ではなく帰宅できるが、一部メディアからは交差感染の可能性を排除しきれないとの心配の声が出ていると伝えた。

例えば、インタビューに応じた専門家は、「ウイルスが船のセントラルエアコンを通して感染した可能性を排除しきれず、感染者と同室の乗客と感染者とは別の部屋にいた乗客に、本質的な違いはない。日本政府がこの両者を分けて扱うという方法は理解に苦しむ」との見解を示したと伝えた。仮に、下船した乗客の中に「偽陰性」の人がいた場合、これまでの隔離措置が無駄になってしまう可能性があるとしている。

では、なぜ日本政府はそれでも乗客を下船させることにしたのだろうか。記事は「国際世論の圧力と国内の法律」のため、「やむを得ずの措置だった」と分析。日本の現行の法律では、日本政府に濃厚接触者を必要に応じて無期限で隔離できるという権限がないため、2月5日から14日間の隔離が日本政府に与えられたほぼ最大の法的な権限であると解説した。

また、「ダイヤモンド・プリンセスの船籍は英国であるため、日本の法律と行政権を適用できないことが対応をさらに複雑にしている」と記事は指摘。新型コロナウイルスの感染拡大は航行期間中に発生したと考えられるため、公海上の船舶は国際法からすると、日本に感染拡大防止のための措置を取る権限と義務がないことになるという。そして、責任を担うべきなのは船が所属する英国であって、現在までのところ、英国は日本政府に隔離する権限を与えていないので、厳密にいえば日本政府が船内の乗務員を隔離することは違法となるリスクがあると論じた。

その上で記事は、「ダイヤモンド・プリンセスの乗客は56の国や地域から来ており、それぞれの国が自国民の健康や置かれている環境に関心を示していた」と紹介。米国政府は17日にチャーター便を用意し14人の感染者を含む330人を帰国させたほか、カナダやイタリア、オーストラリアなどもチャーター便の派遣を決定しており、イスラエルなどは自国民の下船を要求していたと伝えた。(翻訳・編集/山中)
posted by 金魚 at 18:43| Comment(0) | CHIRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

感染者が多いので、診断基準を元に戻しましたぁ、テヘ。

映画 中国で一日の感染増加が1000人下回る 集計法再改定

メモ   新型コロナウイルスによる一日の感染者の増加数が中国本土で1000人を下回りました。先月26日以来、初めてです。

 中国の衛生当局は、新型コロナウイルスによる中国本土の死者は湖北省や上海などで新たに114人増えて2118人に上ると発表しました。中国本土の感染者は新たに394人増えて7万4576人になりました。一日で増加した数が1000人を下回るのは先月26日以来、初めてです。当局は先週の発表から画像診断で肺炎の特徴が見られた場合は感染者とみなしていました。しかし、19日から再びこの診断手法を含まない集計方法に改めたため、感染者の数が大幅に減少したとみられます。


はぁ?

 >当局は先週の発表から画像診断で肺炎の特徴が見られた場合は感染者とみなしていました。しかし、19日から再びこの診断手法を含まない集計方法に改めたため、感染者の数が大幅に減少したとみられます。

あんまり感染者が多くなったので、過少申告に戻したんかい?  

バカやな。

まー、感染のピークは2月中旬から下旬になるって言っちゃったからね。




k_line_c.gif


映画 中国で一日の感染増加が1000人下回る 集計法再改定
 新型コロナウイルスによる一日の感染者の増加数が中国本土で1000人を下回りました。先月26日以来、初めてです。

 中国の衛生当局は、新型コロナウイルスによる中国本土の死者は湖北省や上海などで新たに114人増えて2118人に上ると発表しました。中国本土の感染者は新たに394人増えて7万4576人になりました。一日で増加した数が1000人を下回るのは先月26日以来、初めてです。当局は先週の発表から画像診断で肺炎の特徴が見られた場合は感染者とみなしていました。しかし、19日から再びこの診断手法を含まない集計方法に改めたため、感染者の数が大幅に減少したとみられます。
posted by 金魚 at 23:11| Comment(0) | CHIRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

今頃になって・・・

映画 死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない

メモ  米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。

■インフル患者の中に新型コロナ感染者が相当数含まれる可能性

 世界的に新型コロナウイルス関連のニュースが相次ぐ中、2月14日、筆者たち医師にとって極めて気になるニュースが飛び込んできた。それは、米当局が「インフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス検査を開始する」というものである。

 筆者は早速、記事のソースであるCDC(Centers for Disease Control and Prevention米疾病対策センター)ホームページを確認した。CDCとは、米国で感染症対策の司令塔となる国立総合研究所である。感染症対策としてはWHO(World health organization世界保健機構)と並ぶ、世界的に信頼できる組織として医療界では扱われている。そのCDCが記者会見(2月14日)で、「新型コロナの検査対象を大幅に見直す」という発表をしたのだ。日本国内ではそれほど大きく報道されていないが、これはとても重要な意味がある。

詳細下部

( ゚Д゚) ドヒャ

>米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。


クルーズ船の件で日本をバカにしていたけれど、もしこれで新型肺炎の患者がぞろぞろ出てきたら・・・・・

バカにしちゃうよ。



y_line_r.gif


映画 死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない
米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。麻酔科医の筒井冨美氏は、「インフル患者とされた人の中に、相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」という――。

■インフル患者の中に新型コロナ感染者が相当数含まれる可能性

 世界的に新型コロナウイルス関連のニュースが相次ぐ中、2月14日、筆者たち医師にとって極めて気になるニュースが飛び込んできた。それは、米当局が「インフルエンザに似た症状が確認された患者に対し、新型コロナウイルス検査を開始する」というものである。

 筆者は早速、記事のソースであるCDC(Centers for Disease Control and Prevention米疾病対策センター)ホームページを確認した。CDCとは、米国で感染症対策の司令塔となる国立総合研究所である。感染症対策としてはWHO(World health organization世界保健機構)と並ぶ、世界的に信頼できる組織として医療界では扱われている。そのCDCが記者会見(2月14日)で、「新型コロナの検査対象を大幅に見直す」という発表をしたのだ。日本国内ではそれほど大きく報道されていないが、これはとても重要な意味がある。

■米疾病対策センターが「方針転換した」コワい意味

 CDCのウェブページによると、新型コロナウイルスとは「中国発祥の新規感染症」と扱われており、2月上旬まで検査対象は「『中国への旅行者、旅行者と濃厚接触者』『発熱もしくは呼吸器症状がある人』の双方の条件を満たす」であり、2月14日時点での米国内患者数は443人検査したうち15人だった。

 しかしながら、新型コロナは「ウイルスに感染しても無症状期がある」「無症状患者でも感染力がある」と判明しつつある。そのため、CDCセンター長は次のように宣言した。

 「ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ニューヨークの5大都市における公衆衛生検査機関で、既存のインフルエンザ監視システムと協力して、インフルエンザに似た症状を示した患者に対しても、新型コロナ検査を開始する」

 つまり、大量検査体制の確立もあって、CDCは「中国に無関係でも呼吸器症状があれば検査を行う」と方針転換したわけだ。

■インフル死者1万4000人中どれくらいの新型コロナ感染者がいるのか

 すでに報道されているように米国内では2019‐20年の冬、季節性インフルエンザが猛威をふるっている。CDCによれば「患者数2600万人以上、入院者約25万人、死者約1万4000人」と推定されている。

 米国は日本のような皆保険ではなく、医療機関の受診には高い費用が伴う。「風邪で外来受診すると5万円」レベルの自己負担が一般的であるため、一般庶民は風邪をひくと「たぶんインフルだな、流行っているし」と自己判断で自宅療養するケースが多い。

 また、職場も「病院受診や診断書は不要、自己申告で病休可能」が主流である。よって、「2600万人のインフルエンザ患者」という統計の大部分は、症状のみで判断されている。

 症状(特に初期)だけではインフルエンザと新型コロナの区別は困難だ。

 インフルエンザの迅速検査キットは簡便性があるが正確性には限界があり、自己申告の“インフルエンザ”患者は簡易検査すらされていない可能性が高い。

 そして、今回の検査方針転換によって、今までの統計上“インフルエンザ”と扱われてきた患者の中に、相当数の新型コロナ患者が含まれていたことが判明する可能性がある。

■米国ではすでに「新型コロナが流行していた」のか? 

 その結果次第では「米国では今冬インフルエンザが大流行」と報道されていた感染症の実態は、「実は新型コロナが以前から流行していた」と覆るかもしれない。2月15日に「名古屋市の日本人夫婦がハワイ旅行の後、新型コロナ感染」が判明しているが、これをその米国での流行のサインではないか、ととらえる日本人医師さえいる。

 日本の新型コロナ対策は、ここへきてようやく「市中感染」を前提としたものに移りつつあるが、これまでは「ダイヤモンド・プリンセス号の停留」や「中国航路の減便」など、「対中国の水際対策」が中心だった。

 今後もし、米国で広範囲の感染が確認された場合、「中国関係者のみ排除しても意味がない」ことはますます明白なものとなるだろう。実際、2月15日には、和歌山の医療機関で5人の新型コロナ集団感染が報告されている。これも中国とは無関係で感染ルートが今のところ不明である。

 「潜伏期や無症状患者を考えると、日本国内でも新型コロナの大量検査体制が確立されたら、中国とは無関係な感染者が多数検出されるはず」と考える医師は多く、筆者もその一人である。

■アメリカの新型コロナ「感染爆発」なら日本人はどう対処すべきか

 このCDCの調査結果によっては、日本の防疫体制も「水際対策」から「すでに国内に存在する感染症との闘い」へと、根本的な変更を余儀なくされそうである。厚労省の対応はより早急なものが求められるようになる。

 後手後手の感が否めない日本の新型コロナ対策だが、個人としてはどのように防衛すればいいのか。

 仮に中国だけでなく、アメリカでも新型コロナ感染者が多数発生し、「感染爆発」という事態になったとしても、私たち日本人にできる感染症対策はこれまでと大きな変化はない。

 「こまめな手洗い」
「マスク(一般用で十分)」
「症状があれば休んで自宅療養」
「不要な人混みへの外出を避ける」

 これを徹底するしかない。そして医療者としては、この新型コロナを契機に、いざという時には職場(学校)ではインターネットを活用した在宅勤務(学習)を、行政には「オンライン診療」ができる仕組みづくりを考えるべきだと思っている。

筒井 冨美(つつい・ふみ)


posted by 金魚 at 00:00| Comment(6) | CHIRS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif