2019年03月17日

天皇、総理大臣を超える存在

映画 元号 十数案を絞り込み…官房長官、3案前後に

メモ  政府が4月1日に決定する新元号の選定過程の概要が15日、分かった。菅官房長官が決定当日までに、学者から提出された十数の元号案を3案前後に整理する。当日は有識者や衆参両院の正副議長の意見聴取から公表までに2時間〜2時間半程度を見込む。



ゲゲゲッ!

>菅官房長官が決定当日までに、学者から提出された十数の元号案を3案前後に整理する。

オイオイオイオイオイ、

イヤイヤイヤイヤイヤ、


元号は官房長官が決定するのか!?


菅さんってスゴイ。 (´・ω・`)







k_line_c.gif


映画 元号 十数案を絞り込み…官房長官、3案前後に
政府が4月1日に決定する新元号の選定過程の概要が15日、分かった。菅官房長官が決定当日までに、学者から提出された十数の元号案を3案前後に整理する。当日は有識者や衆参両院の正副議長の意見聴取から公表までに2時間〜2時間半程度を見込む。
posted by 金魚 at 20:47| Comment(2) | ジョウイでござる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄な防衛力の整備は止めよ。

タイトル、左翼のブログみたいなーw


映画 防衛省の公募制度を巡り日本天文学会が声明「人類の平和脅かさず」

メモ  軍事応用が可能な基礎研究に助成する防衛省の公募制度を巡り、日本天文学会は16日、「人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動はしない」との声明をまとめたと発表した。

 日本学術会議は2017年の声明で、公募制度を「政府による介入が著しく、問題が多い」と指摘。学会や大学に軍事研究に関する指針の策定などを求めていた。

 宇宙から飛来する微弱な電波を検出する技術をレーダーに転用できるなど、天文学の研究は軍事研究につながりやすい。

 天文学会の調査では、会員の過半数が公募制度反対だが、声明を巡っては意見の対立もあったという。




はぁ。

>「人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動はしない」

素晴らしいこと言ってるつもりなんだろね。

阿呆。

日本国民は人類じゃねーのか?

より優位な他国の軍事力で日本国民の安全や平和が脅かされるんじゃないんすかぁ。


おまいらのノーミソほんとお花畑やな。 (`^´)



もっとひどいのがあるけど・・・

映画 「相手の射程外から攻撃可能」戦闘機ミサイル開発へ

メモ  防衛省は、航空自衛隊の戦闘機に搭載し、相手の射程外から敵艦艇を攻撃できる国産初の長距離巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)を開発する方針を固めた。中国海軍の攻撃能力の急速な進歩に対応するもので、射程を400キロ・メートル以上に伸ばして抑止力を強化する。数年以内の実用化を目指す。

複数の政府関係者が明らかにした。新型ミサイルは、敵の射程外から攻撃することを意味する「スタンド・オフ防衛能力」の一つと位置づける。スタンド・オフ防衛能力は、昨年12月に閣議決定された「防衛計画の大綱」(新防衛大綱)に明記された。

 防衛省は2017年度に国産空対艦ミサイル「ASM3」の開発を完了した。空自のF2戦闘機に搭載し、従来型の国産空対艦ミサイルの約3倍のマッハ3程度の超音速で飛行できる。敵に対処する時間を与えず、迎撃されにくいが、射程は百数十〜約200キロ・メートルにとどまるとされる。

 新型ミサイルは、ASM3の燃料を増やすなどの改良を加え、400キロ・メートル以上の射程を想定する。

 念頭にあるのは、中国海軍の艦艇に搭載された対空ミサイルの性能向上だ。2000年代には、射程150キロ・メートルとされるミサイルを搭載した「中国版イージス艦」と呼ばれる高性能艦が登場した。13〜18年だけで15隻以上就役したとされ、さらに増える見通しだ。

 10年度に本格開発が始まったASM3は、「敵基地攻撃能力につながるという見方への政治的配慮」(防衛省幹部)から、射程が従来型と同程度に抑えられた。しかし、中国軍のミサイルに効果的に対応するには、その倍程度の射程のミサイルが必要とされる。

 開発が終わっているASM3は、射程の短さから防衛省内でも実用性が疑問視され、18、19年度予算案では調達が見送られた。同省は新型ミサイルの開発費について、早ければ20年度予算に計上する方針だ。

以下省略、全文下部。


>10年度に本格開発が始まったASM3は、「敵基地攻撃能力につながるという見方への政治的配慮」(防衛省幹部)から、射程が従来型と同程度に抑えられた。しかし、中国軍のミサイルに効果的に対応するには、その倍程度の射程のミサイルが必要とされる。


ハアァ?

「敵基地攻撃能力につながるという見方への政治的配慮」


バカまるだし。 「仮想敵国に配慮して、威力のない武器にしまぁす。」


> 開発が終わっているASM3は、射程の短さから防衛省内でも実用性が疑問視され、18、19年度予算案では調達が見送られた。同省は新型ミサイルの開発費について、早ければ20年度予算に計上する方針だ。


国民の血税を無駄にした、利敵行為じゃねーのか。(怒)




>防衛省が国産初となる空対艦の長距離巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)の開発に乗り出すのは、政治的な配慮でミサイルの射程を抑制する考え方が限界に来たためだ。

>日本では長い間、「他国への脅威」との批判を避けるため、長射程ミサイルの保有を避けてきた。政府は2004年、中期防衛力整備計画(中期防)の策定で射程300キロ・メートル以下の地対地ミサイルの研究開発方針を示したが、与党の一部からの反対で断念した。



『 与党の一部 』って、誰ですかぁ? 連立組んでる平和の党ですかぁw


>しかし、17年には射程900キロ・メートルの米国製空対地ミサイルの導入が決まった。中国の軍拡が日本にとって脅威と映ったからだ。

それで、国費つまり国民の税金つぎ込んで開発した国産空対艦ミサイルはお蔵入りなんですかぁ?


>憲法9条に基づく自衛隊の防御的な任務に照らしても、長射程ミサイルの必要性は自明になった。完成時に時代遅れとなった空対艦ミサイル「ASM3」の改良は妥当な判断と言える。



イヤイヤイヤイヤイヤ、


そこは、完成時に時代遅れとなった空対艦ミサイル「ASM3」という、金無駄にした輩の責任追及してくれねーと・・・。



こんなこと続けているんだったら、


下野しろや!



案外、共産党政権になったら、軍事費増えるかもしれーんw





k_line_c.gif


映画 防衛省の公募制度を巡り日本天文学会が声明「人類の平和脅かさず」
 軍事応用が可能な基礎研究に助成する防衛省の公募制度を巡り、日本天文学会は16日、「人類の安全や平和を脅かすことにつながる研究や活動はしない」との声明をまとめたと発表した。

 日本学術会議は2017年の声明で、公募制度を「政府による介入が著しく、問題が多い」と指摘。学会や大学に軍事研究に関する指針の策定などを求めていた。

 宇宙から飛来する微弱な電波を検出する技術をレーダーに転用できるなど、天文学の研究は軍事研究につながりやすい。

 天文学会の調査では、会員の過半数が公募制度反対だが、声明を巡っては意見の対立もあったという。


映画 「相手の射程外から攻撃可能」戦闘機ミサイル開発へ
 防衛省は、航空自衛隊の戦闘機に搭載し、相手の射程外から敵艦艇を攻撃できる国産初の長距離巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)を開発する方針を固めた。中国海軍の攻撃能力の急速な進歩に対応するもので、射程を400キロ・メートル以上に伸ばして抑止力を強化する。数年以内の実用化を目指す。

複数の政府関係者が明らかにした。新型ミサイルは、敵の射程外から攻撃することを意味する「スタンド・オフ防衛能力」の一つと位置づける。スタンド・オフ防衛能力は、昨年12月に閣議決定された「防衛計画の大綱」(新防衛大綱)に明記された。

 防衛省は2017年度に国産空対艦ミサイル「ASM3」の開発を完了した。空自のF2戦闘機に搭載し、従来型の国産空対艦ミサイルの約3倍のマッハ3程度の超音速で飛行できる。敵に対処する時間を与えず、迎撃されにくいが、射程は百数十〜約200キロ・メートルにとどまるとされる。

 新型ミサイルは、ASM3の燃料を増やすなどの改良を加え、400キロ・メートル以上の射程を想定する。

 念頭にあるのは、中国海軍の艦艇に搭載された対空ミサイルの性能向上だ。2000年代には、射程150キロ・メートルとされるミサイルを搭載した「中国版イージス艦」と呼ばれる高性能艦が登場した。13〜18年だけで15隻以上就役したとされ、さらに増える見通しだ。

 10年度に本格開発が始まったASM3は、「敵基地攻撃能力につながるという見方への政治的配慮」(防衛省幹部)から、射程が従来型と同程度に抑えられた。しかし、中国軍のミサイルに効果的に対応するには、その倍程度の射程のミサイルが必要とされる。

 開発が終わっているASM3は、射程の短さから防衛省内でも実用性が疑問視され、18、19年度予算案では調達が見送られた。同省は新型ミサイルの開発費について、早ければ20年度予算に計上する方針だ。

中国念頭 抑止力強化

防衛省が国産初となる空対艦の長距離巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)の開発に乗り出すのは、政治的な配慮でミサイルの射程を抑制する考え方が限界に来たためだ。

 日本では長い間、「他国への脅威」との批判を避けるため、長射程ミサイルの保有を避けてきた。政府は2004年、中期防衛力整備計画(中期防)の策定で射程300キロ・メートル以下の地対地ミサイルの研究開発方針を示したが、与党の一部からの反対で断念した。

 しかし、17年には射程900キロ・メートルの米国製空対地ミサイルの導入が決まった。中国の軍拡が日本にとって脅威と映ったからだ。

 憲法9条に基づく自衛隊の防御的な任務に照らしても、長射程ミサイルの必要性は自明になった。完成時に時代遅れとなった空対艦ミサイル「ASM3」の改良は妥当な判断と言える。




posted by 金魚 at 11:28| Comment(9) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

実にロクでもないと思ったニュース

映画 「昭和天皇実録」に多数の誤り 宮内庁

メモ  宮内庁の山本信一郎長官は14日の定例記者会見で、昭和天皇の生涯をまとめた「昭和天皇実録」に約5000カ所の誤りがあると明らかにした。誤りがあるのは天皇陛下に提出した「奉呈本」で、一般向けに出版する作業の過程で判明し、公刊本は訂正を反映した。同庁は今後、正誤表を発表する。

 実録は同庁書陵部が1990年から2014年にかけて編さん。公文書や側近の日記などを基に日々の動静をまとめた。公刊本は計19冊あり、15年から順次出版され、今月に最終巻が発売される。これまでに出版された公刊本にも、さらに数十カ所の誤りが見つかった。

 誤りは人名や肩書の誤字などで、資料から引用する際にミスしたケースもあった。

 奉呈本と同じ内容が記載されたものが14年の完成時に報道機関などに提供され、報道に引用されているが、同庁は訂正内容を発表してこなかった。山本長官は「申し訳なく思っている。公刊作業で精いっぱいだった」と謝罪した。【山田奈緒】



ヒエッ!

>「昭和天皇実録」に約5000カ所の誤りがあると明らかにした。

オイオイオイオイオイ、


>誤りは人名や肩書の誤字などで、資料から引用する際にミスしたケースもあった。

それで、5000カ所もかよ・・・・・

「申し訳なく思っている。公刊作業で精いっぱいだった」


イヤイヤイヤイヤイヤ、

それで済んじゃうのか!



映画 「昭和天皇実録」に誤り5千カ所 宮内庁、両陛下に献上

メモ 昭和天皇の生涯を宮内庁が24年かけてまとめた「昭和天皇実録」で、天皇、皇后両陛下に献上した「奉呈本」や、報道機関や研究者らに提供した内容に約5千カ所の誤りがみつかった。関係者が明らかにした。一般向けに出版する作業の過程で、日付や地名、人名など多くの誤りに気づいたという。宮内庁は確認を終え次第、正誤表を公表する方針だ。

 実録は、宮内庁が天皇の日々の動静や発言の要旨などをまとめ、完成時の天皇に献上される言わば「公式記録」。昭和天皇実録の場合、87歳で逝去した翌年の1990年に編纂(へんさん)作業が始まり、2回の延長を経て2014年8月に「完成」し、現在の両陛下に奉呈本が届けられた。

 奉呈本と同じ内容が掲載されたものが皇太子さまやほかの皇族方にも届けられたほか、報道機関に電子データで提供され、さまざまな報道で引用されている。また、情報公開請求に基づいて研究者らにも提供されている。

 実録は完成後、公刊本として東京書籍から出版されることになり、宮内庁が改めて確認作業を進めたところ、昭和天皇の行動の日付や対面した人名の誤りなどが次々に見つかった。参考にした資料そのものに誤りがあったり、新たに入手した資料で疑義が生じたりしたという。昭和天皇の御製(ぎょせい、和歌)についても、引用のルールの不徹底から、発表当初の歌をそのまま紹介すべきところを、後に推敲(すいこう)された歌を掲載してしまった箇所があるという。関係者は「歴史的に重大な誤りや、史実に大きな影響を与えるような致命的なミスはない」としているが、訂正箇所は約5千カ所に上る見通しという。



へっ!


>関係者は「歴史的に重大な誤りや、史実に大きな影響を与えるような致命的なミスはない」としている

それなら、5000カ所も誤りがあってええのかよ・・・

>昭和天皇の行動の日付や対面した人名の誤りなどが次々に見つかった。参考にした資料そのものに誤りがあったり、新たに入手した資料で疑義が生じたりしたという。昭和天皇の御製(ぎょせい、和歌)についても、引用のルールの不徹底から、発表当初の歌をそのまま紹介すべきところを、後に推敲(すいこう)された歌を掲載してしまった箇所があるという。



>日付や対面した人名の誤りなどが次々に見つかった。


それって、史実に大きな影響を与える致命的なミスじゃねーのか。

    トンチキ野郎!



5000カ所もの正誤表かよ・・・・・。


作業に関わった奴らの名前と作業の経過の実録を作成せい!


     『宮内庁クズ役人実録』


・・・・・誰も読まねーか。(´・ω・`)





k_line_c.gif


映画 「昭和天皇実録」に多数の誤り 宮内庁
 宮内庁の山本信一郎長官は14日の定例記者会見で、昭和天皇の生涯をまとめた「昭和天皇実録」に約5000カ所の誤りがあると明らかにした。誤りがあるのは天皇陛下に提出した「奉呈本」で、一般向けに出版する作業の過程で判明し、公刊本は訂正を反映した。同庁は今後、正誤表を発表する。

 実録は同庁書陵部が1990年から2014年にかけて編さん。公文書や側近の日記などを基に日々の動静をまとめた。公刊本は計19冊あり、15年から順次出版され、今月に最終巻が発売される。これまでに出版された公刊本にも、さらに数十カ所の誤りが見つかった。

 誤りは人名や肩書の誤字などで、資料から引用する際にミスしたケースもあった。

 奉呈本と同じ内容が記載されたものが14年の完成時に報道機関などに提供され、報道に引用されているが、同庁は訂正内容を発表してこなかった。山本長官は「申し訳なく思っている。公刊作業で精いっぱいだった」と謝罪した。【山田奈緒】


映画 「昭和天皇実録」に誤り5千カ所 宮内庁、両陛下に献上
昭和天皇の生涯を宮内庁が24年かけてまとめた「昭和天皇実録」で、天皇、皇后両陛下に献上した「奉呈本」や、報道機関や研究者らに提供した内容に約5千カ所の誤りがみつかった。関係者が明らかにした。一般向けに出版する作業の過程で、日付や地名、人名など多くの誤りに気づいたという。宮内庁は確認を終え次第、正誤表を公表する方針だ。


 実録は、宮内庁が天皇の日々の動静や発言の要旨などをまとめ、完成時の天皇に献上される言わば「公式記録」。昭和天皇実録の場合、87歳で逝去した翌年の1990年に編纂(へんさん)作業が始まり、2回の延長を経て2014年8月に「完成」し、現在の両陛下に奉呈本が届けられた。

 奉呈本と同じ内容が掲載されたものが皇太子さまやほかの皇族方にも届けられたほか、報道機関に電子データで提供され、さまざまな報道で引用されている。また、情報公開請求に基づいて研究者らにも提供されている。

 実録は完成後、公刊本として東京書籍から出版されることになり、宮内庁が改めて確認作業を進めたところ、昭和天皇の行動の日付や対面した人名の誤りなどが次々に見つかった。参考にした資料そのものに誤りがあったり、新たに入手した資料で疑義が生じたりしたという。昭和天皇の御製(ぎょせい、和歌)についても、引用のルールの不徹底から、発表当初の歌をそのまま紹介すべきところを、後に推敲(すいこう)された歌を掲載してしまった箇所があるという。関係者は「歴史的に重大な誤りや、史実に大きな影響を与えるような致命的なミスはない」としているが、訂正箇所は約5千カ所に上る見通しという。

 公刊本は15年3月から順次発売され、今月28日に最終巻となる19冊目が出版される。訂正箇所は各巻の出版の際に大半が反映されたというが、数十カ所は誤ったまま出版されたという。

 宮内庁幹部は「奉呈本に間違い…

残り:421文字/全文:1186文字



posted by 金魚 at 00:13| Comment(2) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

ボーッと○○てんじゃ・・・

映画 朝鮮学校の高校授業料無償化 学校側の請求を棄却 福岡地裁小倉支部

メモ 朝鮮学校を高校授業料無償化の対象に指定しなかったのは違法として、九州朝鮮中高級学校(北九州市八幡西区)の卒業生68人が国に約750万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、福岡地裁小倉支部であった。鈴木博裁判長(植田智彦裁判長代読)は「(不指定処分とした)文部科学相の判断に違法があると認められない」として学校側の請求を棄却した。

 全国の5地裁・支部で提訴された一連の訴訟は今回で1審判決が出そろった。そのうち2017年7月の大阪地裁判決のみ学校側の主張を認めたが、18年9月の大阪高裁判決で覆り、同10月の東京高裁も国勝訴の1審を支持し学校側の敗訴が続いている。




ハアァ?

>全国の5地裁・支部で提訴された一連の訴訟は今回で1審判決が出そろった。そのうち2017年7月の大阪地裁判決のみ学校側の主張を認めたが、18年9月の大阪高裁判決で覆り、同10月の東京高裁も国勝訴の1審を支持し学校側の敗訴が続いている。

何寝とぼけたこと言うとんねん。

大阪朝鮮学園の訴訟は最高裁までいって敗訴確定したやろ。

『学校側の敗訴が続いている』んじゃなくて、もうこの件は最高裁で確定したんじゃないすかぁ。

恣意的報道してるんじゃねーぞ。 (`^´)




k_line_c.gif


映画 朝鮮学校の高校授業料無償化 学校側の請求を棄却 福岡地裁小倉支部
朝鮮学校を高校授業料無償化の対象に指定しなかったのは違法として、九州朝鮮中高級学校(北九州市八幡西区)の卒業生68人が国に約750万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、福岡地裁小倉支部であった。鈴木博裁判長(植田智彦裁判長代読)は「(不指定処分とした)文部科学相の判断に違法があると認められない」として学校側の請求を棄却した。

 全国の5地裁・支部で提訴された一連の訴訟は今回で1審判決が出そろった。そのうち2017年7月の大阪地裁判決のみ学校側の主張を認めたが、18年9月の大阪高裁判決で覆り、同10月の東京高裁も国勝訴の1審を支持し学校側の敗訴が続いている。
posted by 金魚 at 23:08| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif